わりかん保険のjustInCase「コロナ助け合い保険」の提供を開始

株式会社justInCase及び株式会社justInCaseTechnologies(本社:東京都千代田区、代表取締役 畑 加寿也、以下「justInCase」)は、コロナ禍において不安を抱える全ての方に向けて、保険会社としてできること、つまり最大限安価な保険料でシンプルな保障を備えられる「コロナ助け合い保険(シンプル医療ほけん)https://medical.justincase.jp/」を開発しました。本日5月1日より販売を開始します。

コロナ助け合い保険コロナ助け合い保険

この保険は、コロナ禍において経済的に苦しい状況の方々や、感染リスクを背負って業務にあたり我々の生活を守ってくださっている方々、離れていて会えない大切な人に向けてのプレゼントなど、少しでも多くの方に使っていただきたいと願っています。

保険会社がこの状況において力になれることは、可能な限り安価に、感染した際の経済的リスクをサポートすることだと考えます。未曾有のウイルスが蔓延する状況下で新たに医療保険を提供するリスクは予想できない部分が大きく簡単な決断ではありませんでしたが、自社でスピーディにプラットフォームを開発することができる我々だからこそできることをすべきだと判断しました。

また微力ではありますが、「助け合い」を広める当社として、本保険の収益から必要経費を引いた全額を日本赤十字社を通して医療機関に寄付します。


こんなときこそ、一層の「助け合い」を、当社自身が実践していきます。


コロナ助け合い保険(シンプル医療ほけん)について
  • 手続きはスマホ/WEB上で人との接触なしで完結
  • 1泊2日以上の入院に対し、入院一時金10万円を保障
  • 新型コロナウイルス罹患時の自宅療養にも対応
  • クレカ決済完了後すぐに保障開始
  • 安価な保険料(月払いのみ)

 


お医者様からのコメント
神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科 医長
株式会社Medifellow CEO
丹羽 崇 先生

「未曾有のウイルスに皆が不安を抱える日々の中、少しでも何かに備えたいと考えた時、保険は一つの選択肢となります。手洗いやうがいで感染を防ぐことと同じように、感染してしまった時の備えも必要です。特に在宅勤務ができない方々は感染リスクだけでなく経済的なリスクを抱える方も多くいらっしゃいます。安価な保険料で入院一時金10万円を受け取れることは精神的な支えになると考えます。」

玲子内科クリニック 院長
保科玲子先生

「パンデミックはすべての人にとって初めての体験です。医師として知識はあっても、これ程のものかと驚愕し、医療崩壊への不安を感じています。同時に、これまで以上の責任と使命を実感してもいます。病院では多くの医療従事者が、命を救うために毎日尽力しています。その一人として、気力を保つためにも、直接エールを送ることのできるこの保険の意義は大きいと思います。」

国立国際医療研究センター病院 呼吸器内科
S先生

「全世界的にPandemicにまで発展しているCOVID-19。いまや日本でも市中感染の報告、家族内でのウイルス蔓延、そして、最前線の医療機関でも感染の問題が出てきており、我々自身も他人事ではない問題です。このような状況のなかで、COVID-19診療にあたることは、いつ自分がウイルスに罹患し、いつ家族にうつしてしまうのか、心配事は絶えない状況です。現在COVID-19は指定感染症のため入院費用は国で負担していただける状況ですが、入院期間は長期にわたる傾向があるため、入院期間中は仕事ができず、精神的にも家計の面でも不安が強い状況が示唆されます。このような事態の中で、安価な保険料で入院一時金10万円を受け取れることは家族を持つ身としては、支えになると考えます。」

国立大学医学部附属病院 呼吸器・感染症内科
A先生

「高齢の方や基礎疾患がある方はもちろん、日頃病気とは無縁の若くて健康な方であっても「もしかしたら自分が感染してしまうのではないか」と日々ご心配のことと思います。医療現場の最前線にいる我々医療スタッフや生活インフラに欠かせない職に就かれている方々は特にその思いは強いと思います。また一旦感染すると病気自体への不安もさることながら、一時的ではありますが社会生活の制限によって、仕事や家族などへの不安も同じくらいのしかかるのではないでしょうか。こんなとき、少しの支えがあれば治療に専念していただきやすいのではないかと思います。みんなで助け合う、というこの保険(ポリシー)に賛同致します。1日も早いこの感染の収束を願って。」


