会計事務所のための自動記帳サービス「STREAMED(ストリームド)」が『出金伝票・入金伝票』のデータ化に対応

〜データ化が可能な証憑が10種類に〜

株式会社クラビス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:菅藤達也)が運営する紙証憑の自動記帳サービス「STREAMED(https://streamedup.com/)」は、2021年7月20日より『出金伝票・入金伝票』のデータ化を開始いたしました。
【出⾦伝票・⼊⾦伝票とは】
出金伝票・入金伝票は、現金での出金や入金の取引があった際に記録する以下フォーマットのような伝票です。

 

2021年7月20日よりSTREAMEDに「出⾦伝票」と「⼊⾦伝票」のデータ化をご依頼いただけるようになります。

■ご利用のステップ
  • 出金伝票や入金伝票をスキャンしてSTREAMEDにアップロード ※1
  • 仕訳データの納品(翌営業日)
  • 仕訳データをお使いの会計ソフトにインポート
※1 まだSTREAMEDにご登録いただいていない場合、無料お試し申し込みフォーム(https://streamedup.com/register-ac.php)よりお申し込みが必要です。

■出金伝票・入金伝票データ化の詳細
  • 料金 :1行につき20円(税込22円)
  • データ化する内容:日付/金額/科目/摘要
  • 出力可能な形式:現在STREAMEDで出力対応している会計ソフト(約20種類)

■STREAMEDがデータ化可能な証憑
  1. レシート
  2. 領収書(手書き含む)
  3. 医療費領収書(医療費控除集計対応)
  4. 通帳
  5. クレジットカード明細
  6. 現金出納帳
  7. 請求書(受取)
  8. 総合振込一覧表
  9. 振替伝票
  10. 出金伝票・入金伝票

【STREAMEDとは】

STREAMED(ストリームド)は領収書や通帳をスキャンしてアップロードするだけで、AI OCRとオペレーターが99.9%の精度(※2)でデータ化、1営業日以内に仕訳データとして納品し、現在お使いの会計ソフトにそのまま取り込める紙証憑の自動記帳サービスです。

スピーディーかつ正確性の高いデータ化が評価され、3,000所以上(2021年4月時点)の会計事務所にご導入いただいています。

URL:https://streamedup.com/

※2 2021年2月24日から5月27日の期間にデータ化した領収書・レシートについて、データ化された日付・金額を当社の誤りによりお客様が修正した件数から標本誤差率を考慮して割合を算出し、99.92%~99.98%の精度。


【株式会社クラビスの会社概要】

会社名:株式会社クラビス
設立:2012年12月
代表者:菅藤 達也
従業員:21名
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16F(WeWorkリンクスクエア新宿内)
株主:マネーフォワード(100%)
URL:https://klavis.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クラビス >
  3. 会計事務所のための自動記帳サービス「STREAMED(ストリームド)」が『出金伝票・入金伝票』のデータ化に対応