<UR都市機構の情報誌『UR PRESS』最新号>巻頭インタビュー:料理愛好家「平野レミ」さんが登場!特集:東京大変貌 新しい交通結節点とにぎわいのまちをつくる

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は、10月31日(火)、情報誌『UR PRESS(ユーアールプレス)』最新号を発行しました。最新号の『UR PRESS vol.51』は、URの各営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで無料配布中です。

 

 

最新号の巻頭インタビューは、料理愛好家の平野レミさん。

 

家族のために料理を作り続けてきた経験から「料理愛好家」となり、テレビ、雑誌などで活躍する平野レミさん。いかにラクな発想で美味しい料理を作るかを料理が苦手な方々に伝えてきました。「お腹の底から幸せになるレシピをみんなに教えるのが喜びなんです」と言う平野さんに、食でつながる子育てや家族愛、その元気の秘密を伺いました。



今号の特集は“東京大変貌~新しい交通結節点とにぎわいのまちをつくる~”
現在、東京各所で国際競争力強化を目指した国家的な再開発プロジェクトが行われており、UR都市機構は生まれ変わるまちの基礎づくりに携わっています。品川駅の北側に新設される山手線新駅を中心としたエリアでは、国際的ビジネス拠点となるまちの基盤づくりを担い、新しいビルが建ち上がる渋谷では、土地区画整理事業により、縁の下で世紀の大規模再開発を支えています。さらに、虎ノ門ではにぎわいを生むまちに作り替えるべく、活動拠点「URTRA」を中心に新虎通りのエリアマネジメントに参加する他、羽田では、空の玄関口に誕生する新しいまちの土台づくりを多くの事業者とともに進めています。これら都心各所の大規模再開発プロジェクトにおいて、UR都市機構が行う“進化し続けるメガシティ東京”の礎となる交通の利便性向上、新たなにぎわいを生むまちづくりへの取り組みを紹介します。


 パソコンやスマートフォンからご覧いただける「オンライン版」では、巻頭インタビューやその他記事のオリジナル動画など、「WEBオリジナルコンテンツ」も掲載しています。
「UR PRESS」オンライン版 http://www.ur-net.go.jp/publication/web-urpress51/

 

<最新号の内容>

【巻頭エッセイ】暮らしのカケラ②
「ファミレスならぬ、家族食卓」角田光代(直木賞作家)


【Special Interview】未来を照らす⑭
平野レミさん(料理愛好家)

 お腹の底から豊かになれる
 人生の幸せをキッチンから伝えます


【特集】Megacity TOKYO 東京大変貌
新しい交通結節点とにぎわいのまちをつくる

 

●品川 品川駅北周辺地区土地区画整理事業
新たな国際交流拠点の礎を築く大プロジェクト

 

●渋谷 渋谷駅街区土地区画整理事業

世紀の大規模再開発を縁の下から支える

 

●虎ノ門 虎ノ門一・二丁目地区、新虎通りエリアマネジメント

にぎわいを生むまちに新しい駅をつくる


●羽田 羽田空港跡地地区土地区画整理事業
空の玄関口に誕生する新しいまちの土台をつくる

 
【連載企画】
●URのまち あのまち・このまち・歩いてみよう!

その⑫ 千種駅周辺(愛知県名古屋市)

●復興の「今」を見に来て!⑪
中学生の希望をかなえた公園が誕生
(宮城県石巻市)


復興のモデル地区「野蒜ヶ丘」が高台に完成

(宮城県東松島市)


いよいよ始まった復興の拠点づくり
(福島県大熊町)

●届け!笑顔⑨
AKB48「誰かのために」プロジェクト 東北復興支援        
宮城県石巻市、岩手県山田町


●ベランダで楽しむ四季の寄せ植え② 黒田健太郎
四角いプランターにシックな秋の草花を植える

●防災グッズの新常識② 高荷智也 避難時に持ち出す「非常時出袋」の中身

●男子弁当のススメ!⑥ 相田幸二 はらこ飯弁当

プレゼント付きクロスワードパズル/UR INFORMATION


 
■『UR PRESS』について
UR都市機構が発行する情報誌。編集協力を㈱新潮社が行っています。URの各営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで無料配布しています。また、オンライン版では、巻頭インタビューやその他記事のオリジナル動画など、誌面では見られない「Webオリジナルコンテンツ」も掲載しており、パソコンだけでなくスマートフォンでもご覧いただけます。
「UR PRESS」オンライン版:http://www.ur-net.go.jp/publication/web-urpress51/


 

■UR都市機構について
2004年、日本住宅公団や宅地開発公団の業務を継承した都市基盤整備公団に、地域振興整備公団の地方都市開発整備部門が統合されて設立した独立行政法人。2015年には、1955年の日本住宅公団設立から60周年を迎えました。都市の再生・発展と国民生活の向上を目的として、主に全国の「UR賃貸住宅」の運営・管理や「都市再生事業」、東日本大震災の復興まちづくりを行う「震災復興支援事業」などを手掛けています。現在、日本は少子高齢化や環境問題、地方都市の衰退、防災性の向上といった多くの課題を抱えており、UR都市機構はこれらの社会的問題に積極的に向き合い、人々が快適に暮らせる住環境を作るための様々な取り組みを行っています。

 
 

○楽天市場「がんばる東北しょっぷ」絶賛営業中!!
東北3県で復興事業に取り組むUR都市機構が協賛し、東北の海の幸・山の幸を集めたサイト「がんばる東北しょっぷ」が、国内最大の通販サイト「楽天市場」に開設されています。仙台名物・牛タン、奥松島産・極上殻つき牡蠣など、美味しく食べてご支援を!
□「がんばる東北しょっぷ」URL:http://www.rakuten.ne.jp/gold/ganbarutohoku-shop/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. UR都市機構 >
  3. <UR都市機構の情報誌『UR PRESS』最新号>巻頭インタビュー:料理愛好家「平野レミ」さんが登場!特集:東京大変貌 新しい交通結節点とにぎわいのまちをつくる