<イベント開催レポート>ヤバイTシャツ屋さんが一日レジ研修にチャレンジ抜群のチームワーク発揮!長蛇の列を見事にゼロに!ガチャの“当たり”出現でファン大喜び、手渡しで私物プレゼント

~NEWシングル「パイナップルせんぱい」発売開始~2017年9月20日(水)渋谷ヴィレッジヴァンガードにて開催

~ロッテ「キシリトールガム」発売20周年記念プロジェクト~
「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」20challenge 第9弾
「ヤバイTシャツ屋さんのヤバイガム屋さん」
 株式会社ロッテは、ガムを噛むことで生み出されるエネルギーで夢のある社会をつくりあげていく「キシリトールガム」発売20周年記念プロジェクト「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」を展開しています。このたびプロジェクトの一環として、20challengeと題し、2017年9月20日(水)に渋谷ヴィレッジヴァンガードにて「ヤバイTシャツ屋さんの“ヤバイ”ガム屋さん、一日レジ研修」企画を実施いたしました。

 本企画は、ヤバイTシャツ屋さんが何味がでるかわからない「 “ヤバイ ”ガム屋さん」を期間限定でオープンするものです。フレーバーは「ヤバ味」と「パリピ味」と名前からはどんな味か想像できない名前になっています。ガムの配布は、ヴィレッジヴァンガードにて同日発売のNEWシングルをお買い上げの方に配布となります。渋谷店では、今回の企画の為に特別注文した、巨大ガチャにてガムをゲットして頂けます。
 同日発売のNEWシングル「パイナップルせんぱい」にはこのプロジェクトのために書き下ろしした「とりあえず噛む」も収録されています。

 一日レジ研修に挑戦するにあたり、ヤバイTシャツ屋さんは「緊張しています。」と棒読みのロボットのようなアクセントで答え、緊張とは裏腹なリラックスムードで研修が始まりました。レジ研修では、ファン一人一人と会話しながら、時にはしばたありぼぼさんが大声で乱れた列をととのえるという場面もありながらも、レジ対応とガチャ対応で別れて見事な連携を取りながら、長蛇の列も30分で解消という手際のよさを披露しました。

 イベント中、奇跡的に最後のガチャの当たりがでた時は、会場がざわつき、当たりを出した方にしばたありぼぼさんが最後の私物「首の詰まったタンクトップ」を手渡しでプレゼントしました。ファンの方は「めっちゃ嬉しいです。絶対着ます。」とコメントしていました。

 イベントに参加したファンの方は、時折会場に大声で呼びかけるヤバイTシャツ屋さんの呼びかけに元気よく応え、会場は終始にぎやかな雰囲気で、無事にレジ研修を終えました。



















ヤバイTシャツ屋さんの「“ヤバイ”ガム屋さん」OPENイベントの様子

 









 












ヤバイガム屋さん概要

■企画概要  :「ヤバイTシャツ屋さん」が何味がでるかわからない「ヤバイガム屋さん」をヴィレッジヴァンガード内にオープン。「ヤバイTシャツ屋さん」監修の元生み出された、何味かわからない2種類のガムをガチャカプセルにいれてサンプリング。
■フレーバー :①パリピ味  ②ヤバ味
■期間    :2017年9月20日(水)~約1ヵ月間
■実施場所  :ヴィレッジヴァンガード渋谷新店舗他、全国のヴィレッジヴァンガード30店舗
■配布方法  :≪渋谷店≫タンクトップくん型のオリジナル什器(ガチャ形式)
(500円(税込)毎お買い上げの方にガチャコインをプレゼント)
≪他店舗≫500円(税込)毎お買い上げの方にプレゼント
■パッケージ :ヤバイTシャツ屋さん監修の元、今回のためにデザインされた特別パッケージです。

■リーフレット :ガチャカプセルの中に、ヤバイTシャツ屋さんによる味の解説・今回のプロジェクトの内容を紹介している、ミニリーフレットがついてきます。渋谷本店限定です。


■ヤバイTシャツ屋さんの“私物”プレゼント!
ガチャカプセルの中に、当たり券が入っていた方にヤバイTシャツ屋さんの“私物”をプレゼントします!
景品は、レジで当たりの紙と引き換えにお渡しします。当たり券は渋谷本店限定です。
※当たり券は終了いたしました。


イベント開催概要
■名称 :「ヤバイTシャツ屋さんのヤバイガム屋さん」
■日程 :2017年9月20日(水)
■会場 :ヴィレッジヴァンガード渋谷本店 B2階イベントスペース(東京都渋谷区宇田川町23番3号)
■ゲスト:ヤバイTシャツ屋さん
■内容   :トークショー、ガチャお披露目、レジ研修


超インテリ社長兼現役大学生「椎木里佳」 が
今をときめく人気バンド「ヤバイTシャツ屋さん」の「ヤバイガム屋さん」のマーケティングに挑戦!

