音痴がわかる!?世界初の耳のオンライン計測サービス"PitchOn Measure"がリリース!

実は聞けていない音はどこ? 耳年齢は? わかりやすい計測結果を提供。脳と音の専門家が作った最新測定サービスが、先着100名で半額

「音が外れてる」と言われても気づけない。そんな音楽の悩みを、可視化技術で解決します。レッスンをする先生も、生徒さんも。neumoの新サービス"PitchOn Measure"で、得意な音・苦手な音を理解しましょう。
音の高さを聞き分ける能力(音感)を計測・「見える化」するサービス"PitchOn Measure"が、株式会社neumo(本社:東京都渋谷区、代表取締役:若林龍成)からリリースされました(利用はPC・スマートフォンどちらからでも可能)。定価1980円のところ、リリース記念キャンペーンで、先着100名まで半額以下の980円で診断が可能です。

 

 


申込みURL:
https://pitchon-measure-lp1.mystrikingly.com/str-measure-lp1

【PitchOn Measureの特長】
音の高さを聞き分ける能力(音感)は、同じ人でも音の高さによって得意・不得意があります。例えばギタリストはギターの音の高さに特化した耳を持っている一方で、ベーシストやチェロの弾き手ほど低い音の聞き分けが得意ではない……ということがあります。音の聞き分け能力は演奏にも鑑賞にも非常に重要になってきます。
本サービス"PitchOn Measure"の特長は、これまでの多くの計測サービスと異なり、音の高さごとの音感を測定できることにあります。また単なる測定だけに留まらず、独自のアルゴリズムで音感の分布を分析。注意すべき点を洗い出したり、思いもよらなかった得意音域を提案するなど、あなたのためだけの「耳の成績」を計算します。
さらに"PitchOn Measure"では、あなたの「耳年齢」を計算。20代〜80代まで、合計100人近くのデータに基づき、耳の若さを独自解析します。


【こんな方にお勧め】
・多人数で練習していて「音が外れてるよ」とよく言われてしまう方
・レッスンで生徒さんの音が外れているのに、指摘してもなかなか通じない…という先生たち
・最近聞こえにくい音があると感じている方
・すでに自分の耳に自信があり、分析を活用してさらなる高みを目指したい方

【例えばこんな使い方】
・自分の音感を「見える化」して得意不得意を把握。苦手音域に特化して猛レッスン!
・生徒さんの音感を「見える化」。わかりやすくなった得意不得意の図を使って、個人レッスンの質をアップ!
・聞こえにくい音を把握して、日頃から注意を向ける
・毎月1回ずつ受けることで、練習の成果を「見える化」
 

 

 



【株式会社neumoについて】
neumoは脳神経科学をコアとして、研究機関との共同研究やサービス開発支援、企業への情報提供やビジネス開発支援、自社プロダクト開発に取り組んでいます。自社プロダクトとして、音×脳神経科学で人類の可能性を最大化する製品・サービス開発を行っています。

URL : http://www.neumo.jp/

所在地 : 東京都渋谷区恵比寿南1-11-19

代表者名: 代表取締役 若林龍成
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社neumo >
  3. 音痴がわかる!?世界初の耳のオンライン計測サービス"PitchOn Measure"がリリース!