当社代表取締役 畑加寿也のコメント


「保険会社にできることはないだろうか。」

日々悪化する状況の中、当社も感染リスクを最大限減らすためにリモートワークで業務しています。一方で、医療現場を守るため、生活インフラを守るため、感染リスクを背負って我々の生活を守ってくださっている方々がいらっしゃいます。また、経済的危機に苦しんでいる企業、労働者の方々がいらっしゃいます。そして、みなさん一様に、自分と大切な人が感染するのではないかと日々不安を抱え、会うことさえもはばかられる状況を過ごしています。世界的危機の中、みなさんそれぞれが日々を懸命に生きています。
「我々にいま、できることはないだろうか?」
その問いかけに、社員全員一致で「不安を抱える全ての人に向けた保険を贈る」という挑戦を決意しました。
微力ながら、本保険の収益から必要経費を引いた全額を医療機関に寄付することで、私たちのために戦ってくださっている方々にエールを贈ります。
保険を通して「助け合いの見える化」を推進する当社ができることを形にしました。
一日も早く、私たちの日常が戻ってきますように。

justInCase 代表取締役 畑加寿也



Q&A
Q.新型コロナウイルスに感染し、自宅療養の場合は保障の対象になりますか?
A.医療機関の事情により1泊2日以上の入院が必要にもかかわらず、臨時施設(病院と同等とみなせる施設)または宿泊施設や自宅で療養し、医師の治療を受けている場合等も、医師の証明書等をご提出いただくことで入院一時金の支払対象となります。

Q.新型コロナウイルス以外の疾病も保障対象になりますか?
A.はい、1泊2日以上の入院を伴う疾病やケガも対象となります。コロナ禍においては、ウイルス以外の疾病で入院される方は感染リスクも高くなり、精神的にも経済的にも不安が大きくなります。不安定な情勢の中、頑張りすぎてケガ・病気になった人も含め、一様に助け合いが必要です。

Q.今申込むと契約はいつから開始しますか?
A.お申込み後すぐに当月分の保険料のお引き落としを行い、決済が完了しましたらご契約が開始します。なお、当月分の保険料はご契約開始日から月末までの日割りとなります。

Q.入院一時金はどうやって請求できますか?
A.ご契約者様用マイページ(https://portal.justincase.jp)から、保険金請求の手続きをしてください。お手元に医療機関から発行された診療明細書もしくは領収書(※)をご用意ください。


診療明細書もしくは領収書は、患者様氏名、医療費の請求期間(入退院日)、病院名がわかるようにご撮影いただきます。

新型コロナウイルスの感染者のうち、医療機関の事情により、入院が必要にもかかわらず、臨時施設(病院と同等とみなせる施設)または宿泊施設や自宅で療養し、医師の治療を受けた場合には、原則医師の証明書等をご用意いただきますが、やむを得ない場合には代替書類のご提示など柔軟に承ります。なお、退院前であっても、入院診療計画書、入院保証金の領収書(預り書)等入院の原因となった傷害もしくは疾病、および入院期間が確認できる場合には入院一時金をお支払いいたします。



海外の新型コロナウイルスに関連する保険
【タイ】
8社以上の保険会社が新型コロナウイルスの感染者を対象とする保険をリリース。
例えば、タイの王室系損害保険会社のテベ社は、国内大手銀行のサイアム商業銀行の顧客へ新型コロナウイルスによる死亡または入院費用の保障を提供。
https://www.scb.co.th/th/personal-banking/insurance/covid19.html

【インド】
国内最大損害保険会社のICICI Lombardが新型コロナウイルスの感染者を対象とする医療保険を販売。
https://www.icicilombard.com/health-insurance/complete-health-insurance?opt=chi&source=nav
また、国内最大医療保険会社のStar Healthが新型コロナウイルス感染症で入院した方を対象に、一時金を給付する保険をリリース。
https://www.starhealth.in/coronavirus-insurance-policy

【香港】
香港初のインターネット専業損害保険会社であるAvo Insuranceが新型コロナウイルス感染症による死亡および入院費用を対象とする保険を発売。
https://www.heyavo.com/en/products/covid/




会社概要
株式会社justInCase(https://justincase.jp/)
少額短期保険業者として、「保険をインタラクティブに」というビジョンを掲げ、テクノロジーで保険業を変革することを目指しインシュアテック事業を展開。今までに存在しなかった保険商品をこれまでとは異なる販売方法で世に広め、これまでにない価値を提供する事で人々の生活をよりよく変えていきます。

株式会社justInCaseTechnologies(https://justincase-tech.com/)
2019年に設立。株式会社justInCaseおよび他の保険・事業会社向けの保険・金融に関連するテックサービスを開発・提供します。




 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社justInCase >
  3. わりかん保険のjustInCase「コロナ助け合い保険」の提供を開始