食の未来をともにつくる。飲食店のサステナビリティを支援するメディア「table source」をローンチ

飲食店・ホテルのサステナビリティを情報収集から調達・発信まで総合的に支援。食器のサーキュラーエコノミー実現に向けた「NIKKO Circular Lab」を同時開設。日本サステイナブル・レストラン協会に加盟。
洋食器メーカーのニッコー株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:三谷明子、以下ニッコー)は426日、新たに飲食店のサステナビリティを支援するウェブマガジン「table source(テーブルソース)」をローンチしましたので、お知らせいたします。また、同サイトの開設と合わせて、食器のサーキュラーエコノミーを推進する研究開発プロジェクト「NIKKO Circular Lab」を開始し、これらの取り組みを加速させるべく、日本サステイナブル・レストラン協会に加盟いたしました。今後、企業の枠を超えて様々なパートナーの皆さまと協働しながら、飲食店やホテル、食を取り巻く業界全体のサステナビリティ向上に取り組んでまいります。


なぜニッコーがサステナビリティに取り組むのか
ニッコーは石川県金沢市で1908年の創業以来、石川の土地に根付く豊かな食文化と美しい伝統に支えられ、110年以上にわたり上質な食器づくりに取り組んでまいりました。しかし、近年では美しい食器づくりに欠かせない上質な石や粘土などの天然資源が過剰採掘や宅地造成などにより年々枯渇傾向にあり、一部の原材料ではすでに調達価格の高騰が始まっています。

また、ニッコーの職人が一つずつ丁寧に仕上げた食器は、その上に美味しい料理が盛りつけられることで初めてその真価を発揮しますが、気候危機や土壌汚染、プラスチックによる海洋汚染など様々な環境破壊が原因で、私たちを取り巻く食の未来は危険にさらされています。豊かな食を守ることができなければ、その食を彩るニッコーの食器に活躍の場はありません。

ニッコーが次の100年も食器づくりを続け、これまでと同じように豊かな食とそれを楽しむ時間を守り続けていくためには、資源枯渇や気候危機といったサステナビリティ課題に対して生産者、シェフ、飲食店の皆さまをはじめとした食に関わる全ての方々とともに取り組んでいく必要があると考えます。

そのため、このたびニッコーでは、飲食店のサステナビリティを支援するオウンドメディア「table source」、食器のサーキュラーエコノミーを推進する組織横断型研究開発プロジェクト「NIKKO Circular Lab」を同時開設するとともに、様々なパートナーの皆さまとの協働に向けて日本サステイナブル・レストラン協会にも加盟いたしました。

飲食店のサステナビリティを支援する「table source(テーブルソース)」
「table source」は、創業以来110年以上にわたり陶磁器を中心とするものづくりを通じて飲食店やホテルの皆さまと歩みを共にしてきたニッコーが運営する、飲食店のサステナビリティを支援するウェブマガジンです。「table source」という名前には、飲食店のテーブルがより豊かで持続可能な料理で彩られ、それを囲む人々の笑顔が生まれるようなアイデアの「源(ソース)」になりたいという想いが込められています。サステナビリティやサーキュラーエコノミーに取り組みたい飲食店やホテルの皆さまの情報収集からサステナブルな調達、情報発信までをワンストップで支援します。

主な掲載コンテンツ:
・ニュース・コラム・インタビュー記事:国内外のレストランや食に関する最新のサステナビリティトレンドや事例、ノウハウを発信します。
・NIKKO Sustainable Solution(ニッコー・サステナブル・ソリューション):飲食店のサステナビリティ評価から社内浸透、サステナブル調達、広報までを一貫して支援します。
・NIKKO Sustainable Selection(ニッコー・サステナブル・セレクション):NIKKO Sustainable Selectioの一環として、環境や社会に配慮した、洗練されたプロダクトを紹介します。


