読売新聞、Relicの提供するSaaS型クラウドファンディング構築プラットフォーム「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」を導入

株式会社Relic(東京都渋谷区、代表取締役CEO:北嶋貴朗、以下、当社)が提供する、初期費用/月額固定費無料のネットワーク型クラウドファンディング構築プラットフォーム「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」(以下、本サービス)が、このたび読売新聞社の運営する購入型クラウドファンディング・サイト「idea market」(アイデア マーケット https://idea-yomiuri.en-jine.com/ )に採用されましたので、お知らせいたします。
本サービスを活用することで、クラウドファンディング事業に参入する際に懸念となる初期投資や保守・運用などのコストや事業リスクを抑えつつ、スピーディなサイトの開設・運営を実現しました。
 



■クラウドファンディングサイト「idea market」について
 世界最大の部数を有し、140年以上の歴史がある全国紙を発行する読売新聞が開設するクラウドファンディング サイト「idea market」のコンセプトは、「日本のビジネスの、明日をつくる。」です。読売新聞を中心に、文化、スポーツ、レジャーなど様々な分野の有力会社を抱える「総合メディア集団」の力を活かし、日本経済の活性化の実現を目指します。具体的には、①イノベーション創出(企業の新規事業やベンチャー企業を支援)、②地域活性化(地方自治体や地方の優良企業を支援)、③文化・スポーツ・エンターテインメント(企業・団体の様々な活動を支援)の3本を軸に、企画を募集し、事業を展開していきます。

大手・優良メディアを中心に、国内20社以上の企業のクラウドファンディング事業の支援を行うRelicと総合メディア・読売新聞グループの力を活かし、更なる日本経済の活性化の実現を目指します。

■サービス概要
サービス名称:idea market(アイデア マーケット)       
提供内容:購入型クラウドファンディング
提供主体:読売新聞社                
開始時期:2019年10月1日(火)
事業パートナー:株式会社Relic       
サイトURL:https://idea-yomiuri.en-jine.com/

■CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNEの特長
①初期費用・月額固定費が無料でスピーディーに立ち上げ、コスト/リスクを抑えた事業展開が可能
②導入サイト/メディア間で相互集客やプロジェクト/商品の同時掲載が可能(コストをかけずに集客力とプロジェクト/商品数を確保し、収益を拡大)
③経験豊富なスタッフがページ制作やPR、運用までコンサルティング/支援することで保守・運用のコストや工数を大幅に削減しつつ、プロモーションを強化
④大手新聞社や上場企業/Pマーク取得企業等の基準をクリアした業界最高水準の堅牢なセキュリティを誇るシステムと体制を提供
⑤業界では国内唯一のLINEの公式パートナーであるENjiNEが運営する公式アカウントをフォローする30万人以上のユーザーに対してプロジェクトの告知やアプローチが可能

■株式会社Relicについて
 株式会社Relicは、日本企業の新規事業開発やイノベーション創出を支援する「事業共創カンパニー」です。本リリースでご紹介した「ENjiNE」のほか、国内初のSaaS型イノベーションマネジメント・プラットフォーム「Throttle」、顧客のロイヤリティを向上し、事業のグロースをマネジメントする次世代型マーケティングオートメーション/CRM「Booster」等の「インキュベーションプラットフォーム」の提供に加え、新規事業開発における事業プロデュースやコンサルティング、オープンイノベーション支援、新規事業創出プログラムや社内ベンチャー制度の企画・設計・運営など総合的なソリューションを提供しており、大企業~中小・ベンチャー企業まで既に業界トップクラスである500社以上の支援実績があります。本サイトの開設・運営においては、業界初のネットワーク型クラウドファンディング構築サービス「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」を提供し、事業パートナーとして協力しています。

■読売新聞について
 読売新聞は、世界最大の発行部数を有し、140年以上の歴史がある全国紙です。1874年(明治7年)11月に創刊され、題号は江戸時代の「読みながら売る」かわら版に由来します。グループ会社・団体には、読売巨人軍、中央公論新社、報知新聞社、読売旅行、マロニエゲート、読売不動産、読売日本交響楽団、読売理工学院、読売光と愛の事業団などがあり、多彩なビジネスや社会貢献事業を展開しています。日本テレビ放送網やBS日本などを傘下に持つ日本テレビホールディングスも読売新聞グループ本社を筆頭株主とし、読売グループの一員です。

■本リリースについてのお問い合わせ先
株式会社Relic  担当:丹羽
TEL: 03-6455-0735 / FAX:03-6869-9452
E-MAIL:info@relic.co.jp

■idea marketついてのお問い合わせ先
読売新聞東京本社 idea market事務局
TEL:03-3216-7791(平日 9:30~17:30)
E-MAIL:idea_market@yomiuri.com
  1. プレスリリース >
  2. Relic >
  3. 読売新聞、Relicの提供するSaaS型クラウドファンディング構築プラットフォーム「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」を導入