ヒューマノーム研究所、東京医科歯科大学と手術ナビゲーションシステムのAI開発に関する共同研究を開始 〜日本内視鏡外科学会総会で講演

安全性が高く侵襲性の少ない腹腔鏡下・ロボット手術の普及を目指し、ロボット手術の手技取得サポートシステムを共同開発します。本成果は2021年3月12日の第33回日本内視鏡外科学会学術総会にて発表します。

株式会社ヒューマノーム研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀬々 潤、以下「当社」)は、国立大学法人東京医科歯科大学(所在地:東京都文京区、学長:田中 雄二郎)と「人工知能技術を用いた手術ナビゲーションシステムの研究」に関して、共同研究契約を締結いたしました。この提携を通じて、胃癌に対する低侵襲手術(腹腔鏡下手術、ロボット支援下手術)における膵周囲切離ライン(膵臓領域)の予測を実施し、AIが術者の補助となる可能性を示す結果を得ました。本成果については、2021年3月12日に日本内視鏡外科学会学術総会にて発表いたします。
https://humanome.jp/20210312tmdu/

 

日本は超高齢化社会を迎え、病院における手術件数も年々増加傾向にあります。一般的な開腹手術は侵襲性が高く、術後の社会復帰まで10〜14日程度の日数を必要とするため、患者に身体的な負担・生活上の負担が大きくのしかかります。この問題点の解決に向け、開腹を避け、少数の穴をあけるだけで手術できる、腹腔鏡下手術やロボット手術が脚光を浴びています。退院までの日数が短く、患者の身体的負担が少なく済む利点の一方、近年急速に普及した手技のため、現状では実施できる病院が限られます。加えて、術者の視野がメスに隣接したカメラに限定され、通常の視野とは異なることが、外科医の手技習熟を妨げてきました。
 


この問題を克服するため、AIを活用した「外科医の手技習得育成システム整備」と「術中の医療ミスを避けるサポートシステム」の開発に向けた本共同研究を開始いたしました。さらに、この成果を、2021年3月12日(金)に行われる第33回日本内視鏡外科学会学術総会「特別企画10・AIが切り拓く次世代の内視鏡外科」にて発表いたします。
  • 発表タイトル: Development of navigation system for gastric cancer surgery using artificial intelligence
  • 発表者:佐藤 雄哉先生、絹笠 祐介先生(東京医科歯科大学 消化管外科学分野)

本成果は、より侵襲性の少ない手術手法の普及に貢献します。この共同研究開始に先立ち、株式会社ヒューマノーム研究所は 当社が開発する物体検知モデル開発システム・Humanome Eyesの特別カスタマイズ版を東京医科歯科大学に提供いたしました。本システムを用いて、腹腔鏡下手術を専門とする医師が術中写真のアノテーションを実施したデータを元に、胃がん手術のナビゲーション用AIモデル開発を行いました。

今後は、より多様な環境下における臓器認識や手術ナビゲーションの実現に向け、さらなるAIモデルの改善を実施し、現場の手術システムへの応用を目指します。


【株式会社ヒューマノーム研究所 会社概要】


「人間とは何かー」 最先端人工知能(AI)技術の開発・活用と、健康のあり方を変えるデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することにより、人間とそれを取り巻く環境を理解し、個々が自分らしく楽しく暮らせる健康社会を実現する研究所です。

 
  • 会社名: ヒューマノーム研究所
  • 所在地: 東京都中央区築地2-4-10 SAテンハウス2階
  • 代表者: 代表取締役社長 瀬々 潤
  • URL:https://humanome.jp/
  • 事業内容: ヒトやヒトの理解に向けたAI・データ解析技術の研究開発、生体・環境計測によるDX推進に関するAI技術支援・共同開発、AI開発普及に向けたノーコード環境開発 等
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒューマノーム研究所 >
  3. ヒューマノーム研究所、東京医科歯科大学と手術ナビゲーションシステムのAI開発に関する共同研究を開始 〜日本内視鏡外科学会総会で講演