日本初!米国大学の奨学金取得を『成果報酬』でサポート、最大1200万円も。 

経済的負担を軽減し、留学を実現

株式会社留学情報館は、この度、アメリカ留学を財政面で断念せざるを得ない日本人学生のため、大学への奨学金取得を成果報酬でサポートするプログラムを開始した。

本プログラムは限られた予算で米国への正規留学を実現する事を目的としており、最大4年間で1200万円の奨学金が支給される。卒業後も返済不要なため、経済的負担を大きく軽減して留学が実現できる事となる。

海外の大学等に在籍する日本人留学生数は減少傾向にある。日本政府は2022年度までに12万人に倍増する目標を掲げているが、ピーク時である2004年の82,945人以降、7年連続して減少し、2017年の時点で58,408人だった(OECDの調査)。

平成25年文部科学省の、日本人の海外留学の減少と阻害要因等についての発表で「経済的問題で断念する場合が多い」が2位に挙げられ、お金が進路の妨げになっている事が示された。

今回、開発されたプログラムはこの阻害要因の解決を狙ったもので、設立から今日まで、米国を中心に15,000人以上の留学をサポートしてきた実績と大学とのネットワークを元にしたものになっている。

アメリカでは奨学金制度が充実しており、優秀な学生や、大学の求める人材に対しては奨学金を支給することで、質の高い学生を集める仕組みになっている。他方、全米4500以上もの大学がある中で、日本人である私たち留学生が利用できる奨学金制度は少なく、さらに、出願の時点で確定できる奨学金となるとかなり数が絞られてくる。

同社は設立以来、国籍を問わない、または留学生である事が強みとなって奨学金が支給される大学をリスト化してきた。本プログラムの参加者はこれらリストにある大学から、留学生でも年間3000ドル、4年間で12,000ドル以上(135万円程度)の奨学金が支給された実績のある大学、または現在、応募している大学を狙って出願する。

 

出願のイメージは上記の通り。例えばAのGannon Universityは正規留学費用は滞在費や食費を含み5万ドルを超える私立大学。普通に払うと高額だが、留学生でも年間約3万ドルもの奨学金が支給され、実質負担額が約2万ドルとなる。また、この大学以外にも最終的な負担額が年間2万ドル(約220万円)を切り、日本の大学と変わらない費用で留学が実現できる大学も複数含まれている。

奨学金を得られる可能性の高い大学の中から大学選びを行う事で、奨学金受給を前提として出願する事が出来る仕組みになっていると言う訳だ。

出願サポート料金は1大学で15万円、2大学目以降は5万円で受け付ける。入学出願手続きはもちろん、奨学金申請のための手続きや交渉も同社が行う。出願の時点ではこの費用以外には掛からず、留学が実現した場合のみ、支給される奨学金の一部を、その金額に応じて成果報酬型の費用として15万~30万円、後から支払う形だ。

プログラムは日本の高校を卒業した、もしくは卒業見込みの人が対象、かつ、日本の高校での成績や申込時の英語力条件がある。

参考:米国大学の奨学金取得を『成果報酬』でサポート
https://www.ryugaku-johokan.com/plus/scholarship/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 留学情報館 >
  3. 日本初!米国大学の奨学金取得を『成果報酬』でサポート、最大1200万円も。