クラウドへの戦略的注力と移行を促進する各種更新を発表

アトラシアンクラウドプラットフォーム最新情報

チームコラボレーションと生産性向上を支援するソフトウェアのリーディングプロバイダーである Atlassian Corporation Plc(本社:豪州シドニー、共同創業者兼共同最高経営責任者:マイク・キャノンブルックス、スコット・ファークァー、以下:アトラシアン)は本日、アトラシアンクラウドの新プランと主要なアップデートについて、最新情報を公開しました。
http://go.atlassian.com/jpn-cloud-premium

アトラシアン製品は、世界における150,000社以上のお客様にとって必要不可欠な存在となっています。Fortune 500 企業の8割以上に活用されており、その全てが1つ以上の当社のクラウド製品を利用しています。

より多くの企業がクラウドへの進出を検討するにつれ、自社管理のオンプレミス環境を利用されているお客様からも切り替えのご要望をいただくようになってきています。

アトラシアンは本日、お客様の将来を見据えたクラウドへの戦略的注力と、クラウド環境への移行や導入促進を支援する新たなプランや機能の更新、ツールやプログラムの提供について発表しました。

今回の発表に含まれる主要なアップデートは以下の通りです:
  • 高度な機能とサポートを提供する新プレミアムプラン
  • Jira Software、Confluence、Jira Service Desk、Jira Core 向け無償プラン
  • アカデミックおよび非営利団体向け特別価格
  • コントロール、セキュリティ、信頼性を強化する新機能

新たなサブスクリプションプランと特別価格の提供
Premiumプラン:Cloud Premiumは、より高度な機能と99.9% のアップタイム SLA、無制限のストレージ、プレミアサポートを提供します。
Free プラン:Jira Software、Confluence、Jira Service DeskおよびJira Coreの無償プランの提供を、数ヶ月以内に開始します。チームコラボレーションに必要とされる基本機能を、小規模なチームを含むあらゆるチームに提供することが可能になります。
アカデミックおよびコミュニティ:教育機関および非営利団体に対して、クラウド製品の割引提供を開始いたしました。教育機関は50%、非営利団体は75%割引でクラウドサブスクリプションを利用することが可能です。

 

エンタープライズレベルのコントロールと可視性
データの格納場所に対する制御:クラウドサービスの利用を開始される際のデータ格納要件を満たすため、グローバルなフットプリントのどこにコンテンツを保存するか選択できるようになります。提供開始は近日を予定しています。
保管中および転送中のデータ暗号化:不正アクセスを防止し、監査された権限管理にもとづいて適切なロールおよびサービスのみが暗号化キーのデータにアクセスできるようになりました。
カスタムドメイン: お客様のブランドの統一やエンドユーザーの利便性のため、Jira および Confluence クラウドサイトのURLを完全にカスタマイズする機能を提供します。 早期アクセスプログラムは、Jira をご利用のお客様から、2020年の早い段階で開始されます。
Atlassian Trust Center:当社製品とサービスに関する最新のセキュリティ、信頼性、プライバシーおよびコンプライアンスロードマップをお客様に提供するAtlassian Trust Centerを公開しました。

Atlassian Access: セキュリティと一元管理のための新機能を提供
Google Cloud IdentityおよびMicrosoft Active Directory フェデレーションサービス(ADFS)との統合:Atlassian Cloud 製品をSSOのためにMicrosoft ADFSと、またSSOおよびユーザーのプロビジョニングのためにGoogle Cloud Identityと統合できるようになりました。
CASBプロバイダーを使った高度なクラウドセキュリティ:データ消失の防止や不正なアクティビティの検出などに特化したCASB(Cloud Access Security Broker)プロバイダーと、Accessの機能を間も無く統合します。年内には、McAfeeやBitglassといったパートナー企業と早期アクセスプログラムを展開する予定です。
監査ログで可視性を向上: 製品横断の監査ログによって、調査プロセスの簡素化や説明責任の確保、企業やサードパーティーのポリシーに準拠することができます。
製品利用状況に関する識見を得る: 間も無く、組織内でのアトラシアンクラウド製品利用状況をより良く把握できるようになり、研修や請求管理などに役立てることが可能になります。早期アクセスプログラムは、年内の開始を予定しています。

お客様のクラウドジャーニーを支援する、その他プログラムとツール
Cloud Migration Assistant: JiraとConfluenceについて、オンプレミスからクラウド環境への移行をスムーズに行うための支援ツールです。
クラウド試用ライセンスの延長: サーバー製品ならびにData Center製品をご利用のお客様は、残存する保守またはサブスクリプション期間内において、スタンダートおよびプレミアム両方のクラウドプランを無償で試用してデータのインポートなどをテストし、クラウドに移行することが可能になります。
Cloud Roadmapで透明性を向上: クラウドプラットフォームのロードマップを一般に公開しました。

本日発表した内容に関する詳細は、こちらをご参照ください。
http://go.atlassian.com/jpn-cloud-premium

【アトラシアンについて】
アトラシアンはあらゆるチームの可能性を解き放つことを企業のミッションとし、チームによる作業の整理、議論、完遂を支援するコラボレーションソフトウェアを提供しています。2002年に豪州シドニーで創業以来着実に業績を伸ばし続け、General Motors、Walmart Labs、 Bank of America Merrill Lynch、 Lyft、Verizon、 Spotify および NASAなどを含む、144,000社以上の大小様々な組織が、より効率的で効果的な協働のためにアトラシアン製品を活用しています。
日本法人であるアトラシアン株式会社は2013年の設立以来、日本語によるお問い合わせ対応や技術サポートの提供、マーケティング等の業務を行っています。
Jira Software、Confluence、Trello、Bitbucket および Jira Service Deskなどのアトラシアン製品に関する詳細は、https://www.atlassian.com/ja をご参照ください。

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
アトラシアン株式会社
URL: https://www.atlassian.com/ja/company/contact/japan
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アトラシアン株式会社 >
  3. クラウドへの戦略的注力と移行を促進する各種更新を発表