Hmcomm、音のデータアノテーションの領域で、戦略的パートナーシップの締結で基本合意いたしました。

- AIによる音声/感情認識精度向上において、DefinedCrowdと協業へ -

2019.4.25                          Hmcomm株式会社

ディープラーニングを活用し音から価値を創造する、国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:中鉢 良治、以下 産総研)発ベンチャーHmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三本 幸司 http://www.hmcom.co.jp/ 、以下 Hmcomm)は、DefinedCrowd Japan 株式会社(本社:東京都千代田区、ファウンダー兼CEO:ダニエラ ブラガ、以下「DefinedCrowd」)と、AIによる音声と感情のデータアノテーション領域において戦略的パートナーシップを確立することを目的として基本合意したことを発表いたします。

近年のAI技術の急激な進歩により、各企業においては、AIを活用した業務改善や課題解決への取り組みを加速しています。 このような状況のもと、Hmcommは、AIベンチャーとして、音響認識を核としたソリューションを創出し、社会実装を積み重ねてまいりました。音声や感情の認識においては、辞書のモデル学習に注目されがちですが、音声と感情のアノテーションは、辞書のモデル学習と並んで重要なプロセスとなります。DefinedCrowdは、機械学習×により効率的かつ、信頼性の高いアノテーション業務を提供しており、その精度や作業効率は、同市場において高い優位性を確保しています。

今回の業務提携に関して、DefinedCrowdファウンダー兼CEOのダニエラ ブラガ氏は下記のようにコメントしています。
「Hmcommとのパートナーシップ合意をたいへん光栄に思います、ソニーの投資先かつ、日本における音声認識技術のリーダーを担う企業とのコラボレーションは、私たちにとってまたとない機会です。DefinedCrowdの高品質なトレーニングデータによって、Hmcommのモデル強化のお手伝いができることをたいへん嬉しく思います」

また、本リリースにあたり、ソニー株式会社より、エンドースメントをいただいております。
「ソニーグループの投資先であるスタートアップ2社間での戦略的パートナーシップ締結の基本合意について、心よりお喜び申し上げます。Machine Learningを活用した音声認識精度最大化の両輪となる「アルゴリズム」、「トレーニングデータ」それぞれの領域において、数多くの導入実績と顧客数を持つ両社が連携することにより、新技術のさらなる社会実装が推進され、画期的な顧客体験がもたらされることを期待しております」
ソニー株式会社 イノベーションファンド室 シニアインベストメントマネジャー 北川 純氏

 両者の強みを活かした戦略的パートナーシップの構築は、“AI×音”の利活用をさらに広げていくことに繋がります。Hmcommは“ 音の専門家集団” として様々なイノベーションをこれからも、起こしてまいります。

【DefinedCrowd社について】
●会社名 : DefinedCrowd Crop.
●URL  : http://www.definedcrowd.com/
●設立日 : 2015年8月13日
●所在地 : 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル2階
●事業内容: 機械学習で利用するトレーニングデータをヒューマン・イン・ザ・ループ(人間参加型)によって最適化する事業を展開。世界53か国で10万人のタスクワーカーを「Neevo」というコミュニティとして抱えており、音声、自然言語、コンピュータービジョンの3つの分野で高品質なトレーニングデータを提供している。

【Hmcomm株式会社について】
●会社名 : Hmcomm株式会社
●URL  : http://www.hmcom.co.jp/
●設立日 : 2012年7月24日
●所在地 : 本 社    東京都港区芝大門2-11-1 富士ビル2階
       熊本AIラボ 熊本県熊本市中央区水道町7-16 富士水道町ビル2階
●事業内容: 産総研発のベンチャー企業として、産総研独自の音声処理技術を基盤とした要素技術の研究/開発、 ソリューション/サービスの提供を行っております。
音声処理プラットフォーム「The Voice」と異音検知プラットフォーム「FAST-D」を基盤とし、「 音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会に貢献する  」を理念としています。
●関連ライセンス取得特許
特許4604178「音声認識装置及び方法ならびにプログラム」
特許4997601「音声データ検索用WEBサイトシステム」
特許5366169「音声認識システム及び音声認識システム用プログラム」

【国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)について】
日本最大級の公的研究機関として日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化するための「橋渡し」機能に注力する研究所。全国10か所の研究拠点で約2,000名の研究者がイノベーションを巡る環境の変化やそれらを踏まえて策定された国家戦略等に基づき、イノベーション・ナショナルシステムの中核的、先駆的な立場で研究開発を行っています。
  1. プレスリリース >
  2. Hmcomm株式会社 >
  3. Hmcomm、音のデータアノテーションの領域で、戦略的パートナーシップの締結で基本合意いたしました。