テレビ視聴データをBIツール等と連携する「SMART DataSync」サービス開始

CM視聴データを各種マーケティングデータと集約して閲覧・分析可能に

メディアリサーチの株式会社スイッチ・メディア・ラボ(本社:東京都港区、代表取締役:福羽泰紀)は、テレビCMの視聴状況などの分析データを、各種Business Intelligence (BI)ツール等へデータ連携するサービス「SMART DataSync」(スマート・データシンク)の提供を開始します。

新サービス「SMART DataSync」ではまず、クラウド型ビジネスプラットフォーム「Domo」( https://www.domo.com/jp )との連携からスタート。Domoのアドオン接続コネクターを通じて、テレビ視聴データを簡単に取り込み、Domoダッシュボード上に表示できるようになります。今後はさらに、Domoに加えて各種BIツール等とのデータ連携に対応していく予定です。

スイッチ・メディア・ラボは、CMを出稿した後のGRP・属性別リーチ(到達率)・フリークエンシーといったテレビCM視聴データと、その他ビジネスデータをBIツール等で集約して閲覧・分析できるようになることで、広告主企業がより分かりやすくCM効果を把握し、より迅速にマーケティング施策のPDCAを実践できるようになると考えています。

スイッチ・メディア・ラボ のテレビ視聴データと連携したDomoダッシュボード例 (イメージ)


SMART DataSyncサービス概要

 

サービス概要 各種BIツール等へ、スイッチ・メディア・ラボのテレビ視聴データより必要なデータを接続・表示するサービス

 ※BIツール連携にはスイッチ・メディア・ラボへ「SMART DataSync」のお申し込みと専用アカウントの発行が必要です。
連携データ(例) ・曜日・時間帯 テレビ視聴割合ヒートマップ (世帯・個人全体)
・自社CMに関するGRP、CMリーチ、フリークエンシー、SOV(同製品カテゴリー内の広告シェア)  など
・自社提供番組の視聴率、ターゲット含有率

※このほか、競合ベンチマーク企業の同データを併せて表示も可能です
価格 ご利用期間、接続を希望されるデータ内容に応じて、お見積もりします。
詳しくはお問い合わせください。

※3ヶ月〜のトライアル利用もご用意しています。
お申込み・お問い合わせ 株式会社スイッチ・メディア・ラボ
https://www.switch-m.com/inquiry/
TEL: 03-6441-2056

 

スイッチ・メディア・ラボは、今後も、テレビ視聴データ分析サービスの開発・提供を強化し、企業のプランニングに役立つあたらしいマーケティングデータの提供を推進してまいります。

以 上
 

株式会社 スイッチ・メディア・ラボ 会社概要

スイッチ・メディア・ラボは、国内最大規模のテレビ視聴パネル(*)への機械式継続調査によりテレビ視聴データを収集・分析するメディアリサーチカンパニーです。2014年10月、インターネット上で個人のテレビ視聴状況をほぼリアルタイムに分析できるまったく新しいテレビ視聴分析サービスSMART(スマート)をリリース。放送局・広告主企業・広告代理店等の企業のマーケティング担当者へ提供しています。

*テレビ視聴パネル規模: 関東エリア 2000世帯・個人5000人/関西エリア 2000世帯・個人5000人
<テレビ視聴分析サービスSMARTの詳細はこちら>
https://www.switch-m.com/

企業名: 株式会社 スイッチ・メディア・ラボ
所在地: 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂6F
代表者: 代表取締役 福羽 泰紀
設 立: 2012年10月1日
事業内容:テレビなどのメディアリサーチ、テレビCMの効果測定調査・分析ツールの提供
URL: https://www.switch-m.com/

サービス利用に関するご相談・お問い合わせ
E-mail: sales@switch-m.com TEL:03-6441-2056

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スイッチ・メディア・ラボ >
  3. テレビ視聴データをBIツール等と連携する「SMART DataSync」サービス開始