AIで視覚化、中古マンション価格と賃料の関係

スイス発の不動産テック企業、PriceHubble(プライスハブル)は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の中古マンションの「表面利回り」についての調査レポートを発表しました。各市区町村について、自社のAI査定によって中古マンションの価格、賃料相場を算出。表面利回り(賃料 / 価格)のヒートマップを作成しました。
マンション価格と賃料の関係:一都三県
下のマップは、一都三県の中古マンションの「表面利回り」(賃料 /  価格)を表しています。
赤いエリアが表面利回りが高く、青が低くなります。

東京都心は4%を切り、郊外は高くなります。
つまり、東京都心は、賃料に比べて価格が高く、郊外は低くなります。

マンション価格と賃料の関係:東京23区
次に、東京23区内で比較します。

 


23区の中では、足立区、葛飾区、江戸川区の利回りが高く、5%を超えています。一方で、港区、渋谷区の利回りが最も低く、3.5%未満です。

都心からの方角で見ると、城北、城東の利回りが高く、城南、城西の利回りが低くなっています。
城東、城北は、23区内では「お買い得に」マンションが購入できることが分かります(*賃料と価格のバランスのみを考えれば)。

東京23区:利回りが高い順トップ5


東京23区:利回りが低い順トップ5

東京23区と市部の比較
一般的に東京市部は、23区よりも利回りが高いです。しかし、武蔵野市、国分寺市など都心に近い市の利回りは、23区の一部の区よりも低い場合があります。

 

【調査概要】
調査期間:2021年12月時点
調査方法:弊社のAI査定技術による価格推定
価格、賃料は、PriceHubbleのAI査定モデルを使い、2005年築の中古マンション物件にて算出しています。実際の売出し物件のデータを使用すると、エリアごとに含まれる物件の条件が異なりますが、AI査定を使うことで、同じ条件で比較することができます。

本件お問い合わせ先: media@pricehubble.com
本記事のような、不動産データ、AIを使ったリサーチのご依頼も承っております。お気軽にご相談ください。

PriceHubble(プライスハブル)について
PriceHubbleは、スイスの不動産テック企業です。不動産査定とマーケット・インサイトに基づいた革新的なデジタルソリューションを、不動産業界向けに提供しています。当社のプロダクトは、ビッグデータ、最先端の分析、優れたビジュアライゼーションを駆使し、市場に新たな透明性を生み出します。当社の顧客はデータがもたらす正確なインサイト(不動産査定、マーケット分析、トレンド予測など)に基づいて、不動産や投資の意思決定を行い、お客様との対話を強化することができます。PriceHubbleのデジタルソリューションは、不動産バリューチェーン全体(銀行、アセットマネージャー、デベロッパー、プロパティマネージャー、不動産仲介業者など)をサポートするように設計されています。当社はすでに9か国(スイス、フランス、ドイツ、オーストリア、日本、オランダ、ベルギー、チェコ共和国、スロバキア)で事業を展開し、世界に150名の社員を擁しています。
https://www.pricehubble.com/jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プライスハブルジャパン >
  3. AIで視覚化、中古マンション価格と賃料の関係