日本製・建設用3Dプリンターを使用した新サービス「DDD.homes」始動。第1弾として世界初の国産3Dプリンターサウナを発表。

横浜市と共創し、わずか29日間で企画、デザイン、設計、設置までを実施。12月1日・2日にウェルビーイングの実証実験「ハマウェル」に出展。まちづくり、働き方、暮らしのイノベーションに挑みます。

アイデアをカタチに!有限会社光巨プロジェクト(本社:神奈川県横浜市中区 代表取締役:土屋光巨、以下光巨プロジェクト)は、「横浜知財みらい企業」として認定される、笑顔に貢献するモノづくりコトづくりに取り組むクリエイティブデザインカンパニー。2022年12月より新たに、株式会社Polyuse(本社 : 東京都港区、代表取締役 : 岩本 卓也 / 大岡 航 、以下Polyuse)と連携し、建設用3Dプリンターによる建築サービス「DDD.homes」の提供を開始したことをお知らせいたします。

 

  • 発想のきっかけはコロナ禍の生活と震災など自然災害への思いから。
コロナ禍で狭小住宅やサテライトオフィスなど第三の拠点に注目が集まったことと、震災など自然災害への不安が高まったこと。この課題に建設用3Dプリンターならいち早く対応できるできるのではとの思いが契機となりました。ただ、海外では3Dプリンターを使った建築物の事例が多くあるなか、国内では事例も少なく一般ユーザーが3Dプリンター建築に触れる機会はほとんどありませんでした。そこで、当社が得意とする新しいモノ・コトを素早くカタチにするクリエイティブな発想と、テクノロジーを活用するパートナーが共に力を合わせることで、まだ世の中にはない新しい価値を創造できると意気投合し、今回「DDD.homes」のサービス提供に至りました。
 

 

 

  • ウェルビーイングに貢献、世界初※国産3Dプリンターサウナに触れるチャンス。
DDD.homes 第1弾の象徴として、横浜市と共創し世界初※国産3Dプリンターサウナを発表。
12月1日・2日の2日間、ウェルビーイング(well-being)の実証実験「ハマウェル」(横浜市都市整備局企画部都市デザイン室主催)に参考出展します!私たちの【働く×ととのう】を3Dプリンターで実現するというアイデアが、今回のイベントテーマにぴったりマッチ。都市部で初めて3Dプリンター建築に触れていただける機会となりました!ぜひ、心や体、そして社会的にも健康的をテーマにしたさまざまなアイデアを体感し、まちづくりや暮らしの可能性を考えるきっかけにしていただけたら嬉しく思います。

3Dプリンター建築物の一般へのお披露目は、東京、神奈川など都市部では初めてかも知れません。
実際に見て、触れることができますので、ぜひ会場に足をお運びください。
★サウナとしての営業はございません★

[ハマウェル]
「ココロ、カラダ、ハタラク、カンケイ」をテーマに、ウェルビーイングを知り、体感できるイベント。
[開催時間]
12月1日:10時~20時 2日:10時~19時
[メイン会場]
「関内えきちか広場」地下鉄ブルーライン関内駅1番出口横
★3Dプリンターサウナはメイン会場にて展示★
 

 
  • わずか29日!DDD.homesと3Dプリンターだから実現できたスピード対応。
イベントへの参加が正式に決まってから、プロジェクトチームを発足、デザイン、設計、3Dプリント、設置までをなんと、1ヶ月を切るわずか29日間で実施。DDD.homesのデザインワークと建設用3Dプリンターだからこそ超短期間で実現することができました。日本製プリンターのコストメリットを生かしつつ、日本独特な風土や建設現場のサイズに最適化している私たちなら実現できます!企画から施工まで何でもお任せください。
 

 
  • 建設用3Dプリンター活用し、一緒に未来を共創するパートナー様を募集。
DDD.homesはまだ始まったばかり。3Dプリンターサウナの展示は未来に向けた「大きな意味を持つ小さな一歩」だと考えています。横浜市のテーマ:ウェルビーイングのように、みなさまが持つ課題やイマジネーションをぜひご共有ください。私たちのデザインと技術で新たな価値をご提案いたします。建築物はもちろん、付加価値をつけたリゾート開発、ワーケーション施設の新設など、まちづくり、働き方、暮らしのイノベーションに挑むパートナー様とぜひお話ししたいと思っています。生活を豊かにする社会を共創しましょう。

 


■光巨プロジェクト
ビジネスにおける課題解決に貢献。共感を生む事業の立案や企画・ブランディングを請け負うデザイン会社。生活者の視点に立った「笑顔をつくる」デザインは、グッドデザイン賞やキッズデザイン賞を受賞。横浜市から「横浜知財みらい企業」として認定。http://mitsuoo.com

 


■Polyuse
日本初となる「3Dプリンターを使った建築許可を得た建築物」を建築した、建設テックベンチャー。建設用3Dプリンターを中心とした建設業界特化型のハードウェア、ソフトウェア、サービスの企画設計、製造、販売を行う。

※自社調べ「国産建設用3Dプリンターでプリントしたサウナ」として(2022年11月)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 有限会社 光巨プロジェクト >
  3. 日本製・建設用3Dプリンターを使用した新サービス「DDD.homes」始動。第1弾として世界初の国産3Dプリンターサウナを発表。