LandSkip、超薄型バーチャルウィンドウを発売

厚さ1.5cmの「Window Air」で世界の風景配信

風景配信サービス「LandSkip ®(ランドスキップ)」を運営する株式会社ランドスキップ(代表取締役 下村一樹、以下 LandSkip)は、超薄型バーチャルウィンドウ「Window Air」を発売致しました。同社のバーチャルウィンドウの新モデルとなる本製品は、金具・フレーム込みで1.5cmという薄さを実現。取付施工は不要となり、額を飾る感覚で設置可能。WiFi・Bluetoothを内蔵しており、電源1本つなぐだけで風景が自動配信。世界の風景をこれまで以上に手軽に楽しむことができます。

LandSkipはこれまで2,000種類以上の4K・8K風景コンテンツを、オフィス/病院/ホテル/空港など300箇所以上に届けてまいりました。窓のない室内や閉塞感のある空間に、季節に合わせて毎月風景が切り替わるバーチャルウィンドウを通じて限りなくリアルな「風景」を再現しています。

今回新たに発売した「Window Air」はバーチャルウィンドウの新モデル、サイズは39インチと49インチの2種類。金具・フレーム込みで厚さ1.5cmという超薄型・軽量化を実現。そのため取付施工が不要となり、まるで額を飾る感覚で設置可能。従来のバーチャルウィンドウのネックであった設置施工コストを大幅に下げることに成功した。WiFi・Bluetoothを内蔵しており、電源1本つなぐだけで毎月新しい風景が自動配信される。同社の特徴である、複数窓への分割同期再生にも対応している。

Window Air 製品紹介ムービー

*実物のWindow Airは、LandSkip八重洲ショールームにて見学可能(要予約)

風景のない場所、そして風景を見に行くことが難しい方に、これまで以上に手軽に風景を楽しんでいただきたい。そのような想いから生まれたのが新しい窓「Window Air」です。目の前の景色を変え、その場の空気を変え、ひとの気持ちを変える。LandSkipは今後も「風景の流通」により、だれもが心癒される社会の実現を目指してまいります。

株式会社ランドスキップ
風のざわめき、小鳥のさえずり、緑の木もれ日、打ち返す波。私たちは「風景の流通」に取り組み、風景配信、バーチャルウィンドウ、VRコンテンツにより、だれもが心癒される世界を実現します。

本社所在地:東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル3F
代 表 者:代表取締役 下村一樹
設立年月:2015年6月1日(景観の日)
事業内容:風景配信サービス、バーチャルウィンドウ、デジタルスペースデザイン
U R L:http://www.landskip.co.jp
お問い合わせ:hello@landskip.co.jp

関連するプレスリリース
LandSkip、北海道150年記念「赤れんが庁舎プロジェクションマッピング」を制作
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000017046.html
LandSkip、保育園を空間演出(札幌市)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000017046.html
LandSkip、都内フィットネスにバーチャルウィンドウ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000017046.html
LandSkip、北海道銀行と観光VRで業務提携
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000017046.html
LandSkip、日本自然保護協会と事業連携
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/00000011.000017046.html
LandSkip、都内老人ホームにバーチャル・ウィンドウ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000017046.html
LandSkip、成田空港に「風景」を配信
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000017046.html

以 上

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ランドスキップ >
  3. LandSkip、超薄型バーチャルウィンドウを発売