株式会社palan制作のWebARを活用したスタンプラリーが新江ノ島水族館に導入されました

国内でもいち早くWebARのシステム開発を開始した株式会社palanの「WebARによるスタンプラリー」が新江ノ島水族館に導入されました

WebARのシステム開発を行う株式会社palan (本社:東京都渋谷区、代表取締役:齋藤 瑛史)が制作したWebARによるスタンプラリーが、新江ノ島水族館(所在地:神奈川県藤沢市)の館内イベントに採択・導入され多くの来場者にご利用いただいています。


■えのすいデジタルクラゲスタンプラリー概要
開催期間:2020年9月1日~9月30日
開催場所:新江ノ島水族館
参加費:無料(水族館入場料のみ)
 

■WebARスタンプラリー導入の経緯と体験の流れ
コロナ禍においてスタンプラリーイベントを実施する際には、「不特定多数の方がスタンプに触れること」や「スタンプ周辺にお客様が密集してしまうこと」等の課題がありました。そこで当社は
1)館内の複数のチェックポイントにQRコード付きのポスターを配置し
2)QRコードを読み取ることでスタンプが取得でき
3)全てのスタンプを集めることで、デジタルギフト(WebARオリジナルフォトフレーム)をプレゼントできるデジタルのスタンプラリーを制作。お子様づれのお客様も多く来場される新江ノ島水族館に導入いただきました。
今回のスタンプラリーは9月1日から開始され既に多くのお客様にお楽しみいただいています。


■株式会社palanの提供するWebARによるスタンプラリーの特徴
・デザインやスタンプラリーの体験イメージはご予算・納期に合わせ制作可能
・Webブラウザ上で完結させることができ、アプリのインストール不要
・アプリと比較して早く、安価に制作可能
・特定の場所に人が集中することを抑制しながら、スタンプラリーを行う楽しみを維持
・スタンプラリーのデザインはクライアント企業様と相談の上、制作いたします

 

 

■WebARについて
WebブラウザのみでARを実現する技術をWebARと呼び、現在企業のキャンペーンや販促などに広く用いられています。
近年、WebARを利用したサービスを地方自治体、観光業界、エンターテインメント業界など、多くの企業より採用いただきサービス開発のパートナーとして制作・開発を行っています。
お問い合わせ増加の背景には、新型コロナウイルスの感染拡大を機に「非接触型」の新しい接客の形を模索し、顧客へより充実した体験を提供したいという想いをお持ちの企業の増加があります。

WebARの詳細はこちら
https://palan.co.jp/webar/

ニーズやご予算・納期に合わせた制作のご相談が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
https://palan.co.jp/contact/


■株式会社palanについて
株式会社palanでは国内の事例が少ない2017年頃からWebAR技術を用いた開発を続けております。
WebARのシステム開発開始以降、地方自治体、エンターテインメント業界等、幅広い業界よりサービス制作・開発を依頼いただいております。デジタルフォトフレームや、3Dの魚たちが現実世界を泳ぐWebAR水族館、社員の自己紹介やPR動画が流せるWebAR名刺などの話題サービスをどこよりも早く手がけて参りました。
今後も、お客様の声をもとにしながらWebAR技術の研究開発を進めて参ります。

アプリ不要で楽しめるWebARカメラサービス「TOBIRA」
https://tobira.me

簡単にWebARが作成できるサービス「palanAR」
https://palanar.com


■会社概要
会社名:株式会社palan
URL:https://palan.co.jp/
所在地:東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F
代表取締役:齋藤 瑛史
設立:2016年11月1日
主な事業内容:ウェブサイト・ウェブシステムの企画・開発・実施・保守及びコンサルティング

【お問い合わせ】
株式会社palan
広報担当者:  弘中
メール: contact@palan.co.jp
電話番号: 03-6555-4841
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社palan >
  3. 株式会社palan制作のWebARを活用したスタンプラリーが新江ノ島水族館に導入されました