メール配信システム「Cuenote FC」に分析ツールを追加

RFM分析やメールの行動分析からターゲットに応じたメールマーケティングが容易に

阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社(代表取締役社長:清水 亘、本社:東京都渋谷区)は、メール配信システム「Cuenote FC」に、RFM分析など、さまざまなデータを分析する機能を追加した最新版を2018年6月13日から提供開始します。
 ユミルリンクが提供するメール配信システム「Cuenote FC」は、数千万規模の一斉メール配信が高速・確実に実行でき、また、シンプルで簡単に操作できることが特長で、現在は、約1,300社以上にご利用いただいており、月間メール配信数42億通を誇ります。
 今回新たに追加する分析ツールでは、「購買データ」「顧客データ」「メールの行動データ」など、さまざまなデータをGraphical User Interface(以下GUI)上で集計・分析し、顧客のターゲットに応じたメールマーケティングを容易に実行することが可能となります。
 また、分析ツールは100万件規模のデータを数秒以内に集計する性能(※)で、リアルタイムなデータ分析が可能となり、次のような場面で活用できます。
 ※ 当社ベンチマーク値

【活用例】
  • RFM分析で、見込み顧客に対して、優良顧客へ引き上げるメール施策の実行
  • 商品カテゴリごとに購入金額や購入回数を集計、分析
  • 最近、購入がない休眠顧客をアクティブにするメール施策の実行
  • 過去のキャンペーンでメールを開封していない顧客に対する販売促進
  • 特定の商品を購入した顧客に対するアップセル、クロスセル施策

 新たに追加する分析ツールの詳細は、次のとおりです。

<システムイメージ>

システムイメージシステムイメージ


【機能強化に至った背景】
 企業のマーケティング活動において、施策の効果を高めるため、顧客のターゲットや行動に応じて、マーケティング施策を実行することが求められています。
 一方で、顧客分析を行うためには、さまざまなマーケティングツールを使い分ける必要があり、運用負担が増大するという課題も発生します。
 こうした背景から、顧客の分析、ターゲットの抽出からメール配信までを一貫して実行する機能を提供し、運用負担の軽減、マーケティング施策の効果を向上させるため、今回の機能強化に至りました。

【機能強化の内容】
1.RFM分析
 最新購買日(Recency)、購買頻度(Frequency)、購買金額(Monetary)、三つの要素を使い優良顧客や見込み顧客、休眠顧客などに分類し、顧客分類に応じたメールマーケティング施策を行えます。
 RFM分析に必要な購買データは、自動または手動で、「Cuenote FC」に蓄積させることができます。 

RFM分析RFM分析
2.メールの行動分析
 複数のキャンペーンを横断して、メールの行動データ(開封、クリック、コンバージョン)、顧客データ(性別、居住地などの属性情報)や購買データを組み合わせ、分析からターゲットの抽出までをGUI上で簡単に行えます。
 特定のターゲットに対して、シナリオ形式のメールを送り、メールマーケティング施策の効果を高めたり、アップセル施策を実行したりするなど、さまざまなメールマーケティング施策を可能とします。

 ユミルリンクでは、企業と消費者のコミュニケーションを実現するメール配信システムのプラットフォームとしてさまざまなデータを活用し、マーケティング効果を高める機能やサービスの拡充に努めてまいります。

【提供形態/販売価格】
・クラウドサービス(ASP・SaaS)
 初期費用:30,000円~(税別) 月額費用:5,000円~(税別)
・オンプレミス型(ライセンス)
 初期費用:2,250,000円~(税別) 月額費用: 46,000円~(税別)

■『Cuenote FC』について https://www.cuenote.jp/fc/
 Cuenote FCは、並行処理指向言語「Erlang」で開発したMTAと15年以上のノウハウにより、450万通以上/時の一斉メール配信速度を実現し、月間のメール配信数42億通の実績を誇るメール配信システムです。
スマートフォンやフィーチャーフォンにも高速で確実に届く配信性能を特長とし、国内大手ECサイトなど、1,300社以上で利用されています。

<会社概要>
社 名 :ユミルリンク株式会社
代表取締役社長:清水 亘
資本金 :1億1,828万円
本 社 :東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー12F
設 立 :1999年7月
事業内容:クラウドサービス(ASP・SaaS)事業、ソフトウエアプロダクト事業、
          システムインテグレーション事業、ネットワークマネジメント事業
主要株主:アイテック阪急阪神株式会社
詳細については、 https://www.ymir.co.jp をご覧ください。

 *「Cuenote」は、ユミルリンクの商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユミルリンク株式会社 >
  3. メール配信システム「Cuenote FC」に分析ツールを追加