地方部公共交通をタクシー活用により革新するシステム『TAKUZO』の展開を開始した株式会社バイタルリードは、第三者割当増資による資金調達を実施しました。

株式会社バイタルリード(本社:島根県出雲市/代表取締役:森山昌幸)はこの度、Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合(運営者:株式会社サムライインキュベート)、とっとり地方創生ファンド投資事業有限責任組合2号(運営者:とっとりキャピタル株式会社)を引受先とする第三者割当増資により、総額5千万円の資金調達を実施しました。
地方部公共交通をタクシー活用により革新するシステム『TAKUZO』
   地方部の公共交通は、利用者減少が続き赤字不採算のバス路線が増加、行政の赤字補助は年々増大、それにも関わらず利用者は移動が不便な状況と全ての関わる主体がアンハッピーな状況です。これを解決するために、タクシーを活用した新しい乗合交通のしくみとして展開を始めたのが『TAKUZO』です。
   利用者は会員登録をして1カ月定額料金(4~5千円)を支払い、乗合タクシー乗り放題となるしくみです。ただし、運行エリアでは最低限の車両台数しか投入しないので、他者の予約が先に入っていれば、同方向の目的地であれば「あいのり」、別方向であれば「時間をずらす」ことになります。
   このような運行を高度に配車するためのAIオンデマンド配車システムを導入して運行を支援します。
 


  『TAKUZO』は地方部公共交通を革新するシステムであると同時に、タクシー事業者の経営改善に資するものであり、タクシーの売上向上を図り利益を増加させることを目的としています。
   また、配車アルゴリズムは島根大学、エリア内での限界会員数や売上予測は鳥取大学、交通行動分析からのサービス検討は広島大学と中国地方の大学と連携して事業を展開しています。

『TAKUZO』の開発をさらに加速し、社内体制を強化   
   今回調達した資金は、『TAKUZO』の機能強化に向けた開発、および開発エンジニア等の人的資源獲得による社内の事業推進体制の強化に充てることで、円滑でスピード感を持った事業展開を行います。
   私たちは地方部の公共交通を持続可能とし、利用者の幸せな生活を守り続けるために、『TAKUZO』と交通計画コンサルタント技術を全国の皆様にご提供します。


 会社紹介  
      公共交通計画、観光振興、地域活性化の計画策定等のコンサルタント部門、交通に関連したシステム開発・       販売などの情報システム部門、島根県への着地型旅行を中心とした旅行業部門から事業を展開中
      ・社   名:株式会社バイタルリード
      ・代表者:代表取締役社長 森山 昌幸
      ・本社所在地:島根県出雲市荻杼町274-2    電話 0853-22-9690
      ・設   立:1998年4月
      ・資本金:7, 000万円 *資本準備金を含む
      ・会社HP:https://www.vitallead.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バイタルリード >
  3. 地方部公共交通をタクシー活用により革新するシステム『TAKUZO』の展開を開始した株式会社バイタルリードは、第三者割当増資による資金調達を実施しました。