オリンピック前夜に全国47都道府県+世界6カ国で合計約2万本の "竹あかり" 灯し世界の平和願う「みんなの想火2021」を開催いたしました!

1万5千人を超える仲間と、それぞれのふるさとを想いながら灯すあかりが結ぶ地域を超えた絆

東京オリンピック開催前夜となる2021年7月22日、全国47都道府県+世界6カ国(フランス、ブラジル、エジプト、カンボジア、中国、台湾)の計90箇所で、合計2万本を超える"竹あかり"を同時に灯し世界の平和を願う「みんなの想火2021」を開催。各地の来場者数とオンラインイベントの参加者数の合計は約2万人となり、各地で灯された"竹あかり"を通じて地域の垣根を超えたつながりが生まれた。全国500人が参加した竹あかりアートも完成。宮城県東松島市に展示されている。


 

  • 「みんなの想火2021」開催実績
 


2020年に初開催、今年2年目となる全国で同時に"竹あかり"を点灯し地域を超えた絆をつくる「みんなの想火」プロジェクトを今年も2021年7月22日に開催、オンラインを含め全国で1万5千人もの人とつながるという、まさに<世界最大の竹あかりの祭典>となりました。

参加地域:全国47都道府県+世界6カ国(フランス、ブラジル、エジプト、カンボジア、中国、台湾)
竹あかり点灯箇所:合計 90 箇所
竹あかり展示数:合計約 20,000 本
制作・運営関係者数:約 2,000 人
参加者数:合計約 20,000 人(各地+オンライン含む)

また、 マイネム株式会社さまにご提供いただきました、笑顔づくりと感染症予防の社会装置「emmyWash(エミーウォッシュ)」も全国10県(宮城県 福島県 千葉県 滋賀県 奈良県 山口県 徳島県 香川県 佐賀県 宮崎県)に設置させていただき、会場へお越しのみなさまの笑顔と安全のサポートをいただきました。

https://www.emmywash.com/pages/3469980/page_201912270025

 

  • 「みんなの想火リレー」実施概要

 

みんなの想火リレー2021みんなの想火リレー2021

みんなの想火リレーとは、 全国48箇所のサムライ達とその仲間、約500名が、竹板ピース1枚1枚に想いを込めて制作した竹の板500ピースで構成される、 巨大な合作シンボルオブジェ制作プロジェクトです。作品の大きさは縦2.5メートル、横3.1メートルに及ぶ超大作。「みんなの想火2021」のビジョンであるメッセージが浮かび上がりました。宮城県東松島市のKIBOTCHAに展示されています。(展示終了日は未定)

●「みんなの想火2021」ビジョン

「想いを込めた 聖なるあかりが 日本を巡り 世界を照らす」
Embracing the hopes of peace,
divine lights travel throughout Japan,
illuminating the entire world.

「みんなの想火リレー」の制作風景はこちらをご覧ください。

 



 

  • 徳島サムライ・桧垣健さん密着ドキュメンタリーも発表



「自分たちのまちは、自分たちで灯す」- それぞれのサムライたちのストーリー -


それぞれのサムライたちの持つストーリーとして、徳島サムライ・桧垣健さん(たけの花)のドキュメンタリーが完成。制作はビデオグラファーの寺内丈さん。「みんなの想火」プロジェクトに関わる全国のサムライたちの想いが、これからもっと地元のみならず全国のみなさまに届いていくことを願っています。


 

  • 「みんなの想火」プロジェクト 実行委員長 池田親生(いけだちかお)からのメッセージ


" これからを灯す光として "

全国47都道府県で一斉に"竹あかり"を灯す「みんなの想火」プロジェクト。2年目を迎えた今年は、国内だけでなく、海外の仲間たちを巻き込むことで、さらなる絆の広がりと、 世界の平和へ向けて "竹あかりの可能性" を示すことが出来た日になりました。

