「東京サステナブルシーフード・シンポジウム2020」に参加

アラスカシーフードマーケティング協会(本部:米国アラスカ州ジュノー)は、2020年11月4日‐6日/9日‐11日にオンライン開催された「東京サステナブルシーフード・シンポジウム2020」に参加いたしました。

「東京サステナブルシーフード・シンポジウム」は、サステナブルシーフードに特化したアジアで最大級の国際シンポジウムです。行政、企業、NGO、研究機関から招かれたスピーカーの講演や参加者同士の交流を通じて、豊かな魚食文化や海洋生態系を未来に残すための様々な機会を創出するために開催されています。アラスカシーフードマーケティング協会は、3年連続で参加いたしました。

今年は、「ニューノーマル時代のサステナブル・シーフードとブルーエコノミー ~食・魚・経済を守る~」と題して開催され、株式会社そごう・西武 CSV推進室 担当部長 薄井徹氏を迎え、当会のトレードレプレゼンタティブの家形晶子と、「そごう・西武、持続可能な水産物アラスカシーフードの活用事例」について対談いたしました。

セッション内容は、以下となります。
  • アラスカのシーフードサステナビリティー
  • セブン&アイグループの環境宣言『GREEN CHALLENGE 2050』
  • そごう・西武のサステナビリティ関連の取り組み
  • そごう・西武におけるアラスカシーフードの「サステナブルシーフード」としての活用事例

アラスカシーフードマーケティング協会は、今後もサステイナブルな漁業とシーフードについて、啓発活動・マーケティング活動に従事して参ります。


アラスカシーフードマーケティング協会ついて
アラスカシーフードマーケティング協会(ASMI)は、「持続可能(サステイナブル)」な水産資源を活用した経済発展を促進するために設立された、アラスカ州とアラスカ水産業界の官民パートナーシップです。アラスカ産水産商品の価値を向上させることを目的に、一般消費者、業界関係者を対象とした様々な活動を世界各国で展開しています。詳しくは公式ウェブサイト、公式SNSをご覧ください。

公式ウェブサイト: https://japanese.wildalaskaseafood.com/
Instagram: @alaskaseafoodjapan
Facebook: @ASMIJapan
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アラスカシーフードマーケティング協会 日本事務所 >
  3. 「東京サステナブルシーフード・シンポジウム2020」に参加