3月18日は春の睡眠の日 休校中の子どもたちをサポートする「コアラの元気デリバリー」

〜健康に大切な「睡眠・運動・栄養」3要素で、病気に負けない身体をつくる学びと遊びの授業をお届け〜

寝具業界の革命を目指すKoala Sleep Japan株式会社は、新型コロナウイルスの影響により臨時休校となり、自宅待機で運動不足になっている子どもたちに、病気から身体を守る免疫力アップに必要な「睡眠・運動・栄養」の大切さを伝える課外授業を無償提供します。世界睡眠デー(3月15日)に発表した移動式快眠ルーム「koala sleep car」で、公式マスコットのココちゃんとコアラマットレスとともにお届けする取り組みです。
(koala sleep car 公式サイト:https://jp.koala.com/nap-car

こんなときだからこそ、健康の大切さを見つめなおそう。

いま世間は、これ以上病気が広がらないようにと、人と会わず家にこもって、つい偏った食生活になったり、運動不足になったり、それで夜の寝つきが悪くなったり…みんなの健康のためなのに、なんだか不健康な生活になっている。

でも、ピンチはチャンス。
対症療法ではなく、根本を見直す良い機会にしよう。

自粛するより免疫力を高める努力を。
そのためには「睡眠・運動・栄養」の3つがとても大切。

人間の体はその人が半年前に食べたものからできていると言われる。
直接体をつくる栄養は必要不可欠。

なにより楽しみを持って活動的に生きることが元気の秘訣。
デジタルな世界だけでなく実際に身体を動かしてワクワクしよう。

1日の3分の1、つまり人生100年時代33年もの間、人は眠っている。
そんな毎日一番付き合っている睡眠を見直そう。

巷にはいろんな情報が溢れていて、どれが正しくて何が正解か分からない。
でもその中で自分にできることを続けていくしかない。

だからコアラマットレスにできること、コアラマットレスだからこそできることを考えてみた。

そこでまず頭に浮かんだのは、臨時休校により行き場を失った子どもたちのこと。その家族を救うために居場所を開放しているところがある。その活動を少しでも支援できないかと。

健康のための3大要素「睡眠・運動・栄養」すべてを、移動式快眠ルーム「koala sleep car」でお届けする「コアラの元気デリバリー」はじめてみます。


【実施内容】
①[睡眠]移動紙芝居
眠りの王様コアラのココちゃんが睡眠の大切さを伝える物語を読み聞かせ(オンラインでも配信を検討中)

②[運動]コアラマットレスでトランポリン
飛び跳ねてもワイングラスが倒れないマットレスの上で思う存分飛び跳ねて運動不足解消とストレス発散(フィットネストレーナーによるプログラムも検討中)
※参考動画「ワイングラステスト」:https://youtu.be/XeePfjaxcCA

③[栄養]給食支援
給食の代わりに1食分の栄養が手軽に取れる「完全栄養の主食 BASE FOOD」を提供

【実施概要】
期間:2020年3月18日〜3月31日の平日(予定)
時間:12:00〜15:00(1時間程度)※訪問先とご相談のうえ調整
場所:都内近郊で休校中の子どもたちを受け入れている施設(学校、学童保育、BOPなど)

【協力企業】
◆ベースフード株式会社

「主食をイノベーションし、健康をあたりまえに」をミッションに、完全栄養の主食(ベースフード)の開発・販売を行うフードテック企業。「かんたん・おいしい・からだにいい」のすべてをかなえる、あたらしい主食を開発し、食事をたのしみながら、誰もが健康でいられる社会の実現を目指しています。
公式サイト:https://basefood.co.jp/

【koala sleep car(コアラスリープカー)について】
世界睡眠デー(2020年3月15日)に発表した、コアラマットレスとコアラピローを搭載した移動式快眠ルームサービス。2019年9月に実証実験を行った「ぐぅ〜すCAR お昼寝デリバリー」の反響を受けて、提携企業も新たに生まれ変わったkoala sleep carは、働く人の生産性向上サポート「お昼寝デリバリー」に留まらず、特別な寝室時間をすごせる「スリープデート」など、より多くの人に眠りを楽しんでもらえる空間を無料でお届けしていきます。
koala sleep car 公式サイト:https://jp.koala.com/nap-car
プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000033793.html


【コアラマットレスについて】
2015年の創業以来、オーストラリアでもっとも急成長を遂げている寝具ブランドである。「みんなに合う理想の寝心地」を求めてベストな1種類のマットレスを開発。高品質マットレスを一般の方々にも手の届きやすい価格帯で提供している。SNS上でのプロモーションを軸に固定店舗を持たないDtoC(オンライン直販)のビジネスモデルを用い、20年以上革新の無かったマットレス業界に変革をもたらしている。2017年に日本上陸を果たしてからは、日本人の寝姿勢に合わせて開発されたコアラマットレスとコアラピローが高評価を集め、2020年1月期の売上高は前年同月比で2.5倍と好調。またネットでの顧客満足度が4.6/5を超え高い評価を得ている。
公式サイト:https://jp.koala.com

 【会社概要】
社名 Koala Sleep Japan 株式会社 代表者 Daniel Milham(ダニエル・ミルハム)
本店所在地 〒107-0061 東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー Level 11
営業所住所 〒106-0032 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウス 16階 WeWork内
創立 2015年11月10日(オーストラリア)、2017年10月25日(日本)
従業員数 75名(2018年8月現在)事業展開 オーストラリア、日本(2018年8月現在)
事業内容 Koala Sleep Japanは親会社であるKoala Sleep Pty Ltd Australiaの支持のもと、家具・インテリア用品(ホームファニシング商品)の輸入・流通および販売事業を行う。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コアラマットレス >
  3. 3月18日は春の睡眠の日 休校中の子どもたちをサポートする「コアラの元気デリバリー」