Linuxに対応したソフトウェア開発キット(SDK)とWebAPI、2つの新製品を同時リリース

~ISO規格に準拠したPDFの作成がLinux環境でも可能に~

株式会社スカイコム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川橋 郁夫)は、スカイコムが長年にわたって開発提供してきたPDF技術をシステムやアプリケーションに組み込むことができるソフトウェア開発キット(SDK:Software Development Kit)や、ウェブ環境でも柔軟に利用できるようにするためのAPI群を提供するWebAPIのLinuxに対応した2つの新製品「SkyPDF ToolsSDK Ⅳ for Linux」と「SkyPDF WebAPI for Linux」を、2022年11月14日(月)より販売開始いたします。

 

製品ページ: https://www.skycom.jp/product/skypdf/tools_sdk_4_for_linux/

 

製品ページ: https://www.skycom.jp/product/skypdf/webapi_for_linux/

 
  • ​特長
1.Linux対応
お客さまからご要望の多かったLinux対応製品の提供を開始しました。
本製品を導入いただくことにより、Linux環境で構築したシステムやアプリケーションに、スカイコムのPDF技術を取り入れることが可能となります。

2.ISO規格に準拠した高品質PDF機能実装
本製品を導入いただくことにより、国際標準規格ISO32000-2に準拠したPDFの作成がLinux環境において可能となります。また、開発の効率化や期間短縮を実現します。
 
  • 販売開始
2022年11月14日(月)より
 
  • 関連製品

製品ページ: https://www.skycom.jp/product/skypdf/tools_sdk3/

Windows用PDF開発ツールキット(SDK)
スカイコムが長年にわたって開発提供してきたPDF技術(PDFファイルの表示・編集・印刷等の機能)を取り入れて、独自のシステムやアプリケーションに組み込むことができるソフトウェア開発キット(SDK:Software Development Kit)です。

 

製品ページ: https://www.skycom.jp/product/skypdf/webapi/

REST I/F を利用して、PDFの編集や変換技術を利用できるWindows用WebAPI
スカイコムが長年にわたり培ってきたPDF技術を柔軟に利用できるWebAPIです。 REST I/Fを利用してこれらの機能を提供します。本製品を利用することでWebシステムや、WebアプリケーションからのPDFドキュメントコントロールが容易に実現でき、短期間・低コストでのシステム構築、アプリケーション開発が可能となります。

・本文中に記載されている会社名、ブランド名および商品名は、すべて各所有者の商標または登録商標です。
 
  • 株式会社スカイコムについて
■社  名  :株式会社スカイコム
■設  立  :1997年 6月
■資 本 金 :1億円
■代 表 者 :代表取締役社長 川橋 郁夫
■所 在 地 :東京都千代田区神田松永町19 秋葉原ビルディング10階
■ホームページ:https://www.skycom.jp/

 

選ばれるPDFメーカー、 スカイコム。
『安全・安心な電子文書化社会の実現に貢献』をスローガンに掲げ、電子文書の世界標準フォーマットである「PDF」をコアに据えたPDFソフトウェアプロダクト(ペーパーレス、業務改革推進のための製品・ソリューション)を提供しています。 PDF技術を自社内で開発する専門性と技術力で強みを発揮し、日本国内のみならず海外においても高い評価を得ています。
国際的なPDF関連ベンダーの業界団体であるPDFアソシエーションメンバーとして、これまで数多くの一般企業、金融機関、官公庁・自治体が利用するシステムやアプリケーションに当社のPDFテクノロジーを提供し、豊富な実績を築いています。

 

©2022 SKYCOM Corporation., All Rights reserved.

本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スカイコム >
  3. Linuxに対応したソフトウェア開発キット(SDK)とWebAPI、2つの新製品を同時リリース