【調査結果】BLファン「年間10万円以上消費」が最多!"withコロナ年"の腐女子消費行動

"自粛"により浮いた時間とお金は、オタ活に

株式会社サンディアス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 井出洋)が運営する、商業BLレビューサイト「ちるちる」がマーケティング調査を行う「オタク女子マーケティング研究所」が、「BL消費行動」のアンケート結果をまとめ、BLアワード記念冊子にて掲載し、発表いたしました。
F1層およびF2層の女性オタクをメインに、彼女たちの行動心理を調査する「オタク女子マーケティング研究所」。

今回、オタク女子マーケティング研究所は2020年3月に行った1378名のアンケートで消費行動をアンケート調査。その調査結果、そして商業BLレビューサイト「ちるちる」ユーザの行動データを元に、消費額やCOVID-19の影響による2020年の購買行動の変化を調査しました。その結果を発表いたします。

10万円以上が約4割!BL関連の購入金額

▼【年間】BL関連 購入金額

 

  1. 10万円以上…37.3%
  2. 5万円~10万円以下…24%
  3. 1~3万円以下…13%

▼【月間】BL関連 購入金額

  1. 1万円~3万円以下…32.4%
  2. 5000円以下…30%
  3. 1万円以下…25%

【どんなBL商品を購入してる?カテゴリ別 購入頻度の順位】

 

「実際に購入しているBL関連の購入品」で、購入頻度の高いカテゴリの順序を調査。以下の結果となりました。
  1. 商業BL漫画
  2. 同人誌
  3. 商業BL小説

近年、漫画や小説ファンのための展示会・イベント・コラボカフェ・舞台・映画等、外へ出かけるリアルイベントの機会が増えてきていますが、まだ発展途上であり伸び悩む結果に。さらに、新型コロナウイルスの影響で今後のリアルイベントの様相は変化せざるを得ない状況から、リアルとはまた違った新感覚のオンラインイベント発展していく可能性が高いことが、この結果からわかります。

【ニーズは圧倒的"読み物"。腐女子のストーリー消費】

さらに、「実際に購入しているBL関連の購入品」順位は、購入TOP3が全て読み物という結果になりました。

漫画・小説・同人誌…読み物に共通するものと言えば、ストーリーの有無。元来、腐女子が腐女子である理由に、妄想力、想像力、そして創造力の高さにあります。それら想像性を幅広く刺激するコンテンツである「ストーリー」をトリガーに、消費欲求を高めていると見えます。

※アンケートの選択肢 全11カテゴリ
  • 商業BL漫画
  • 商業BL小説
  • 舞台
  • 商業BLグッズ(漫画小説以外)・イベント
  • 作家・声優イベント
  • BLCD
  • 同人誌
  • 一般作品アプリ(コラボ含む)
  • 同人グッズ・イベント

【外出自粛によるBL消費の変化】


アンケートでは、「新型コロナウイルスの影響によるイベント中止等、お財布事情に変化があったか?」も質問。
  • 「お財布事情、貯蓄が"プラス"、または"変化なし"だった」…90%、
  • 「お財布事情、貯蓄が"マイナス"になった」…10%

新型コロナウイルスにより、「お財布事情や貯蓄が通常より"プラス"、または"変化なし"だった」「お財布事情や貯蓄が通常より"マイナス"」だったかで大別すると、<出費がプラスまたは変化なし>の回答が約90%に上りました。ちるちるユーザー間では、あくまでも短期的にCOVID-19がダイレクトに金銭へ影響した人は少数派なようです。

▼「お財布事情や貯蓄に変化がない」回答理由の内訳
  • 「元々電子書籍・通販を利用していた」…14%
  • 「イベントがキャンセルになったがその分をBL作品購入に回した」…31%
  • 「新型コロナウイルスの影響で電子書籍・通販を利用した」…23%
家で楽しめる漫画や小説をはじめとした自宅エンタメの購入需要は年々増加傾向にありましたが、外出自粛をトリガーにさらに加速していることが分かります。大体1冊あたり1000円以下で楽しめ、購入手段の簡易さに各種電子書籍サービスが一斉にお買い得なフェア開催も合間って、電子書籍購入を後押ししているようです。


