エステックプロ合同会社がメリディアン、M1のダイブコンピュータ オーバーホールサービス開始を記念し、Gプロテクター無料キャンペーンを実施。

日本国内で唯一のSCUBAPRO公認ダイレクトサポートセンターのエステックプロのダイブコンピュータ オーバーホールサービスに新たな機種が追加。

エステックプロ合同会社(本社:神奈川県横浜市西区花咲町4-123-2-1F、代表:前西浩二)のダイブコンピュータ オーバーホールに新たな機種が追加。Gプロテクター無料キャンペーンを実施。
【ダイブコンピュータ オーバーホール対応機種にM1、メリディアンが追加】

新規オーバーホール対応機種

メリディアン / M1

従来オーバーホール対応機種

Xtender V3 / Xtender Quattro / Xtender 5 

【ダイブコンピュータ オーバーホールとは】
ダイブコンピュータを分解、各パーツを洗浄し、バッテリー・パッキンを新品に交換します。
長らく使用されているダイブコンピュータほど、汚れや潮、砂等がボタン部分やセンサー部分にたまることにより、サビが発生しやすくなります。サビ付いてしまうと、ボタンの動作が固くなったり、防水機能の劣化に繋がります。エステックプロのダイブコンピュータ オーバーホールでは、潮、サビなどの汚れの除去は勿論、パッキンも全て新品に交換、グリスアップしますので、ボタン動作の回復とダイブコンピュータの長持ちに大いに貢献します。

ダイブコンピュータ オーバーホールの作業の流れにつきましては、下記をご覧ください。
https://s-tecpro.jp/maintenance-dcoh

【Gプロテクター無料キャンペーンにつきまして】
該当のダイブコンピュータ オーバーホールサービスをお申し込みのお客様全員を対象に、ダイブコンピュータの画面部分を保護するディスプレイ保護ガード「Gプロテクター」を無料でおつけ致します。オーバーホール終了後、画面にGプロテクターを装着し、ご返却いたします。

【Gプロテクター】



【Gプロテクター取付けイメージ】

【ダイブコンピュータ オーバーホールのお申込みにつきまして】
お申込みはエステックプロのお申し込みフォームより承っております。

お申し込みフォーム
https://s-tecpro.jp/form


【エステックプロとは】
エステックプロは2017年9月に設立された日本で唯一のSCUBAPRO公認ダイレクトサポートセンターです。SCUBAPROで経験を積んだダイビング器材メンテナンスのプロフェッショナルであるメンテナンススタッフが、長年の経験に裏打ちされた技術力でSCUBAPRO製品のメンテナンス・修理を行います。エステックプロでしか取扱のないダイビングメンテナンス機器やSCUBAPRO純正パーツも多く取り揃え、30年以上のキャリアを持つテクニカルサービストレーナーによる安心のサポートが受けられます。ダイブコンピュータのバッテリー交換やオーバーホール、各種軽器材の修理など、あらゆるスキューバプロ製品のメンテナンスに対応し、2019年にはTUSAブランドのダイビング器材メンテナンス・オーバーホールも対応開始。代引決済やペイパル決済など、多様な決済方法にも対応しています。

【会社概要】
会社名:エステックプロ合同会社
代表:前西浩二
創業:2017年9月
所在地:​〒220-0022 神奈川県横浜市西区花咲町4-123-2-1F
電話番号:045-326-6797
事業内容:スキューバダイビング器材のメンテナンスサービス
URL:https://s-tecpro.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エステックプロ合同会社 >
  3. エステックプロ合同会社がメリディアン、M1のダイブコンピュータ オーバーホールサービス開始を記念し、Gプロテクター無料キャンペーンを実施。