 現役女子大生にして、企業の取締役社長としても活躍している椎木里佳が「ヤバイガム屋さん」のマーケティングに挑戦!普段一流企業のビジネスパートナーとしても活躍している椎木里佳の鋭い視点で、同世代で活躍するヤバイTシャツ屋さんの裏側を暴く対談を実施しました。

 対談では、「ヤバイガム屋さん」と今回のプロジェクトの為に書き下ろした「とりあえず噛む」の誕生秘話や、未来についての赤裸々トークが展開されています。
 この対談の全貌は全国のヴィレッジヴァンガードで配布されるフリーペーパー「VV Magazine 9/25号」にて掲載されます。ここでは、フリーペーパー掲載に先駆けて、一部を公開します!

 

 

 

椎木:なんで「ヤバイガム屋さん」に挑戦することになったんですか?
こやま:大人の方からお話をいただいたので…っていうの大人の事情で(笑)、単純に何個か案があったなかで、実現しやすい企画がこれだったんです。
椎木:(笑)、「ヤバイガム屋さん」のガムは何味が出るかわからないんですよね。
こやま:味、ヤバイですよ。
もりもと:だいぶ考えたからね~。
こやま:僕らの曲に、「あつまれ!パーティーピーポー」と女子高生の流行語からとった「ヤバみ」という曲があるんけすけど、そこから名前をとって“パリピ味”と“ヤバみ味”にしました。
もりもと:そういえばポシャった味ってあったっけ?
こやま:汗味とか言ってたな。
もりもと:(笑)、タンクトップ味にしようってな。
椎木:これどこで買えるんですか?
こやま:全国のヴィレヴァンと、ヴィレヴァン渋谷本店に置かれるタンクトップくん型のガチャガチャで手に入るらしいです。
椎木:ガチャガチャってどれくらいの大きさなんですか?
こやま:…2メートル?
もりもと:え、そんなあんの!?めちゃくちゃでかいな。

椎木里佳:椎木
こやまたくや:こやま
もりもりもと:もりもと
しばたありぼぼ:しばた









 

<椎木理佳プロフィール>
株式会社AMF代表取締役社長。中学3年時に株式会社AMFを創業。現在、慶應義塾大学文学部在学。10代のマーケティング調査、アドバイス等をナショナルクライアントを中心に提供。






 

【立野光梨デザイン画像】【立野光梨デザイン画像】

現役女子大生「立野光梨」がヤバイガム屋さんの告知広告作成に挑戦!
 椎木里佳と同じく現役女子大生にして、国際的なデザインコンペティション受賞歴のある立野光梨が、椎木里佳と同じくヤバイTシャツ屋さんの企画にエールを送る企画、ということでヤバイガム屋さんの告知広告作成に挑戦しました。

<立野光梨プロフィール>
アジア6カ国地域で開催されたASPaC Awards 2016
(ASPaC=アジア学生パッケージコンペティション)にて、日本人最高となる金賞を受賞。オリガミの技法を用いたデザイン制作を行っている。千葉大学大学院 融合理工学府 在学。



ロッテ「キシリトールガム」発売20周年記念プロジェクト
「COME ON! ENERGY! -噛もう! 未来に向かって!-」とは

20代を代表する20組のプロジェクトリーダーたちがそれぞれの未来をイメージしたデザインが200万種類以上の世界にひとつだけの商品パッケージになりました。これからの未来を担う20代のプロジェクトリーダーたちと、新しい未来をつくる新たなチャレンジに挑戦していくプロジェクトです。


未来への新たな挑戦をロッテ「キシリトールガム」が応援!
20代・20組の“次世代を担うプロジェクトリーダーたち”をご紹介

ロッテ「キシリトールガム」 と新たな未来をつくっていく若者20組が決定しました。様々なジャンルから選定した彼らと、新たな可能性に挑戦します。

   左から順に
   フィギュアスケーター/羽生 結弦   女優・モデル/小松 菜奈  女優/土屋 太鳳  俳優/竹内 涼真
 

   歌舞伎俳優/中村 隼人  モデル/武田 玲奈   アイドル(欅坂46)/佐藤 詩織  ヒップホップユニット/Creepy Nuts(R-指定 & DJ松永)  
 

   3人組自称メロコアバンド/ヤバイTシャツ屋さん  実業家/椎木 里佳  モデル・魔界人アイドル/椎名 ひかり  声優/花江 夏樹
 

  声優/上坂 すみれ  漫画家/藤本 タツキ  イラストレーター/上倉 エク  ブレイクダンサー/ISSEI
 

   力士/石浦   プロ野球選手/平沢 大河   プロサッカー選手/三好 康児  大学院生/立野 光梨


























 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ロッテ >
  3. <イベント開催レポート>ヤバイTシャツ屋さんが一日レジ研修にチャレンジ抜群のチームワーク発揮!長蛇の列を見事にゼロに!ガチャの“当たり”出現でファン大喜び、手渡しで私物プレゼント