「発展途上国に送るランドセルの回収」を“いーふらん”が2021年11月3日(水)より実施

思い出のランドセルギフト

株式会社いーふらん(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社⻑:⿅村⼤志)は、リユース事業“高級宝飾時計商おたからや”、ヘルスケア事業“健康の森”等におきまして、「だれもが自分の可能性を信じられる社会づくり」のミッションを達成するため、使っていないランドセルの回収を2021年11月3日(水)より開始いたします。

詳細PH:https://e-fran.jp/contributions/backpack.php
  • 背景
いーふらんは「だれもが自分の可能性を信じられる社会づくり」のミッションを達成するため、障がい者雇用の促進、SDGs目標への取り組み、子どもや女性の未来を守る「かものはしプロジェクト」のサポート等、社会貢献活動を行っております。さらにエコロジーへの志をもって展開するリユース事業「おたからや」の活動を通じ、自然を大切にする想いを広めていきたいと考えています。

思い出のランドセルギフトは、日本で役目を終えたランドセルをアフガニスタンに寄贈し、子どもたち、特に教育の機会に恵まれない女の子の就学に役立てる国際支援活動です。ランドセルを受け取ることで、学校で教育を受ける機会が生まれ、日本のランドセルはアフガニスタンの子どもたちの人生に大きなチャンスを与えてきました。子どもたちが学校で学び、読み書きが出来るようになって、自分自身や家族を守る知識や情報を身につけられるようになることを目指しています。
 
  • ランドセルの寄贈について
弊社が展開している全ての事業を通し集めたランドセルを、公益財団法人ジョイセフの「思い出のランドセルギフト」プロジェクトに寄贈いたします。ひとつ1つに思い出が込められたランドセルは、新しい思い出をつくるため、検品され新品の学用品と共にコンテナに揺られてパキスタンの港へ。その後トラックに積まれアフガニスタンについたランドセルは、それぞれの村の学校に向かい、子どもたち一人ひとりに手渡されます。
 
  • 担当者の声
アフガニスタンの情勢を知ったのは、たまたま見ていたニュースでした。大学の授業風景で女性と男性がカーテンで仕切られ接触することが禁止された写真を見て驚きました。私たちが普段当たり前のようにしていることが出来ない、毎日身の危険を感じながら生活をしている現状を知り、私たちになにか出来ることはないかと思い至りました。

調べていく中でランドセルを送り、少女たちの就学を促進している方々の活動を見つけました。リユース事業を展開している弊社なら、アフガニスタンの子どもたちへランドセルを集められるのではないかと考え、ランドセル回収を企画いたしました。アフガニスタンの子どもたちが男女問わず将来を選択できる未来の手助けを「思い出のランドセルギフト」を通して貢献させていただきたいです。
 
  • 会社概要
「全て使い捨てではなく、ご不⽤品は必要な⼈の⼿に。 買い替えが必要ないものは⼿を加えて再⽣する。」そんなエコロジーへの志をもって リユース事業などのフランチャイズ展開をしています。更なる社会貢献と共に多くの⽅へ、エコロジーへの想いを広めていきたいと考えています。今後、様々な事業を展開することも予定しております。

 会社名 :株式会社いーふらん
代表者 :代表取締社⻑ ⿅村 ⼤志
所在地 :神奈川県横浜市⻄区みなとみらい2丁⽬3-3 クイーンズタワーB 15階
事業内容:リユース事業、ヘルスケア事業、洗⾞事業、オークション事業URL :https://e-fran.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社いーふらん >
  3. 「発展途上国に送るランドセルの回収」を“いーふらん”が2021年11月3日(水)より実施