EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2021 ジャパン 北海道地区代表に株式会社ファイバーゲート代表 猪又將哲が選出

この度、EY Japanが主催するアントレプレナー表彰制度「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2021 ジャパン」に、2021年の北海道地区代表として当社代表取締役社長 猪又將哲が選出されました。
2021年11月下旬に東京で開催されるEOY 2021 Japanに臨みます。
■EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーとは
https://www.ey.com/ja_jp/entrepreneur-of-the-year-japan

EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーは、成長の可能性を持つアントレプレナーの活動を奨励し、先見性、リーダーシップ、功績により人々に希望を与えるアントレプレナーの貢献を称える、世界で初めて創設されたグローバルな賞です。
EY・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーは、世界約60カ国、145を超える都市における国と地域において、グローバルな表彰制度を通じて、ダイナミックなビジネスを確立し、成長を続けるアントレプレナーを称えています。
日本においては、EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパンとして、日本のアントレプレナーを国際的なステージに輩出するアントレプレナー表彰制度として、2001年より実施しており、本年で21年目を迎えます。

■猪又 將哲プロフィール


株式会社ファイバーゲート 代表取締役社長 
猪又 將哲(いのまた まさのり)
1965年生まれ、愛知県小牧市出身。北海道大学卒業後に興亜火災海上保険株式会社(現 損害保険ジャパン株式会社)に入社。1995年マイネット代表取締役に就任し、札幌市中央区に本社を移転して株式会社ファイバーゲートを設立。Wi-Fi事業を手掛け、2018年に東京証券取引所マザーズに上場、2019年には東京証券取引所市場第一部及び札幌証券取引所への上場を果たす。

EY Japanリリース:
https://www.ey.com/ja_jp/entrepreneur-of-the-year-japan/news/2021/ey-japan-news-release-2021-11-01


■株式会社ファイバーゲートについて| (https://www.fibergate.co.jp/)


独立系Wi-Fiソリューション企業として、機器製造から電気通信サービスまでを一貫して手がける。
マンション・アパート等の賃貸物件オーナー向けの『ホームユース事業』と、観光施設や各種店舗・商店街、商業施設の施設運営者向けの『ビジネスユース事業』を展開。
会社名:株式会社ファイバーゲート【英語表記:Fibergate Inc.】
代表者:代表取締役社長 猪又 將哲
所在地:〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西8丁目10-3
設立:2000年9月
証券コード:9450(東証一部/札証)
電気通信事業者 登録番号:第358号
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファイバーゲート >
  3. EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2021 ジャパン 北海道地区代表に株式会社ファイバーゲート代表 猪又將哲が選出