メチャキラが岐阜医療科学大学に光触媒コーティング

〜 《光触媒を施工した安心安全な学校生活をご提案》 〜

メチャキラ(有限会社 セグーロ 本社:岐阜県大垣市、代表取締役:河合 仁)
岐阜医療科学大学 可児キャンパスで学生がコロナ禍においても安心安全に過ごせる為に光触媒施工を導入されました。
光触媒施工には、効果が最も高く実証された(※)日本光触媒センター株式会社のサガンコートが使用されています。
岐阜医療科学大学では多くの人が触れるテーブルや椅子、ドアノブ等に光触媒施工を行い学生の皆様に安心して過ごしていただける環境作りを目指しています。
同校はワクチン大規模接種会場としての運用も決まっており、県民の皆様が安心して来場して頂けるための提案を続けております。
※㈲セグーロ調べ


施工日時

2021年6月26日

施工場所
岐阜医療科学大学 可児キャンパス 本カフェ
住所
〒509-0261 岐阜県可児市虹ケ丘4丁目3-3
URL:https://www.u-gifu-ms.ac.jp/


目では確認できない汚れを測定し数値化するATP検査では施工前『18947』から施工後『1004へ減少しており、高い光触媒効果が出ている事が確認できます。 


《光触媒LIFE》について
日本光触媒センター株式会社が提供する高品質光触媒剤:サガンコートを用いた、抗菌・抗ウィルス施工サービス。
可視光応答の光触媒は特許を取得しており、室内のわずかな光や暗所でも抗菌・抗ウィルス効果を発揮する。
昨今、市場拡大を続ける光触媒のコーティング施工において、正しい施工方法、ノウハウを提供しており、加盟店自身が営業して成約した案件についてはロイヤルティが不要など、事業採算がとりやすいビジネスモデルになっている。昨今、同様のFC事業から乗り換えて加盟する事業者が徐々に増えている。
HP:https://www.jphoc.jp/life/about/

またサガンコートをTシャツに塗布し洗濯し成分の残存率を計測した試験では、30回洗濯したのちも70%のニオイを分解する結果を得ているなどから、長時間の効果が期待でき、同液剤を使用したブロッキンは一般消費者でも光触媒を身近に使用することができるアイテムだ。
ブロッキンは一般的には使い捨てる不織布マスクに使用でき、繰り返し使えることにより、ごみを削減でき地球環境にも優しい取り組みにもつながる。
HP:https://www.jphoc.jp/blockin/


【会社概要】
会社名:メチャキラ (有限会社セグーロ)
所在地:岐阜県大垣市
代表者:河合 仁
設立:2001年10月
URL:https://hikari.mecha-kila.com/
事業内容:光触媒コーティング

【お客様からのお問い合わせ先】
メチャキラ
TEL:0584-73-0066
e-mail:info@mecha-kila.com
担当:浅井

【会社概要】
会社名:⽇本光触媒センター株式会社 (東証2部:Abalanceグループ CD:3856)
所在地:佐賀県武雄市⼭内町⼤字宮野字松ノ⽊原22646
代表者:増⽥ 裕⼀郎
設⽴:2001年8⽉
URL:https://www.jphoc.jp/
<事業内容>
・光触媒酸化チタンコーティング剤とそれを利⽤した製品の製造販売
・建築の企画、設計、施⼯
・陶磁器の製造販売
・前各号による⼀切の業務

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
<⽇本光触媒センター株式会社>
TEL:0120-567-371(9時〜17時/平⽇)
Mail:info@jphoc.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本光触媒センター株式会社 >
  3. メチャキラが岐阜医療科学大学に光触媒コーティング