【全回答の3割にのぼった理由は「気づいたら使いすぎ」】

「支出に変化があった」回答者の約8割の理由内訳は、「予定していたオタ活予算を別のオタ活予算へ。気づいたら使いすぎていた。」でした。次点で「収入源のため」「イベント出展のため制作費」という理由が続きます。

一方で、「支出に変化があった」「変わらない」「変化がない」を含む、全回答の3割に登る消費内訳の理由記述は、前述した「気づいたら予算を使いすぎていた。」という結果に。イベント予算の返金のほか、給付金等も趣味のオタ活へ投じる傾向が見られました。

▼貯蓄やお財布事情が<マイナスだった>回答者の理由
<1万円以上マイナスだった回答者>
  • 「月に10冊までと決めていた本が、家にいることが多くなった為か、いつのまにか20冊近く買ってしまっていました…」

<5万円以上マイナスだった回答者>
  • 「他の趣味のチケット返金があったので、その分BL漫画を買おうと思ったら1万程度予算をオーバーして結果いつもの2倍くらい漫画を買ってしまった。」
  • サービス業です。収入減。これから先の希望なし。趣味にお金が出せない可能性もあります。

<10万円以上マイナスだった回答者>
  • 「J庭は不参加。そのフラストレーションのせいか、ネット通販でグッズや漫画を買い漁り、この短期間で10万以上使ってます。グッズ:3万 漫画と小説:7万。」
  • 「イベントで購入出来ないので全て通販にシフトして購入したので、ついでにグッズを大量に購入している。」


◆調査概要
調査タイトル:【全国のオタクに聞きたい】BLにいくら注ぎ込む?BLお財布事情2020
有効回答数:1378
調査対象:「ちるちる」ユーザ及び「ちるちる」Twitterフォロワー 
調査方法:インターネットを用いたアンケート
調査期間:2020年3月18日(火)~2020年3月23日(日)
回答者平均年齢:約34歳
※今回の調査は、COVID-19で大きく影響を受けたユーザー様への配慮により、お金に対する直接的すぎる言葉を避けるため「お財布事情」という表現を採用しています。

【オタク女子マーケティング研究所 by ちるちる】

商業BLポータルサイト及びBLメディアの「ちるちる」が運営する、オタク女子たちのマーケティングに特化したメディア。2020年スタート。腐女子や夢女子など、オタク女性を取り巻くマーケットについての情報を発信していきます。

▼オタク女子マーケティング研究所
https://note.com/chill_chill

▼BLアワード2020記念冊子(本情報を掲載)
https://chill2.booth.pm/items/2109436

■広告掲載について
ちるちるでは、BL事業に関する10年以上のノウハウをもとに、各種広告・プロモーション企画メニューをご用意しております。
広告メニューに関しましては、バナー広告、アフィリエイト、記事広告、企業様のブログ記事掲載をはじめ、SNSや動画・配信を活用した広告・プロモーションまでサポートいたします。また、記事提供やグッズ・ノベルティ等の制作サポートなども承ります。その他、記事のみならず動画による認知拡大・ライブ配信にも力を入れており、番組やイベントへのBLソムリエ派遣も可能です。

上記以外にもBLファンに対するプロモーション、キャンペーン企画の総合的な実績をもとに、リアルイベントも含めたオーダーメイド型の柔軟な企画が可能ですので、BLコンテンツ・マーケティングに関する総合コンサルティングの窓口として、まずはご相談ください。BLファンの目線に立った貴社ならではの企画施策をご提案いたします。
その他、メディアとしてニュース告知、取材・インタビュー、イベントレポート等のご依頼も受け付けております。ぜひ情報をお寄せください。

ご希望の方は、以下よりお問い合わせください。


■サンディアスについて
会  社   名:株式会社サンディアス(https://sandias.jp/) 
本       社:東京都渋谷区渋谷3-9-10渋谷アサヒビル2階
代  表   者:代表取締役社長 井出洋 
設       立:2007年11月26日 
事 業 概 要: 商業BLのマーケティング、イベント企画、サイト制作、システム設計、及びコンサルタント。
「BLソムリエ powerd by AI」、合格率1.6%の超難関資格試験「BLソムリエ試験」、声優朗読劇「Chill Chill Box」等、幅広いサービスを提供。

※「BLソムリエ」は株式会社サンディアスの登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サンディアス >
  3. 【調査結果】BLファン「年間10万円以上消費」が最多!"withコロナ年"の腐女子消費行動