45歳定年制は、条件がそろっていれば賛成?!早期退職を検討するきっかけとは?

半数近くの方が、退職後の生活を明確に見据えた形で退職を『考えたことがある』と回答

株式会社LENDEX(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:深澤 克己)は、全国の40代会社員を対象に、「45歳定年制」に関する調査を実施しました。
近頃、「45歳定年制」という話題が世間を騒がしています。

大手企業社長による発言が元になって火が付いたこの話題ですが、反響の多くは「年齢設定が低過ぎる」といったものです。
「ひたすら人件費の圧縮ばかりを考える、あくまでも経営者側の発想である」と、批判する方も少なくありません。

会社員にとって45歳以降の時代は、ある意味で「回収」のフェーズとも言えます。
「回収」という響きはあまりよくありませんが、20~30代で強いられた「苦労」という先行投資の見返りを金銭的にも得ることができる段階、と言えば割と納得できるはずです。
この「回収」だけがなくなるため、「45歳定年制」に怒る方は多いのでしょう。

しかしその一方で、「45歳定年制」を「アリかも」と考える方も案外いらっしゃいます。
それも、経営者として「従業員を45歳時点で解雇するべき」と考えるのではなく、「自分が45歳で会社員生活を卒業する」といった考え方をするわけですね。

45歳で会社員生活を辞めたい理由は、色々でしょう。
別の人生を歩みたい場合も当然あるでしょうし、そもそも「回収」ができそうなほど会社の調子がよろしくない場合も十分あり得ます。

ただ、どんな場合であっても「45歳定年」の実行に必要なのは、お金です。
ある程度まとまったお金がないと、そもそも自由な生き方自体が実現できません。
現在の40代のサラリーマンの方々は、40代での早期退職について、またその際に必要となるお金について、どのような考えをお持ちなのでしょうか。
「45歳定年制」にドキッとした全ての方が、この辺りに興味をお持ちだと思います。

そこで今回、株式会社LENDEXhttps://lendex.jp/)は、全国の40代会社員を対象に、「45歳定年制」に関する調査を実施しました。
 
  • 40代会社員の不満トップは給与/報酬額だった!4割以上は本気で退職検討中!


はじめに、現在の会社員生活に関して伺っていきたいと思います。

「現在の会社員生活において不満に感じることは何ですか?」と質問したところ、給与/報酬額(50.6%)と回答した方が最も多く、次いで全般的にモチベーションを感じられないこと(12.3%)』『社内の人間関係(12.2%)と続きました。

会社での評価を実感できるもののひとつに給与があるかと思います。
成果や実績に見合った給与ではなかったり、元からの給与額が低かったりと、ちゃんと評価されないとモチベーションも上がりません。
また、会社という組織の中で仕事をするうえで、気持ちよく働くために、人間関係は良好な方がストレスにもならず、仕事もスムーズに進むように窺えます。

このことから、給与やモチベーション、人間関係において不満を持っていると、退職を検討するきっかけとなるのかもしれません。

退職をすると収入がなくなるのも一つの問題点になってくるかと思いますが、退職後の生活プランを考えることはあるのでしょうか。

「退職後の生活を明確に見据えた形で退職を考えることはありますか?」と質問したところ、4割以上の方が考えることがある(47.7%)と回答しました。

退職後の資金だったり、ライフスタイルだったりを明確に考えることで、早期退職がより現実的に感じられるようになるように思えます。
 
  • 話題の「45歳定年制」、当の40代会社員はこういう風に考えてます!
先程の調査で、退職を検討する理由としては、給与面、モチベーション、人間関係が要因となっていることが多く、退職後の生活を明確に見据えている方もいることが分かりました。

