オリーブオイルに漬け込んだ「梅干し」を使用した東京茶寮の「梅茶漬け」がスタート!追いオリーブも可能。

世界初のハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」は、日本茶のさらなる新たな楽しみ方・スタイルを提案するべく、お茶漬けの代名詞とも言える「梅茶漬け」を、2018年7月24(火)からイートインメニューとして提供開始いたします。

 

お茶漬けといえば誰しもが一度は食べたことがある、「家庭の軽食」の代名詞です。しかしながら、近年はお茶を使用しない「だし茶漬け」が主流となっており、日本茶にもっと日常的に親しんでもらいたいと考える当店としては、お茶の風味を活かした本格的な「お茶漬け」を現代のライフスタイルに沿って提案したいと考えておりました。

当店では、2018年4月末〜5月末の期間限定で、茶葉をまるごと食べるタイプのお茶漬けを「お茶漬けスタンド東京茶寮」として提供し、テレビ取材をいただく等、おかげさまで想像を大きく上回る反響をいただきつつ一旦期間終了いたしました。

この度のお茶漬けメニュー再開にあたり、新たにお茶漬けの代表格である「梅茶漬け」を加えた、4種類のお茶漬けメニューを「ご予約分+1日10食限定」にて、提供開始いたします。梅のクエン酸とお茶のビタミンCで、この夏の熱中症・夏バテ対策を!


オリーブオイル漬けの梅干しを使用した「梅茶漬け」!

 

当店のお茶漬けは、たっぷりとふりかけられた茶葉をまるごと食べるスタイル。まさに「食べるお茶」。海苔のように見えるのは、やわらかい新芽のみを集めて作られた碾茶(てんちゃ)と呼ばれる茶葉です。抹茶を石臼で碾く前の原料であるこの碾茶に熱湯を注ぐことで、芳しいお茶の香りが抽出されるのです。


梅茶漬けの開発当初、お茶の渋みと合わせだしの旨味がしっかりと味のベースをつくる「お茶屋の本格茶漬け」は、酸っぱい梅干しとなかなかハーモニーを奏でてくれませんでした。酸味とお茶漬けの味わいが分離してしまっていたのです。

そこで、酸味と渋み・旨味のあいだを取り持つ役割としての「油分」に注目しました。
こうして2018年夏、異例の梅茶漬けが誕生したのです。

ニンニク・唐辛子を加えたオリーブオイル漬けの梅干しを使用することで、油分が全体をうまく調和させ、酸味がありながらもマイルドで重厚な本格茶漬けが完成しました。さらに、後半にオリーブオイルを加える「追いオリーブ(+50円)」もご用意。イタリアンな風味が増し、新感覚のお茶漬けが楽しめます。

好評を博した鰻(うなぎ)・鮭(しゃけ)・帆立(ほたて)のお茶漬けも再登場!
期間限定で提供していた鰻(うなぎ)・鮭(しゃけ)・帆立(ほたて)の3種のお茶漬けも再登場となります。

ご来店のお客様にお願い

東京茶寮は、日本各地の農家が生産したお茶を楽しんでいただける日本茶専門店です。お茶と同じく、お米やその他の農作物についても、フードロスを起こさず、ベストな状態でお客様に提供したいと考えています。
しかしながら、炊いたお米の量と日々のお客様のニーズをぴったり合わせることは難しく、前回のお茶漬けスタンド開催中には、お米が残ってしまったり、逆に全然足りなくなってしまい、国内の遠方からのお客様、ひいては海外からお越しのお客様にご足労をおかけしてしまったこともございました。お米のロスをなくしながら、せっかく足を運んでいただいたみなさまに喜んでもらえる方法はないだろうか・・・

今回、お茶漬けメニューの再開にあたり、ご来店のみなさまのご協力をいただきくことでその問題を解決できないかと考えております。それが、「ご予約分+1日10食限定」というご提供方法です。店舗としてお客様に予約のお手間を取らせてしまうこと、非常に限られた分の当日注文分しかお出しできないことは気が引けましたが、フードロスを見逃すことはできないということもあり、予約だけにしてしまった場合、情報がキャッチしにくい海外の方をお断りすることが多くなってしまうということを考え、このようなスタイルとさせていただきました。これらのことを東京茶寮にお越しいただく皆様と共有させていただき、お力を借りたいと思っています。

お手間ではございますが、ご来店時、あるいはお友達に共有、SNSでのシェアの際には極力、「ご来店時には予約を!」ということをあわせて周知いただけたら、嬉しいです。スタッフ一同より、皆様ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
東京茶寮予約ページ https://www.tablecheck.com/shops/tokyosaryo/reserve

お茶漬けの提供開始は、2018年7月24日(火)から、東京茶寮にて。お茶漬け好きのみなさまへ、お茶屋の本格茶漬けをご用意してお待ちしております。ご来店時は、こちらからご予約をお願いいたします!
https://www.tablecheck.com/shops/tokyosaryo/reserve

<東京茶寮のメニュー>
お茶屋の本格茶漬け 梅(うめ) 500円(税込)
お茶屋の本格茶漬け 鰻(うなぎ) 500円(税込)
お茶屋の本格茶漬け 鮭(しゃけ) 500円(税込)
お茶屋の本格茶漬け 帆立(ほたて) 500円(税込)
 ハンドドリップ日本茶で作るお茶漬け +150円(税込)
 生七味 +50円(税込)
 追いオリーブ +50円(税込)

煎茶2種+お茶菓子 1,300円(税込)
氷出し煎茶2種+香駿のレインドロップ 1,300円(税込) (2018年8月1日〜予約限定提供)
煎茶1種+お茶菓子 800円(税込)
 追加お茶菓子 +350円(税込)
 ティージェラート食べ比べ (焙煎違い 80℃/100℃/200℃) +350円(税込)

テイクアウト
 ひんやり冷茶 450円(税込)
 まろやか温茶 450円(税込)

お湯をかけるだけで、東京茶寮のお茶漬けが味わえる「お茶漬けの素」
「お茶屋の本格茶漬け」をご自宅でも食べられる「お茶漬けの素」を店頭・オンラインストアにて販売しております。

「お茶屋の本格茶漬け」 各700円(税込) 

内容物:おくみどり碾茶、具材(鮭×1/鰻×2/帆立×2)、お出汁、にこまる玄米

お召し上がり方:ご飯に碾茶とお出汁をふりかけ、具材とにこまる玄米をのせてお湯を注いでください。碾茶を噛むとお茶の渋みが感じられます。夏には氷を入れて、冷やしのお茶漬けもオススメ!

保存方法:常温(冷暗所で保存してください)
https://shop.greenbrewing.jp/




<店舗概要>

店舗名:東京茶寮
営業時間:平日 13:00〜20:00 / 土日祝 11:00〜20:00
所在地:東京都世田谷区上馬一丁目34番15号
アクセス:田園都市線 三軒茶屋駅 南口Bより徒歩7分
定休日:月曜日(祝日の場合翌日休み)
URL:http://www.tokyosaryo.jp/

新しい日本茶体験 green brewing
https://greenbrewing.jp/

LUCY ALTER DESIGN
https://lucyalterdesign.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LUCY ALTER DESIGN >
  3. オリーブオイルに漬け込んだ「梅干し」を使用した東京茶寮の「梅茶漬け」がスタート!追いオリーブも可能。