水中ドローン「DiveUnit300」を活用したダムの水中部調査および3次元画像作成の実証実験

FullDepth × スタートアップ提案型実証実験事業「Urban Innovation KOBE+P」

株式会社FullDepth(以下FullDepth)は神戸市と協働し、自社開発の産業用水中ドローン「DiveUnit300」による実証試験を行います。

国内のダムの多くは、ダム放流設備等の水中部における維持管理について、これまで潜水士による目視点検および補修作業など、人手に頼って実施してきました。しかしながら、全国的に高齢化による離職などで潜水士が減少傾向にあるほか、安全性の問題や、潜水時間・潜水深度の制約等の問題があるため、将来的には人手以外の方法を取ることが効果的であると言われています。

このような背景の中、神戸市水道局の協力を得て、神戸市内の貯水池を水中ドローン「DiveUnit300」による点検の実証フィールドとして活用することで、神戸市と協働で安全性検証のための試験を行い、問題がないことが確認できました。その結果を踏まえ、今回は貯水施設の点検業務における水中ドローンの可用性の検証を目的とした実証実験を行います。
1.実証実験の概要
(1)目的・内容
水中ドローンを活用してダム堤体水中部の一定範囲を撮影し、USBL音響測位装置※1から得られるデータや水中ドローン姿勢データ等を用いて映像を3次元化(オルソ画像※2化)する。
本実証実験を通じ、ダム水中部の維持管理業務における水中ドローンの可用性を評価し、今後の検討材料とする。
※1 USBL音響測位装置: 水上の船および水中ドローン本体に取り付けた装置同士が音響信号を送受信することで、水中ドローンの位置座標を測定することができる装置
※2 オルソ画像:空中写真を位置ズレのない画像に変換し、正しい位置情報を付与したもの

USBL音響測位装置USBL音響測位装置

(2) 実施日
 令和2年春

(3)実施場所
 神戸市水道局浄水管理センター 烏原ダム(立ヶ畑ダム)

     *現在、烏原ダム(立ヶ畑ダム)は休止しており、水道の原水としては利用しておりません。

烏原ダム(立ヶ畑ダム)烏原ダム(立ヶ畑ダム)


(4)使用する水中ドローン
 「DiveUnit300」

産業用水中ドローン「DiveUnit300」産業用水中ドローン「DiveUnit300」


2.会社概要
 会社名:株式会社FullDepth (FullDepth Co., Ltd.)
 代表者:代表取締役社長 CEO 伊藤 昌平
 設 立:2014年6月4日
 住 所:東京都台東区蔵前三丁目10番8号 ブルックライズ東京 3F
 URL:https://fulldepth.co.jp/
 事業概要:産業用水中ドローン等の企画、開発、製造および販売

◇株式会社FullDepth(フルデプス)の活動について
 PromotionMovie:https://fulldepth.co.jp/products/
 深海プロジェクト:https://fulldepth.co.jp/project/

3.「Urban Innovation KOBE +P(アーバンイノベーション神戸プラスピー)」
神戸市が起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指す目的で、スタートアップから最先端のテクノロジーを用いたソリューション及びその実証実験の提案を受け、社会・行政課題の解決を目指す「Urban Innovation KOBE +P (アーバンイノベーション神戸プラスピー)」。今回の実証試験は、本事業の一環(第8号)で実施されます。 *『+P』はプロポーザル(提案)の意味
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社FullDepth >
  3. 水中ドローン「DiveUnit300」を活用したダムの水中部調査および3次元画像作成の実証実験