『パッケージデザインの学校 2023』1月から開催

日本を代表する講師陣による全26講座、テーマは「ブランド」。2022年12月2日には日本パッケージデザイン大賞2023大賞受賞の資生堂「BAUM」の記念無料講座も開催。

公益社団法人日本パッケージデザイン協会 (東京都文京区、理事長:小川亮、以下JPDA)は、2023年1月からオンラインで「パッケージデザインの学校2023」を開講します。本プログラムは、「デザイナーの力を120%引き出し、強いブランドを作る発注者」になることを目的とし、「ブランドとパッケージデザイン」をテーマに10講座を開講。JPDAの持つパッケージデザインに関する専門的な経験、知識、知恵を持つ多くの優秀な人材と豊かな知見を活かしたプログラムです。

パッケージデザインの学校は、昨年6月に「最強の発注者になる」をコンセプトに第1回が開講され、全16講座に500名以上が参加し好評を博しました。「もう一度みたい」との多くの声をいただき、期間中16講座についてもアーカイブ配信をします。

また、開講記念講座として、2022年12月2日(金)には、日本パッケージデザイン大賞2023大賞を受賞した資生堂「BAUM」について、資生堂クリエイティブの信藤洋二氏、パッケージデザインの学校 校長の加藤芳夫氏、JPDAの小川亮理事長、福本佐登美理事による対談を開催します。参加費は無料です。
全26講座により、商品の企画、開発、デザイン、ブランディングなど幅広い切り口で、パッケージデザインによる価値創造を強力にサポートします。
※全26講座:オンライン全10講座(開講記念無料講座+有料9講座)+昨年アーカイブ全16講座
 


【プログラム概要】
日時:2023年1月19日(木)~3月23日(木) 15時~16時30分(講座1時間+質疑応答30分)
 (記念無料講座は2022年12月2日(金)に開催。アーカイブ配信は2023年1月1日~3月31日)
開催目的:「デザイナーの力を120%引き出し、強いブランドを作る 『発注者』 になる」
テーマ:「ブランドとパッケージデザイン」
こんな方にお勧め:デザインを発注・ディレクションしているブランドマネージャー、商品担当者、デザイン部門のディレクター、地域ブランド品のオーナー、製品・ブランドで地域活性化を目指す官公庁の方など
開催方法:オンライン(Zoom) ウェビナー
参加費:1講座あたり5,500円(税込) または
 オンライン全10講座+アーカイブ全16講座 一括購入申込 55,000円(税込)
 ※JPDA会員の方は20%割引となります
詳細・お申込み:https://www.jpda-school.jp/
主催:公益社団法人日本パッケージデザイン協会

【2023有料9講座】(開催日順)
1.19 (木) 長く愛される商品の知恵と工夫 サッポロビールのデザイン、ちょっといい話
 サッポロビール マーケティング本部 新価値開発部 クリエイティブディレクター 田中章生氏
1.26 (木) ロングセラーブランドのパッケージデザイン
 Mizkan マーケティング本部 コミュニケーション戦略部 石田憲司氏、山田英子氏、平野美紀氏
2.2 (木) 最高の“かわいい”をつくる化粧品パッケージの秘密
 コーセー 商品デザイン部 デザイン室 クリエイティブディレクター 益田あけみ氏
2.9 (木) より良いパッケージを生む技術とは
 東洋製罐グループホールディングス 野村岳氏 × 東洋インキ 丹羽紀人氏 × 東レ 久世康典氏
2.16 (木) 湖池屋のリブランディング -経営とデザイン-
 湖池屋 代表取締役社長 佐藤章氏
3.2 (木) 地方企業のブランディングはパッケージが命
 ピースグラフィックス 代表 アートディレクター グラフィックデザイナー 平井秀和氏
3.9 (木) しまんと流域農業 流域の生き方をブランドにする
 梅原デザイン事務所 デザイナー 梅原真氏
3.16 (木) 1+1=1 新しいパッケージデザイン
 良品計画 生活雑貨部企画デザイン室 プロダクトデザイン課課長 大友聡氏
3.23 (木) とらや、TORAYA AN STAND のアートディレクション
 サン・アド 顧問 葛西薫氏

詳細・お申込みは、パッケージデザインの学校専用サイトをご覧ください
https://www.jpda-school.jp/

昨年アーカイブを含む全26講座の概要など、プレスリリースPDFもご覧ください
https://prtimes.jp/a/?f=d87516-20221116-036d0c65b01bbdf41b1cfdf15e7be9be.pdf
――――――――――

公益社団法人日本パッケージデザイン協会(JPDA)は、1960年に発足、パッケージデザイン文化の向上、普及、啓発のための事業を行う団体として2013年に公益社団法人に移行しました。JPDAの活動は、日本パッケージデザイン大賞などの顕彰事業、年鑑の発行、展覧会やセミナーの開催、調査研究、国内及び国際交流、広報活動など多岐にわたります。パッケージデザインの価値を伝え、魅力を創出するために、さまざまな形の「場づくり」があり、国際交流、国内、そして地域まで幅広く活動しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人日本パッケージデザイン協会 >
  3. 『パッケージデザインの学校 2023』1月から開催