近頃、「45歳定年制」という言葉を聞くようになってきましたが、どのように感じていらっしゃるのでしょうか。

■“45歳定年制”に対する印象や意見
・45歳である程度の方向性や結果が見えてくるであろうという意味だと思う。年功序列の時代ではない(女性/兵庫県)
・45歳定年だと将来の生活設計ができる前に退職しなければならないので働く側にしたらなかなかきつい(男性/和歌山県)
・やりたいことが明確にある人は良いが、無い人は困ると思う。定年前の数年前から退職後のセカンドライフに向けて、セミナーや体験教室があったりすると良いと思う(女性/愛知県)
・キャリアプランは人それぞれだから、45歳定年制は必要ないと思う(男性/神奈川県)

定年と聞くと、会社から労働者として身を引くようなイメージを持ってしまうため、生活出来なくなってしまうのではないかといったマイナスの印象を持たれている方がいらっしゃる一方で、45歳を人生の節目ととらえて、これからの人生を設計していくきっかけと捉えている方もいるようです。

では、実際に早期退職制度を取り入れている職場はあるのでしょうか。
 


そこで、「現在の勤務先は、早期退職制度を導入していますか?」と質問したところ、2割近くの方が『導入している(15.2%)』と回答しました。

人件費削減による企業の業績回復のイメージが強い早期退職制度ですが、人員の入れ替えによって若い世代が入ってくることもあるでしょう。
そのため、企業の活性化をはかるといった期待から、早期退職制度を取り入れている企業もあるのかもしれません。

では、早期退職制度の対象年齢はどの年代が多いのでしょう。

「早期退職制度の対象年齢は以下のうちどれですか?」と質問したところ、50歳以上60歳未満(76.0%)と回答した方が最も多く、次いで40歳以上50歳未満(22.7%)』『30歳以上40歳未満(1.3%)と続きました。

早期退職制度は、優遇措置と引き換えに従業員に退職してもらう制度で、制度による目的は会社によって違ってくるため、対象年齢も目的に合わせて様々のようです。
 
  • 判明!40代会社員の1割弱が、既に早期退職を持ちかけられていた!


ここまでの調査で、45歳定年制への考えや、早期退職制度の導入と対象年齢について分かりました。

早期退職は定年退職とは違い、希望を募るものですが、早期退職を持ちかけられたことはあるのでしょうか。

「会社から早期退職を持ちかけられたことはありますか?」と質問したところ、持ちかけられたことがある(3.1%)』『持ちかけられたことはない(96.9%)と回答しました。

早期退職制度は、希望者による退職ですが、早期退職を持ちかけられている方も中にはいるようです。

早期退職制度による退職は、会社都合となるため、一般的な退職よりも優遇されます。
そのため、退職を考えている方は早期退職を利用する、という手段もあるかと思いますが、早期退職を考えるきっかけとはどのようなことがあるのでしょうか。

「早期退職を考えるきっかけになりそうなことは、次のうちのどれですか?」と質問したところ、今後の生活資金が確保できること(35.5%)と回答した方が最も多く、次いで退職金について納得の行く額が提示されること(22.1%)』『仕事的にも役職的にも期待が持てず、モチベーションが湧かないこと(21.1%)と続きました。

職場環境の現状打破のためや、納得のいくの退職金といった先の見通しを立てられる資金が約束されていることで、早期退職を考えるきっかけとなっているようです。
 
  • 老後の不安を救うのはお金だけ?貯蓄額と資産形成もぶっちゃけ調査!


先程の調査で、早期退職を考えるきっかけについて、「今後の生活資金の確保ができること」と回答した方が多かったのですが、現在の貯金額はいくらくらいなのでしょうか。

そこで、「現在の貯蓄額はいくらくらいですか?」と質問したところ、『100万円以上500万円未満(28.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『100万円未満(24.7%)』『500万円以上1,000万円未満(19.3%)』『1,000万円以上2,000万円未満(13.5%)』と続きました。

