『PechaKucha Night Special x MINI at BMW Group Tokyo Bay』開催のレポート

BMW100周年記念!モビリティの未来をテーマにしたプレゼンテーション・イベント

日時:7月20日(水)
場所:BMW GROUP Tokyo Bay センターホール 東京都江東区青海2-2-15

 

BMW100周年記念イベント
2016年はBMWがドイツバイエルン州ミュンヘンで誕生して100年の記念すべき年です。
この間のテクノロジーの目覚ましい進歩は、当初考えもしなかった恩恵を私たちの社会にもたらしました。
特にここ数年のデジタル化とコネクティビティの進展によって、日常の車の使い方が急速かつ大幅に変化していることは多くの人々が実感するところでもあります。
MINIでは、この変化が最も急速かつ顕著な形で生じている都市部にフォーカスし、未来のアーバン・モビリティへの提言として「MINIビジョン・ネクスト100」を発表したばかりです。
そしてさらに7月20日(水)に、この100周年を記念して、「PechaKucha Night(ペチャクチャナイト) Special x MINI at BMW Group Tokyo Bay」を臨海副都心お台場にグランドオープンしたばかりのBMW GROUP Tokyo Bayで開催いたしましたのでその模様をご紹介いたします。

PechaKucha Night Special × MINI at BMW Group Tokyo Bay
今回の「PechaKucha Night(ペチャクチャナイト) Special x MINI at BMW Group Tokyo Bay」では、創始者のアストリッド・クライン氏とマーク・ダイサム氏がホストを務め、彼らを含む10組のプレゼンターが、「Future Mobility」をテーマに熱いトークを展開いたしました。
プレゼンテーションはPechaKuchaの20 IMAGES×20 SECONDSのフォーマットに従い6分40秒間の持ち時間で、それぞれの活動フィールドに関するユニークな視点や大胆な発想を豊富に盛り込み、会場に集まった約300名の参加者に多くの驚きと感銘をもたらすものばかりでした。

MINIでは、今後もモビリティの未来を感じていただくために、このようなクリエイティブかつ文化的な取り組みを積極的に行う所存です。

プレゼンテーション概要
今回の10組ののうち代表的なプレゼンテーションをご紹介します。
□アストリッド・クライン&マーク・ダイサム
(建築家/Klein Dytham Architecture、PechaKuchaファウンダー)
昼はクライン ダイサム アーキテクツ、夜はPechaKuchaファウンダーと、パワフルに活動するアストリッド・クライン氏とマーク・ダイサム氏は、今回の会場でもある日本最大のBMW/MINIブランド体験型販売拠点・BMW GROUP Tokyo Bayについて、コンセプトや設計にこめた思いなどについて、当事者ならではの充実したプレゼンテーションを行いました。

 

□西田 司氏(建築家)
建築家の西田司氏は、今年のミラノサローネで発表され大きな話題となったMINIのインスタレーションを紹介しました。"Do Disturb"をキーワードに、都市の生活を豊かにする新しいシェアのかたちを提案。モビリティに止まらない、MINIらしい都会的なライフスタイルデザインが、世界中の注目を集めた模様をリアル感たっぷりにお話いただきました!

 

 □David Chew氏(エンジニア/慶応義塾大学)
慶応義塾大学でエンジニアリングを専攻しているDavid Chew氏は、イーロン・マスク氏がアメリカで数年前に発表し、未来的な交通システム・ハイパーループのプロトタイプを紹介しました。このプロトタイプは、今秋にロサンゼルスのSpace X本社で開催される世界的なコンペでも披露される予定です。

 

□神保 匠吾(ディレクター/オンライン・モーター・マガジン「DRIVETHRU」)
クリエイティブなモビリティカルチャーを続々と発信しているオンラインモーターマガジン「DRIVETHRU」のディレクター神保匠吾氏は、BMW/MINIにフィーチャーした、私たちの感性を刺激する素敵なプレゼンテーションを披露しました。

 

その他のプレゼンター
□岩本 唯史(MIZBERINGディレクター、建築家)
□Joseph Tame(デジタルメディアプロデューサー、アーティスト)
□D.H. Rosen(クリエイティブディレクター)
□真田 武幸(ディレクター/東京スマートドライバー事務局)
□Matthew Roberts(クリエイティブディレクター/スピードトラクター)
□宇治野 宗輝(アーティスト)

※画像提供:PechaKucha

PechaKucha Night(ペチャクチャナイト)とは
「PechaKucha Night(ペチャクチャナイト)」とは、BMW GROUP Tokyo Bayの設計を担当した建築家のアストリッド・クライン氏とマーク・ダイサム氏が、2003年に東京で始めたプレゼンテーションイベントです。
20枚のスライドを20秒間ずつ、合計6分40秒間の時間制限の中でプレゼンテーションを行うフォーマットが多くの支持を得て、2016年6月現在920以上の都市で開催されている世界的イベントです。

『PechaKucha Night Special x MINI at BMW Group Tokyo Bay』実施概要
日時:2016年7月20日(水)19:30~22:00(受付開始18:00~ 開場18:30~)
会場:BMW GROUP Tokyo Bay センターホール(住所:東京都江東区青海2-2-15)


 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ビー・エム・ダブリュー株式会社 MINI Japan >
  3. 『PechaKucha Night Special x MINI at BMW Group Tokyo Bay』開催のレポート