サイト概要:
・サイト名:table source
・読み方:テーブルソース
・開設日:2021年4月26日
・主な対象読者層:飲食店経営者・ホテル経営者・シェフ・生産者の皆さま
・URL:https://www.table-source.jp

食器のサーキュラーエコノミーを実現する「NIKKO Circular Lab(ニッコー・サーキュラー・ラボ)」
ニッコーでは倫理憲章に「環境にやさしい企業」を掲げ、これまでにも資源の有効活用やリサイクル、省エネなどのサステナビリティ活動に取り組んでまいりましたが、次の100年も事業を継続するためには、大量に資源を採掘して大量に食器をつくり、割れたり欠けたりしたらすぐに廃棄するという直線型のリニアエコノミーから脱却し、食器の耐久性向上や回収・再資源化など、循環型のサーキュラーエコノミーへと転換を進める必要があると考えます。


ニッコーでは「100年後の、循環する未来をデザインする」をテーマに、原材料の調達から製造、利用、回収、リサイクルにいたるまで、陶磁器の事業に関わる一連のバリューチェーンにおいて、サーキュラーエコノミー(循環経済)の原則に沿った取り組みを進めてまいります。

具体的には、限られた資源を大切に活用し、普遍性のあるデザインと耐久性、機能性を兼ね備えた食器をつくります。その食器を無駄のないサステナブルな梱包でお客様の手元に届け、一枚一枚をできる限り長く使い続けていただく。使用後はその食器を回収し、リユースや修理、リファービッシュ、アップサイクルやリサイクルなどの取り組みを通じて循環を作り続けていくことを目指します。

循環型の食器づくりへの転換を通じて、ニッコーの大切なパートナーである飲食店やホテルの皆さま、そしてその先にいる一人一人のお客さまと地球全体のサステナビリティを高めていくことを目指して、組織横断型の研究開発プロジェクト「NIKKO Circular Lab」を開設しました。同ラボの詳細な取り組みについては、オウンドメディア「table source」上で公開・発信してまいります。


業界全体の共創に向けて「日本サステイナブル・レストラン協会」に加盟
サプライヤーとしての立場を越えて様々なステークホルダーの皆さまと協働・共創しながらレストランのサステナビリティ向上に貢献するため、ニッコーは英国に本部があるSRA(Sustainable Restaurant Association)の日本支部、日本サステイナブル・レストラン協会に加盟しました。今後、SRAとの協業により、食のサステナビリティを推進するために世界の飲食店・レストランが世界共通のセルフアセスメントとして使用しているツール「Food Made Good 50」の活用支援や、イベントなどを開催していきます。

5月19日(水)にSRAとハーチ共催のイベントにてニッコーが登壇します。
「コロナの先にあるレストランの未来~飲食業界のサーキュラーエコノミーを考える~」
詳細はこちら:https://circularrestaurantevent.peatix.com

 

ニッコー株式会社について
ニッコー株式会社は、1908年に創業した陶磁器メーカーです。一流ホテル、一流レストラン、有名百貨店などで多数ご採用いただいております。最高の品質と品位を提供するため、原料加工から最終工程に至るまで、石川県の自社工場で一貫して製造を行なっています。大規模な製造量を誇る洋食器メーカーでは日本で唯一の存在です。

日本サステイナブル・レストラン協会について
日本サステイナブル・レストラン協会は、2010年にイギリスで創設されたSRA(Sustainable Restaurant Association)の日本支部です。SRAは、外食産業のサステナビリティを高めることをミッションとし、英国から、香港、日本、ギリシャへ広がり、今後はハンガリー、チリ、台湾、その他へと拡大しています。料理界のアカデミー賞と呼ばれる「世界のベストレストラン50」という権威あるレストランの格付けにおいて、「サステナブル・レストラン賞」の評価を行っている団体でもあります。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニッコー株式会社 >
  3. 食の未来をともにつくる。飲食店のサステナビリティを支援するメディア「table source」をローンチ