4年連続!洋食器のニッコーが国際的コンテストのファイナリストに選出

ニッコー株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:三谷明子)の新商品が、陶磁器の世界的な業界誌が主催する第4回『テーブルウエアインターナショナル・アワード・オブ・エクセレンス』のファイナリスト(上位3シリーズ)に選出されました。

 Hospitality Dinnerware(業務用)部門にて、HALO(ヘイロ)シリーズがファイナリストに選出されました。優勝者の発表は、6月上旬頃の予定です。
 HALOは、高級レストランやホテルに向けた食器として、ニッコーが新たに開発したユニークさと機能性を兼ね備えた形状のシリーズです。放射状に伸びる輝く光をモダンなシェイプで表現しています。

 中央を起点としたラインのエンボス加工は、凸と凹の曲線の組み合わせによって立体感を演出し、「HALO」のネーミングの通り食器中心部から光輝を放ちます。

 放射線状に伸びるエンボスは、蓮の葉の形を思わせます。蓮は中国で縁起が良いとされているモチーフです。

 ニッコーの熟練した職人が改良を重ね、他にはない個性的で新鮮な見た目を持ちながら、使い勝手を損なうことのない、ハードユースにも耐えうる器に仕上げました。
https://issuu.com/lemapublisihng/docs/finalists_supplement_2021/62


【コンテスト概要】
陶磁器の世界的業界誌「テーブルウエアインターナショナル」が主催し、革新的で、優れたデザイン力を持ち、機能性、オリジナリティ、ストーリー性をあわせ持ったテーブルウェアに栄誉を授ける賞です。世界各国の小売、バイヤー、デザイナーらにより審査されました。
賞の審査基準
・デザイン/機能性(優れた機能性または多機能性など)
・イノベーション(独創性、独自性など)
・美しさ
・ストーリーテリング(商品ストーリー、持続可能性、名前とのコラボレーションなど)

【これまでの受賞歴】

■ニッコー株式会社について
ニッコー株式会社は、1908 年に創業した陶磁器メーカーです。
一流ホテル、一流レストラン、有名百貨店などで多数ご採用いただいております。最高の品質と品位を提供するため、原料加工から最終工程に至るまで、石川県の自社工場で一貫して生産を行っており、大規模な製造量を誇る陶磁器メーカーでは日本で唯一の存在です。現在、陶磁器の他、浄化槽や高級システムバスなどの住設環境機器や、機能性セラミック商品など幅広い商品を開発・製造しています。
https://www.nikko-company.co.jp
ニッコー公式オンラインショップ https://www.nikko-tabletop.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニッコー株式会社 >
  3. 4年連続!洋食器のニッコーが国際的コンテストのファイナリストに選出