アパレル廃棄問題に一石を投じる『#CBK forecast』、AIでSNSなどの画像からアイテム50万点以上を分析する - 株式会社ニューロープ

SNS上のファッションスナップ画像をAIで解析、トレンドを定量化して、アパレルメーカー・リテールなどにデータ提供する

ファッションに特化した人工知能を開発・展開するベンチャーの㈱ニューロープが、トレンド分析サービス『#CBK forecast(カブキフォーキャスト)』をリリースしました。
#CBK forecastはTwitter、ブログ、ECサイト、メディアなどに掲載されているファッションスナップ画像に含まれる50万点以上のアイテムをAIで解析。バイヤーやMDをデータで支援することを目的としています。
本サービスはメーカー・ECなどファッション企業に向けて既に提供されています。
ファッションに特化した人工知能を開発・展開するベンチャーの㈱ニューロープが、トレンド分析サービス『#CBK forecast(カブキフォーキャスト)』をリリースしました。​
2014年から蓄積しているTwitter、ブログ、ECサイト、メディアなどに掲載されているファッションスナップ画像のアイテム50万点以上をAIで解析し、色・柄・素材・形・ディティールなどを分析。どのようなアイテムが実際によく着用されているのか、ドレンドを定量データとしてメーカー、卸、リテールなどファッション関連の企業に提供します。​

 

取り沙汰される「アパレル廃棄問題」
余った新品の服が大量に焼却処分されるという、いわゆる「アパレル廃棄問題」が問題視されるようになり、関連する報道を目にする機会が増えています。
実際に国内のアパレル市場規模が15兆円から10兆円程度に減少する反面、供給量は20億点から40億点程度に倍増するということが起きています。​

単純にセールで大幅にディスカウントして売り切るという手法はブランド価値の毀損にもつながり、一方で同じ商品を棚に並べ続けることは客足を遠ざけます。
この問題を解決するために余剰在庫を新しい経路で流通させる様々なサービスが注目を集めています。

世の中一般のトレンド状況を定量化する
#CBK forecast​は、そもそもの余剰在庫削減に貢献することを目指します。
ブランドやメーカーは、自社が過去に販売した商品については十分に分析できます。一方で「過去に販売はしていないものの、仮に棚に並べていたら売れたはずの商品」を知る、いわゆる外部情報を得る手段は、コレクションやSNSのスナップを眺めるといった属人的なものに限られています。
#CBK forecast​は​SNSやECモールのランキングなどに掲載されている画像を解析して定量化することで、「過去に販売はしていないものの、仮に棚に並べていたら売れたはずの商品」を再現的に見つける手助けをします。


定点観測に向いたビジュアライズツールと、分析に向いたローデータ
#CBK forecast​の導入企業は専用のダッシュボードで日々更新されるトレンド情報をウォッチできます。
ダッシュボード上では様々な切り口、グラフでデータがビジュアライズされています。
また情報はローデータの形式でエクスポートし、任意の切り口で分析にかけることもできます。
本サービスはメーカー・ECなどに向けて既に提供されています。​

ニューロープは#CBK forecast​​がアパレル廃棄問題に与えられるインパクトが限定的であることを理解しています。
川上から川下まで各工程が複雑性を極める中で、人の力・AIの力の組み合わせで実現する最適解に向けて、各社の協力を得ながら引き続きサービスの開発を続けていきます。

※なお、データの取得・分析・提供については弁護士に相談の上、著作権・肖像権等関連する法律において間違いなく適法だと判断できる範囲において行っていることを付言いたします。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニューロープ >
  3. アパレル廃棄問題に一石を投じる『#CBK forecast』、AIでSNSなどの画像からアイテム50万点以上を分析する - 株式会社ニューロープ