訪日外国人や国内ゲストのニーズに応えた新空間を創出 開業40周年事業 客室・レストラン改装の実施

10月13日(日)より営業再開予定 改装期間 6月20日(木)~10月12日(土)まで

左:渋谷の街のデッサンを取り入れた客室イメージパース・右:プロジェクターを導入した客室イメージパース左:渋谷の街のデッサンを取り入れた客室イメージパース・右:プロジェクターを導入した客室イメージパース

渋谷東急REIホテル(東京都渋谷区、総支配人:川村美樹)では、2019年10月13日(日)のリニューアルオープンを目指し6月20日(木)より客室、レストラン部分の全面改装に着手いたします。開業40周年の節目の時を迎えた今年、東京を拠点に開催される国際的イベントを見据え、今後益々増加が見込まれるインバウンド需要や国内旅行客のニーズを取り入れた内容で実施いたします。

「渋谷東急REIホテル」は1979年1月に「渋谷東急イン」として開業、2015年に東急ホテルズのブランド再編により「渋谷東急REIホテル」と名称変更を経て今年開業40周年を迎えました。公園通りなどの街路が整備され、ファッションビルが立ち並びトレンド発信地として注目された頃。時代の過渡期に産声をあげた「渋谷東急REIホテル」はその後世紀を超えて、街の変遷を見守りながら渋谷に集う人々の拠点として機能してまいりました。


この度の改装では、渋谷における大規模再開発、国際的なスポーツイベントの開催を背景に、MICE(※1)誘致の活性化、インバウンド(※2)需要や国内の観光ビジネスの増加が見込まれることから、その拠点としての受け入れ体制を整えるべく空間価値の向上を図ります。 

今回は客室(224室)とレストラン(1店舗)を改装いたします。客室はインバウンドや国内レジャーゲストビジネスの活動拠点として、アクティブに動く方が過ごしやすいような設計を施します。シングルルーム88室をダブルルームに変更。「プロジェクター付き照明」の導入や折りたたみ可能な家具の配置をすることで、室内全体の空間を活用し、大きなスーツケースでも広げやすく収納しやすい設えにいたします。その他全室において、渋谷の街並みを取り入れたアクセントクロスや表装の改装を実施し、より快適な空間へとリフレッシュをいたします。

レストランは多くの商業施設が立ち並ぶ渋谷において消費者の選択肢が広がる中、よりマーケットにあわせたレストランを目指して生まれ変わります。開放的で入りやすいエントランスをはじめ、シーンに合わせて利用できる多彩なゾーンの設定といたします。プライベートな食事会から仕事関連のお集まりまで様々なニーズに応えるフレキシブルな空間設計をしてまいります。改装を機にメニューも一新し、特にドリンクメニューの充実を図るなど、若い世代からご年配の方まで楽しめるお食事とお飲物のラインナップを取り揃えてまいります。 

昔も未来も渋谷の街に寄り添いながら、観光、仕事、ショッピングで訪れたゲストが何度でも立ち寄りたくなるような「日常のくつろぎと小さな感動」を目指して快適な空間を形成してまいります。 
 

 

レストラン完成イメージパースレストラン完成イメージパース

改装概要
■主な改装内容:客室(224室)・レストラン(1店舗)
■改装工期:2019年6月20日(木)~10月12日(土)予定
■営業再開日:2019年10月13日(日)予定
■総工費:約4億1000万円
■設計・施工:<設計・施工>東急リニューアル株式会社

※1  MICE:会議(Meeting)、報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字。
※2 インバウンド(Inbound) 訪日外国人旅行または訪日旅行。これに対し、自国から外国へ出かける旅行をアウトバウンド(Outbound)または海外旅行という。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急REIホテル >
  3. 訪日外国人や国内ゲストのニーズに応えた新空間を創出 開業40周年事業 客室・レストラン改装の実施