6月21日(月)清華大学・立木奨学金授与式開催今年で10年目の実施、これまで累計3ヶ国、16大学、約300人の学生に授与

総合教育企業の京進は2021年6月21日(月)、優秀な海外の学生を経済的に支援する「立木奨学金」の授与式を、オンラインで行いました。今回、奨学金が授与されたのは、中国でも有数の大学である清華大学(北京市)の学生5名です。立木奨学金は毎年、提携のある大学からの推薦により選考。授与式は現地に赴き、本奨学制度への思いを学生たちに伝えながら直接の交流を大切にする開催となりますが、新型コロナウイルス感染症による各国間の入国制限も続く状況下にあるため、昨年に引き続いて、京進本社と清華大学をオンラインで結んでの開催となりました。
立木奨学金は京進グループ創業者・会長の立木貞昭が個人のお金で始めた国際貢献活動のひとつで、人のために行動できる次世代のリーダーにふさわしい学生を経済的に支援することを目的に2011年に創設され今年で10年目を迎えます。2012年には一般社団法人「国際教育文化医療支援交流機構」を設立し、本奨学金をはじめ、教育・文化・医療の支援や交流、研修などの事業などを行い、国際的な社会貢献活動をしています。立木奨学金は、優秀な成績や研究成果だけでなく、正義感や社会貢献などの経験も選出理由となっていることが特徴です。これまでに3ヶ国16大学、約300人の学生に授与され、過去の奨学金授与者には学術界や経済界など広い分野で活躍する方がいます。

今回の授与式では、奨学金授与者の立木から「常にあるべき姿を考え、理想を実現するために現状を変革する行動をしてほしい。リーダーに必要なことは利他主義であり、人々から感謝される人生を歩んでくれることを期待する」というメッセージが送られました。学生の代表 张贝尔(チョウ カイジ)さんからは、自身のスポーツを通じてのチャリティー活動での社会貢献と、こうした経験から得られた喜びや達成感、未来への抱負などのスピーチがありました。オンラインでの開催でしたが、双方の画面には笑顔がたえず見られる和やかな式となりました。

京進グループでは、経営理念のひとつである「日本と世界の教育・文化の向上、社会の進歩と善良化に貢献する」ための社会貢献活動を通じて、日本と諸外国との交流活動を続け、ステキな大人が増える未来を作っていきたいと考えています。

 

【清華大学・立木奨学金授与式 概要】

■日時:2021年6月21日(月)11:00(現地時間10:00)
■会場:京進と清華大学(社会科学学院)をオンラインで繋ぎ開催
■奨学金授与者:5人
 

【立木奨学金について (https://www.kyoshin.co.jp/group/effort/scholarship/

【立木奨学金 授与実績】
(中国)貴州大学、貴州民族大学、湖南大学、中山大学、長沙明照日本語専修学院、中南大学外国語学院
中南大学看護科、大連大学、清華大学、宜春大学、九江職業大学、承徳護理職業学院、
北京対外経済貿易大学
(ミャンマー)マンダレー外国語大学、タウンジー大学
(タイ)ラチャマンガラ工科大学


【京進グループについて】
京進グループは、グループビジョンとして「ステキな大人が増える未来をつくる」を掲げています。保育や、教育、キャリア支援、介護など、人の一生に寄り添うことで、「ステキな大人」が増える未来をつくる世界の実現を目指します。

株式会社京進
本社:〒600-8177京都市下京区烏丸通五条下る大坂町382-1
設立:1981年4月
代表取締役社長:福澤 一彦
事業内容:総合教育サービス(幼児から高校生までの学習塾、個別指導教室のフランチャイズ事業、英会話、日本語教育)、保育、介護事業、フードサービス事業、キャリア支援
従業員数:1,987名(連結2020年5月末現在)
電話番号:075-365-1500(代表)
URL:https://www.kyoshin.co.jp/group/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社京進 >
  3. 6月21日(月)清華大学・立木奨学金授与式開催今年で10年目の実施、これまで累計3ヶ国、16大学、約300人の学生に授与