テラモーターズ、100箇所の自治体施設にEV充電インフラを無料提供

EV充電の課題解決に向けて地域と密着した取り組みを開始

EVをもっと身近にすることを目指してEV充電インフラ「Terra Charge」(https://terramotors.co.jp/terra-charge/)を提供するTerra Motors株式会社(本社:東京都千代田区、取締役会長:徳重徹 / 代表取締役社長:上田晃裕、以下、テラモーターズ)は、自治体へのEV充電インフラ導入を開始するにあたり、100箇所の自治体施設への無料提供を行ないます。
自治体へ提供開始する背景
テラモーターズは、日本のEV化を進めるために、特に分譲マンションでの合意形成課題を解決する、導入無料のEV充電インフラ「Terra Charge」事業を2022年4月にスタートしました。この度、分譲マンションについては続々と導入が決定しているため、分譲マンション以外への導入提案を進めていくこととなりました。
自治体では、これまでにもEV充電設備が導入されてきましたが、故障や老朽化により継続利用が困難となり、EV充電設備が廃止・撤去となってしまうことが増えています。また、今後のEV化を推進する日本の流れで新規設置の希望も増えている中、導入費用や管理工数の負担が大きいために、新規設置の判断を進めづらいという背景もあります。
これから地域にとって重要なインフラとなるEV充電設備の入れ替え・増設・新規設置を進めることで、自治体が抱えるインフラ不足への課題解決と、地域住民への価値提供の実現を目指してまいります。

無料提供の内容
先着100箇所の自治体施設に対して、EV充電インフラを設置いたします。予約・充電料金決済・管理をアプリ上で行なうことができ、自治体側は管理がしやすく、EVユーザーの利用も容易であることが特徴です。

今後の展開
先着100箇所の自治体施設への無料導入を進めながら、自治体以外への無料導入についても展開予定です。日本のEV充電インフラを担うべく、導入・運用がしやすいインフラとして、画期的なソリューションとなり、日本でのEV化のイノベータとなることを目指します。

Terra Chargeとは
電気自動車の充電インフラ「Terra Charge」は、グローバルなEV産業の知見を有するテラモーターズが、日本でEVがもっと身近になる環境整備へ向け、2022年4月よりスタートしました。EVの充電設備に加え、充電時間の設定や料金決済を行う専用アプリ、管理クラウドの開発から、充電設備の設置工事、ハードおよびソフトの管理運営まで一気通貫の革新的サービスとなることを目指しています。
Terra Charge サービスページ:https://terramotors.co.jp/terra-charge/

Terra Motors株式会社 会社概要
設立:2010年4月資本金:19億円(資本準備金含む)
所在地:〒100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目3番1号 幸ビルディング
URL:https://terramotors.co.jp/
事業概要:テラモーターズは、「新産業を創造し、社会をより便利にする」ことをミッションに掲げ、持続可能な e-Mobility 産業におけるリーディングカンパニーを目指す、日本発のグローバルベンチャーです。電気自動車(EV)向け充電インフラ構築、及びEV2輪・3輪の開発から販売までの全行程を行います。日印を本拠点に、日本、南アジア、東南アジアにおけるモビリティ・プラットフォームを実現し、テラの強みである共創文化によって、EVがより身近な世界の実現に向けて貢献してまいります。
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Terra Motors株式会社 >
  3. テラモーターズ、100箇所の自治体施設にEV充電インフラを無料提供