新型のiPhone12シリーズに対応したカラフルなコレクションを発表

衝撃を吸収するqitech™素材で設計された、超スリムなケースがコレクションに登場。最大約3mからの落下でもプロテクション機能を発揮する今までにないケースとなっています。


ロサンゼルス/香港(2020年10月14日):カスタムできるスマートフォンケースやアップルウォッチバンドが海外セレブや国内外の著名人・インフルエンサーの中で話題となり、SNS投稿から人気に火が付いた、L.A発グローバルライフスタイルブランド「CASETiFY(ケースティファイ・www.CASETiFY.com/ja_JP)」。この度CASETiFYは、2020年10月14日(日本時間)にApple Inc.より世界同時発表された新型iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxに対応する最新コレクションを発売いたします。 今回のコレクションは最も幅広いデバイスに対応し、iPhone 12シリーズのケースには、15色以上の新しいカラーバリエーションが追加。また、サステナブルな再利用素材を使用し、パーソナライズできるだけでなく、2層構造のプロテクション機能も備えています。 コレクションは本日よりCASETiFY公式サイトwww.casetify.comでご注文いただけます。

2011年の創業以来、テックアクセサリー業界をリードするCASETiFYは、世界中で愛されているスマートフォンケースのプロテクションを改善し続けてきました。 ブランドの従来のデザインの中でも、CASETiFYはベストセラーのインパクトケースを改良し、これまでにない新しい素材で高品質なケースをお届けいたします。 「社会に影響を与えていく」というCASETiFYのミッションに忠実に、「インパクトケース 2020コレクション」では、サステナブルに開発されたiPhone 12対応のケースを展開いたします。ケース原料の50%以上にリサイクルPC素材を使用し、地球環境に配慮したインクや100%リサイクル素材のパッケージを採用。 CASETiFYは、二酸化炭素排出量を削減するための取り組みを継続しており、雨水回収、リサイクルシステム、およびその他の持続可能な手法を行っていることで、生産施設が*ISO 14001認証を受けています。
 *環境マネジメントシステム(EMS)認証

プロテクション機能は私たちの製品で最も重視する部分であり、今年、CASETiFYは初めて抗菌ケースも発表いたします。ブランドが独自に開発した抗菌性の素材「DEFENSiFY」でコーティングされているため、インパクトケース 2020コレクションと、新しくなったウルトラインパクトケースは、スマートフォンの表面から細菌の99%をカット。細菌の付着や繁殖を防ぐことでデバイスをさらに”保護”します。

「毎年ファンの皆様は、CASETiFYに世界で最も革新的でプロテクション機能のあるケースを期待していることでしょう。高品質でカスタムができるだけでなく、iPhone12シリーズに対応した最もカラフルでインパクトのあるケースをご紹介できることを大変喜ばしく思います」とCASETiFYのCEO兼共同創設者のWes Ngはコメントしています。

CASETiFYの製品はすべて、スタイリッシュでもスリムで、究極のカバー力を最新のデザインでお届けいたします。 Appleのエンジニアリングを保護するために、各ケースには、カメラの周囲には、フラッシュを抑える効果のあり、CASETiFYのシグネチャーでもあるカメラリングと、iPhoneのガラススクリーンを囲む隅から隅までカバーするための上げられたベゼルが含まれています。 真のCASETiFY形式では、すべてのケースにさまざまな色とパーソナライズされた要素が用意されており、「パーソナリティによる保護」の第一の選択肢となっています。
最新のコレクションに関する情報と仕様は次のとおりです。

インパクトケース 2020:
CASETiFY独自のqìtech™素材で設計されたインパクトケースは、最大約2mの落下から360度保護し、iPhoneをしっかり守ります。すべてのインパクトケースの薄さは12mm未満で、衝撃吸収ケースでありながら、豊富なデザインがありカスタマイズが可能。最新シリーズはサステナブルな素材で作られています。

ウルトラインパクトケース:
qìtech™素材を使用し、四隅に追加されたバンパーで保護力を強化。最大約3mの落下からスマートフォンを保護するために、ミリタリーレベルの構造を備えました。しっかりとした保護力と優れた耐衝撃性を生み出すために、細部に至るまで調整されており、サステナブルな素材を使用。ケースはカラフルでクリアなバリエーションからお選びいただけます。

レザーケース:
重量の90%がリサイクル素材で作られた、生分解性のヴィーガンレザーケース。贅沢な質感の素材で作られ、フラッシュを吸収する効果のあるCASETiFYカメラリングは高級感漂うブラックとなって登場。
iPhone12に対応した今回のコレクションや、その他のコレクションは何千種類ものプリントから選び、パーソナライズして購入することができます。カスタムミラーケース、ネオンサンドケース、グリッターケース、マーブルケース、グリップケース、CASETiFY CONSCiOUSコレクションから新しく発売された100%コンポスタブルケースなど、CASETiFYの現行商品は全て数週間以内に、iPhone12シリーズに互換性を持つようにアップグレードされます。

さらにCASETiFYは、今月新しいサステナブルなプロジェクトである「RECASETiFY」も開始いたします。このプロジェクトでは、お客様に使用済みのiPhoneケースとAirPodsケースをCASETiFYのリサイクルセンターに送るようにお願いしています。ブランドの「Mission to Zero」計画に沿って、返品されたすべての製品は、専門施設でリサイクル、再利用、または適切に廃棄されます。リサイクル品と引き換えに、CASETiFY.comでの次回の購入が15%オフになります。新しいプログラムは、現在のところ米国と香港で利用でき、今後、各国で導入される予定です。 RECASETiFYの詳細については、https://www.casetify.com/ja_JP/recasetifyでご確認ください。

新しいiPhone12ケースや、CASETiFYとその製品の詳細については、オフィシャルサイトwww.casetify.comでご確認ください。その他にも、CASETiFYソーシャルメディア ( Instagram : @CASETiFY_JP、 Twitter : @CASETiFY_JP、Facebook : @CASETiFYJP ) でもご覧いただけます。

CASETiFY iPhone12シリーズ対応ケース

コレクションページはこちら: https://www.casetify.com/ja_JP/iphone-cases/iphone-12-cases
                    

【CASETiFYについて】
CASETiFYは香港とL.AをベースにするEコマースを行うグローバル企業として、2011年に設立。EコマースとInstagramの特性を活かし、個人で気軽にカスタムかオーダーできるスマートフォンケースを市場でいち早く導入したことで、世界中から注目を集めるテックアクセサリーブランドとなる。急成長を続ける中で、日本国内のテックアクセサリー市場においてはNO.1のフォロワー数を誇り、カスタムケースの先駆者存在と言われる。また、同ブランドの象徴であるカスタマイゼーションは海外セレブのカイリー・ジェンナーやジジ・ハディッドをはじめ、森星さんや河北麻友子さんなど多くの著名人やインフルエンサーを魅了。これまで、フランスのファッションブランドVetements (​ヴェトモン)や日本のファッションブランドsacai (サカイ)、 国際航空輸送会社のDHL、「コカ・コーラ」、「NASA」とのコラボレーション等も実施。また、2019年に行われたPokémonとのコラボレーションが大好評を博し、2020年も新コレクションを発表。新作アイテムのローンチは勿論、今後も影響力の高いインフルエンサーとの協業も予定。SNS映えやオリジナリティを気にする若年層を中心に日々愛用者が増え続けている注目のブランド。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Casetagram Limited >
  3. 新型のiPhone12シリーズに対応したカラフルなコレクションを発表