株式会社VAAK、特許取得のお知らせ

行動推定装置、行動推定方法、プログラム及び行動推定システムにかかる特許技術

「行動推定装置、行動推定方法、プログラム及び行動推定システム」について、特許を取得いたしました。
この特許技術は、映像から関節など人体の特徴点推定、及び人体・物体など被写体認識、被写体間の相対関係、それらを計算し、組み合わせることによって、関節の位置だけでは特定できない行動(「万引き」「商品整理」など物体が関連する行動、「ナイフの利用」「ナイフによる脅迫」など他者が関連する行動、「商品を眺める」「スマホ操作」「特定の業務行動」など身体の動きが小さい行動、その他)の高精度な判別を実現しています。
株式会社VAAK(本社:東京都千代田区、代表取締役 田中 遼、以下「VAAK」)は、この度、弊社が出願しておりました「行動推定装置、行動推定方法、プログラム及び行動推定システム」について、以下のとおり特許を取得したことをお知らせいたします。

特許番号  第6854959号
特許登録日 令和3年3月18日
発明の名称 行動推定装置、行動推定方法、プログラム及び行動推定システム
特許権者  株式会社VAAK
 


–  背景  –  
映像による行動推定は、人体の関節の位置推定により行う手法が知られていましたが、この手法では基礎的な行動(「歩行」「転倒」など)を捉えられても、身体の動きが類似する行動(関節の位置だけでは特定できない行動、すなわち「万引き」「商品整理」など物体が関連する行動、「ナイフの利用」「ナイフによる脅迫」など他者が関連する行動、「商品を眺める」「スマホ操作」「特定の業務行動」など身体の動きが小さい行動、その他)の判別が不可、あるいは判別精度が著しく低いという問題が生じていました。

–  特許の概要  –  
映像から関節など人体の特徴点推定、及び人体・物体など被写体認識、被写体間の相対関係、それらを計算し、組み合わせることによって行動推定する手法により、上記の問題を解決しています。

この特許技術は、以下のような領域で既に実用化されており、実装にあたっては特殊な装置を必要とせず、安価に導入することができます。
 
  • 小売店舗:        防犯(万引き・内引き・レジ不正含む)・売場分析・顧客分析・業務分析
  • ビル・施設:       監視の自動化、現場対応支援、利用者分析、業務分析
  • 工場・プラント:     防犯(不正防止含む)、労災防止、作業分析
  • オフィス・データセンター:防犯(情報セキュリティ強化含む)、業務分析
  • パブリックセクター:   重要拠点の防犯、不法投棄防止、条例違反監視
  • 監視センター:      監視の自動化、現場対応支援、利用者分析、業務分析
詳しくはこちら
https://vaak.co/news/2021-4-9/

■株式会社VAAK 概要
・本社所在地 東京都千代田区内神田1-13-14 興信第一ビル1階
・事業内容
  行動・異常検知AI「VAAKEYE(バークアイ)」の開発・運営
  感染リスク検知AI「VAAKEYE+(バークアイプラス)」の開発・運営
  無人レジ「VAAKPAY(バークペイ)」の開発・運営
・代表者 代表取締役 田中 遼
・URL https://vaak.co
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. VAAK >
  3. 株式会社VAAK、特許取得のお知らせ