早期退職とは、一般的に退職後は職に就かない生活を指します。
再就職なしに生活していくには100万円未満や500万円未満の貯蓄では資産運用も厳しいように窺えます。

退職前に資産形成までしっかり構築した上で、退職を検討した方が良いように思われますが、投資などの資産形成は行っているのでしょうか。
 


「投資などの資産形成に取り組んでいますか?」と質問したところ、4割以上の方が『取り組んでいる(47.0%)』と回答しました。

最近、FIREという言葉を聞くようになりました。FIREとはFinancial Independence, Retire Early(経済的に自立し、早く引退しよう)の頭文字を取った言葉ですが、このように、早期退職に向けての新しい動きもあることから、資産形成に取り組んでいる方もいらっしゃるのかもしれません。

資産形成は老後のために行われている方もいらっしゃると思いますが、老後に不安はあるのでしょうか。

そこで、「老後は不安ですか?」と質問したところ、7割近くの方が『非常に不安(43.7%)』『不安(26.2%)』と回答しました。

老後に必要な貯蓄という話題をテレビや新聞で見聞きしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、少子高齢化の今、日本の経済状況を見ていると、年金での生活は苦しく、ある程度の貯蓄がなければの確保がなければ老後が不安だと考えていらっしゃる方もいるように窺えます。
 
  • 【まとめ】これからの時代、本当に"45歳定年時代"が来ることも想定しておくべき!
今回の調査で、40代会社員の方々は、現在の会社員生活において最も不満に思っていることは給与/報酬額だということが分かりました。

4割以上の方は退職後の生活を明確に見据えた形で退職を考えているようです。

45歳定年制に対しては、マイナスなイメージを持っている方がいらっしゃる一方で、節目として捉え、人生設計を見直すきっかけと捉えている方もいらっしゃいました。

早期退職制度は希望者を募って退職を促す制度ですが、退職後の生活資金が確保できたり、職場環境の問題を解決するために早期退職を検討する方が多いようです。

もし今後早期退職を検討するという方は、今のうちから投資などの資産形成を行う必要があるのかもしれません。

投資といっても様々な方法がありますが、例えば少額から始められる投資を行って資産形成の方法を学んでも良いですよね。
 
  • 少額投資を始めるなら株式会社LENDEXのソーシャルレンディングがオススメ!


これから投資を始めようと考えている方にオススメなのが、株式会社LENDEXhttps://lendex.jp/)が提供する、ソーシャルレンディングです。

ソーシャルレンディングとは、ソーシャルレンディング事業者がインターネット上で、投資家に資金の募集を行い、集めた出資金を企業に貸し付けるサービスです。

通常の投資とは異なり、小口投資家の資金を集め大口資金に代えるため、より多くの収益が見込めます。

LENDEXの投資案件は年間期待利回り6~13%(税引前)。
ソーシャルレンディング業界の平均的な水準である5~6%を上回る利回りで、投資家の方に大きな利益をご提供します。

LENDEXでは2万円という少額からの投資が可能です。
また、口座開設や出金手数料が無料なため投資家様のご負担を軽減致します。
毎月口座に分配金を入金することで、高利回りの確保も可能です。
ネクスウェイ本人確認サービス」により最短1日で投資家口座開設可能となります。

大半の案件に不動産担保を設定。
また、第三者機関の査定付き、短期間運用案件(最長84ヶ月以内の運用期間)ですので安心して投資を行えます。

案件の運用期間が長くなると、返済リスクや倒産リスクが大きくなるというリスクの軽減にも取り組んでいます。

"45歳定年時代"に備えて、少額から始められるソーシャルレンディングを始めてみるのはいかがでしょうか?

■株式会社LENDEX :https://lendex.jp/
■TEL:03-6452-6922
■お問い合わせ:info@lendex.jp

各種SNSアカウントはコチラ
■Twitter:https://twitter.com/LENDEX10
■Facebook:https://www.facebook.com/lendex.jp/
■Instagram:https://www.instagram.com/lendex_2019/?hl=ja


調査概要: 「45歳定年制」に関する調査
【調査日】2021年11月11日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,014人
【調査対象】全国の40代会社員
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LENDEX >
  3. 45歳定年制は、条件がそろっていれば賛成?!早期退職を検討するきっかけとは?