「2018年8月 スマートフォンカメラの画質比較調査」

最新最上位スマートフォン5機種の画質比較、得票数が最も多かったのは「HUAWEI P20 Pro」

MMDLabo株式会社(東京都港区、代表取締役:吉本浩司)が運営するMMD研究所は8月29日に発表したスマートフォンカメラの利用に関する調査(※1)の続編として、2018年8月17日~8月20日の期間で15歳~69歳の男女1,800人を対象に「スマートフォンカメラの画質比較調査」を実施致しました。
※1「スマートフォンカメラの利用に関する調査」2018年8月29日に発表(https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1733.html
今回の調査では、第1弾の「スマートフォンカメラの利用に関する調査」の結果に基づき、当研究所が実際に最新機種のスマートフォンカメラで撮影を行いました。
前回の調査で撮影シーンとして上位だった「人物、風景の写真」や、スマホカメラに求める機能で上位だった「手振れ防止機能、ピントが正確に合う機能、暗い場所でもきれいに撮影できる機能」、そして、スマホカメラへの不満点としてあがった「暗がりでの画質、手ぶれ補正、ズーム後の画質」といった項目で撮影した写真でブラインドテスト(メーカー名やブランド名を伏せて行うテスト)を行い、最もキレイに撮影されていると思うものを選んでもらいました。
_________________________________________________
 

■最新最上位スマートフォン5機種の画質比較、得票数が最も多かったのは「HUAWEI P20 Pro」
スマートフォンのカメラ機能を利用している15歳~69歳の男女1,800人に、最新最上位機種のスマートフォンで撮影した19のシチュエーションの写真と1つの動画を見せ、それぞれのシチュエーションで最もキレイに撮影されていると思う写真、動画を一つずつ選んでもらった。
各シチュエーションで獲得した票数の平均値を出したところ、最も票を得たのは「HUAWEI P20 Pro」で、20シーン中7シーンで1位を獲得し、平均520票。次いで「Galaxy S9+」が平均406票、「Xperia XZ2 Premium」が平均400票、「iPhone Ⅹ」が平均239票、「AQUOS R2」が平均233票という結果だった。

最も票数の多かったHUAWEI P20 Proは第1弾調査でスマホカメラに求める機能や不満として挙がった「暗がりでの画質」や「ズーム後の画質」の評価が高く、暗がりの撮影シーンはすべて1位を獲得した。次いで票数の多かったGalaxy S9+は、よく撮影するシーンで上位として挙がった「人物の写真」が自撮り、ポートレートを含めて評価が高かった。続いて票数の多かったXperia XZ2 Premiumは、「風景の写真」や「料理の写真」といった項目で評価が高かった。今回は写真以外に動画についても1シーンのみ聞いているが、動画の評価が最も高かったのはAQUOS R2となった。

詳細な結果は下記の数表のとおり。

※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※本調査の結果は、各スマートフォンの画質を保証するものではございません。特定条件にて撮影された写真を、インターネット調査にて回答者にキレイと思うものを選択していただいたものです。
※本リリース内の画像は実際にアンケートを配信した写真を縮小したものです。
※データは以下のページにて会員登録後にダウンロード可能です(無料)
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1734.html
_________________________________________________
■調査概要
「2018年8月 スマートフォンカメラの画質比較調査」
・ 調査期間:2018年8月17日~8月20日
・ 有効回答:1,800人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:スマートフォンのカメラ機能を利用している15歳~69歳の男女
・ 設問数:20問
・ 写真撮影端末
①AQUOS R2 :
 アウトカメラ①約2,260万画素 アウトカメラ②約1,630万画素
 インカメラ約1,630万画素
②Galaxy S9+:
 アウトカメラ①約1,200万画素 アウトカメラ②約1,200万画素
 インカメラ約800万画素
③HUAWEI P20 Pro :
 アウトカメラ①約4,000万画素 アウトカメラ②約2,000万画素 アウトカメラ③約800万画素
 インカメラ約2,400万画素
④iPhone X:
 アウトカメラ①約1,200万画素 アウトカメラ②約1,200万画素
 インカメラ約700万画素
⑤Xperia XZ2 Premium:
 アウトカメラ①約1,920万画素 アウトカメラ②約1,220万画素
 インカメラ約1,320万画素
・ 写真撮影方法
アスペクト比は4:3を選択
各端末それぞれ4:3の中の最大ピクセル数を選択(※Q19のみ、4:3の最も低い解像度を選択)
インカメラ撮影時カメラから被写体までの距離は全て女性の腕を最大限に伸ばした状態
ズームは5倍ズームと8倍ズームで行った(※AQUOS R2のみズームを測る数値がないため、5倍ズームは他端末のサイズに合わせてズームを行い、8倍ズームは最大ズームで撮影)
動画はすべてフルHDを選択して撮影
_________________________________________________
■今回調査した全設問
・ 次の画像の内、最もキレイに撮影されていると思うものをひとつだけ選んでください。

※これより大きな画像は会員登録後(https://mmdlabo.jp/)にダウンロードが可能です。
_________________________________________________
≪本調査のご利用について≫
MMD研究所にて無償公開しているWEBサイト内の文書、及びその内容についての無断転載等は原則としてご遠慮頂いております。
データの利用または引用の可否はその内容によりますので、まずは掲載範囲、用途・目的、メディアなどを記載してメールにご連絡ください。
追って担当者よりご連絡いたします。著作物の二次利用に関しては、以下の条件にすべてあてはまる場合、個別の許諾なしにこれをみとめます。
・ 営利を目的としないこと
・ それによって経済的な利益を得ることがないこと
※販促に利用されたい企業様はお問い合わせください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MMDLabo株式会社 >
  3. 「2018年8月 スマートフォンカメラの画質比較調査」