パナソニックコンシューマーマーケティングがクラウドファンディング型マーケティングプラットフォーム「TAMATEBA」開設にRelicの「ENjiNE」を採用

「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」によるスピーディかつ低リスクな参入と、導入企業間ネットワークでの相互集客やプロジェクト/商品の連携による経済圏拡大を実現

 株式会社Relic(東京都渋谷区、代表取締役CEO:北嶋貴朗、以下、当社)が提供する、初期費用/月額固定費無料のSaaS型クラウドファンディング構築プラットフォーム「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」(以下、本サービス)を活用し、パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社(大阪府大阪市、代表取締役社長:吉清和芳、以下、PCMC)が、クラウドファンディング型マーケティングプラットフォーム「TAMATEBA(タマテバ)」を2019年11月18日に開設しましたことをお知らせいたします。
 本サービスを活用することで、クラウドファンディング事業に参入する際に懸念となる初期投資や保守・運用などのコストや事業リスクを抑えつつ、スピーディなサイトの開設・運営を実現しました。すでに本サービスを導入している大手新聞社や出版社などのメディアや、商社や小売などの流通企業と連携することができ、他サイトやメディア間での相互集客やプロジェクト/商品の同時掲載も可能となります。

「TAMATEBA」は、PCMCが運営しているECサイト「Panasonic Store」がお薦めする商品/サービスを提供します。

 

 

■「クラウドファンディング」の仕組みを活用したマーケティング活動について
 企業の新規事業創出ならびに新製品・新サービス開発において、事業コンセプトや顧客の受容性を検証するマーケティング活動は重要な意味を持ちます。これまで大手メーカーなどでは新製品を開発する際に、特定のパネルに対する従来のアンケート調査や、ユーザーインタビュー/グループインタビューといったマーケティング活動を行なってきましたが、近年ではインターネットやITの発展により、不特定多数のユーザーに向けて簡便かつ効率的にテストマーケティングを実施できるようになりました。

 その中でも「クラウドファンディング」の仕組みを活用し、新製品や限定品/コラボ品などがまだ量産・在庫確保される前の段階から製品のコンセプトや顧客の受容性を検証するテストマーケティングを実施することで、新規事業創出や新製品開発におけるリスク低減や初期顧客・ファンの創出に取り組もうと考える企業が増えています。

 Relicが日本企業300社の経営者・管理職に対して行ったアンケート調査では、日本企業の57%がクラウドファンディングの利用用途を、「企業の新事業や新商品、新サービスの開発段階におけるテストマーケティングの手法として有効であると思う」と回答しており、27.5%が「クラウドファンディングを新規事業や新商品、新サービスの開発段階におけるテストマーケティングとして自社でも実際に利用できそう、もしくは利用してみたい」と回答しています。

■TAMATEBAについて                    
PCMCは、今後パナソニックグループでの事業創出や新規サービス創出活動の拡大に合わせ、クラウドファンディング型マーケティングプラットフォームとして、新たに「TAMATEBA」を開設します。顧客本来の声を聞くためのマーケティングプラットフォームを設けることで、消費者の受容性調査とマーケティングの精度向上を目指します。



「TAMATEBA」:https://tamateba.en-jine.com


■サービス概要
サービス名称:TAMATEBA Powered by ENjiNE 
サービス内容:購入型クラウドファンディング
サービス運営:株式会社Relic
開始時期:2019年11月18日(月)
サイト運営:パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社
サイトURL:https://tamateba.en-jine.com

■サイト開設時に掲載されるプロジェクト
・農薬未使用の野菜をぎゅっと詰め込んだドレッシング
パナソニックコネクティッドソリューションズ社の植物工場(福島県)で栽培される無農薬野菜を利用したドレッシング。これまでも一部店舗にて販売はしていましたが、今回初めてネットからの購入が可能となり、全国へパナソニックが作るドレッシングをお届けするとともにユーザーの声を集めます。
関連URL:https://tamateba.en-jine.com/projects/pdre

・「香り」と「素材」と「技術」にこだわった最高級の球体風が織りなす真のアロマ体験をご自宅で
伝統工芸×最新技術の新たなアロマディフューザー。400年続く産地の技術を用いた「有田焼」と重厚感のある素材にこだわった「南部鉄器」の2種類の素材から選べます。今回は、「南部鉄器」については、TAMATEBAオープン記念として調香師が手がけたオリジナルアロマをセットにし、特別価格でお届けします。
関連URL:https://tamateba.en-jine.com/projects/fuma01nb
     https://tamateba.en-jine.com/projects/fuma01aw

■CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNEの特長
①初期費用・月額固定費が無料でスピーディーに立ち上げ、コスト/リスクを抑えた事業展開が可能
②導入サイト/メディア間で相互集客やプロジェクト/商品の同時掲載が可能(コストをかけずに集客力とプロジェクト/商品数を確保し、収益を拡大)
③経験豊富なスタッフがページ制作やPR、運用までコンサルティング/支援することで保守・運用のコストや工数を大幅に削減しつつ、プロモーションを強化
④大手新聞社や上場企業/Pマーク取得企業等の基準をクリアした業界最高水準の堅牢なセキュリティを誇るシステムと体制を提供
⑤業界では国内唯一のLINEの公式パートナーであるENjiNEが運営する公式アカウントをフォローする30万人以上のユーザーに対してプロジェクトの告知やアプローチが可能

■株式会社Relicについて
 株式会社Relicは、日本企業の新規事業開発やイノベーション創出を支援する「事業共創カンパニー」です。本リリースでご紹介した「ENjiNE」のほか、国内初のSaaS型イノベーションマネジメント・プラットフォーム「Throttle」、顧客のロイヤリティを向上し、事業のグロースをマネジメントする次世代型マーケティングオートメーション/CRM「Booster」等の「インキュベーションプラットフォーム」の提供に加え、新規事業開発における事業プロデュースやコンサルティング、オープンイノベーション支援、新規事業創出プログラムや社内ベンチャー制度の企画・設計・運営など総合的なソリューションを提供しており、大企業~中小・ベンチャー企業まで既に業界トップクラスである500社以上の支援実績があります。本サイトの開設・運営においては、業界初のネットワーク型クラウドファンディング構築サービス「CROWDFUNDING NETWORK Powered by ENjiNE」を提供し、事業パートナーとして協力しています。
URL:https://relic.co.jp

■パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社について
 日本国内で、パナソニックブランド家電商品の卸販売、および修理・サービス業務、太陽光・リフォーム・システム等に関するエンジニアリング事業を展開しています。
URL:https://www.panasonic.com/jp/company/pcmc.html

■本リリースについてのお問い合わせ先
株式会社Relic  担当:丹羽
TEL: 03-6455-0735 / FAX:03-6869-9452
E-MAIL:info@relic.co.jp

■TAMATEBAついてのお問い合わせ先
パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社 TAMATEBA事務局
E-MAIL: tamateba@panasonic.jp
  1. プレスリリース >
  2. Relic >
  3. パナソニックコンシューマーマーケティングがクラウドファンディング型マーケティングプラットフォーム「TAMATEBA」開設にRelicの「ENjiNE」を採用