「みんなの想火」は全国各地で実際に灯される "竹あかり" のイベントと、それらをオンライン配信することで繋ぐ、オフラインとオンラインのハイブリッド型イベントです。 昨年は開催前にCOVID-19(以下 コロナ)が発生し、各地での開催中止や延期、度重なる想定外の出来事に全員が苦しみました。そんな中でも、その状況を乗り越えて僕たちはオンラインでも繋がることが出来るという気づきを得ることが出来ました。まちとまち、ひととひとをオンラインでも、想いを繋ぐことによって、各地の熱量を交換し、さらに増幅し可視化することができる。

昨年と今年の2回を通して、しっかりとその力を確信しました。 今年は昨年から引き続き各地のリーダーを引き継いでくれた47サムライが約半数、残り半数が今年初挑戦のサムライでした。 先輩サムライが率先して他のサムライたちをリードしたり、サポートしたりなど年を重ねるごとに確実にチームワークが上がっています。 そんな彼らの想いを受けながら実施したオンライントークイベントでは、「自分たちのまちは、自分たちで灯す」という意志あるサムライが全国各地にいるという希望、そしてそんな希望である彼らが地域を超えて横のつながりを持つことの意味。誰も取り残さない未来へ向けて、"竹あかり" が人種も立場も超えて人と人を繋ぐハブとなれる力があることなど、さまざまな気づきやきっかけに、気づくヒントを得ることが出来ました。

そんなこの「みんなの想火」プロジェクトの集大成でもある「みんなの想火リレー」でできた作品は、500名もの人の手を渡り、東北大震災の被災地のひとつである、宮城県東松島で、ひとつの作品に昇華しました。 この作品は、多くの方々にとっての希望のシンボル(象徴)となれたのではないでしょうか。

この作品は、僕らは竹あかりを灯してない時でも、オンラインで繋がっていない時でも、この空の下みんなひとりひとりが繋がっているという事実を示す1つです。 この作品を見て、1人でも多くの方が、ほんの一瞬でもそれを実感していただけたらと思っています。

"竹あかり" を見て美しいと思う心に人種も国境も立場もありません。僕らは、そんないろんな垣根を超えたひとりひとりの繋がりこそが世界を平和に導いてくれると信じているし、これからも灯し続けたいと思っています。今年も「みんなの想火」を通じて出会ってくれたみんなに感謝です。 本当に、ありがとうございました。

竹あかりを通して僕たちは、これからも集い、光を創っていきたいとおもっています。
どうぞ引き続き、よろしくお願い申し上げます。 

「みんなの想火」実行委員長 池田親生


 
  • 「みんなの想火」プロジェクトとは
 

「みんなの想火(そうか)」プロジェクトとは、「自分たちのまちは、自分たちで灯す」を合言葉に集まった全国47都道府県のリーダーたち(47サムライ)と共に、全国一斉に「竹あかり」を灯し、日本の「和の精神」で世界へ希望と平和のメッセージを伝えようというプロジェクトです。2020年に開始、2年目の今年は7月22日に開催されました。

"地域を想い灯すあかりで、地域を超えた繋がりを作る" 

「想火(そうか)」とは「想いを込めた聖なる火(あかり)」。古来より、日本人と共生している竹を使い、それぞれのまちの愛する場所で、土地のストーリーを盛り込んだその土地ならではの竹あかりを灯していきます。日本全国47のふるさとを大切に想う気持ちや、その土地の人と人との繋がりや絆を深め、地域を超えたサスティナブルなまちづくりコミュニティをプロジェクトを通じて醸成し、日本の未来を明るく照らしていきたいという願いが込められています。


[参考]【みんなの想火】プロジェクト誕生秘話:東日本大震災と熊本震災を超えて:PRTIMES STORY
https://prtimes.jp/story/detail/7bZo3aFnOBK
 


<みんなの想火プロジェクト>
公式ウェブサイト:https://47akari.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/47akari/
公式Instagram:https://www.instagram.com/47akari_jp/
公式Twitter:https://twitter.com/47akari_jp/
公式note:https://note.com/47akari
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. みんなの想火プロジェクト >
  3. オリンピック前夜に全国47都道府県+世界6カ国で合計約2万本の "竹あかり" 灯し世界の平和願う「みんなの想火2021」を開催いたしました!