オンライン時代のリモートコミュニケーションサービスを仕掛ける電子出版ベンチャー「Books&Company」株式投資型クラウドファンディングを開始

~元編集マン悲願のカンタン文字起こしをリモートコミュケーションツールに進化~

音声データをテキストデータに変換し、ボイスレコーダーから人の手を介して行なっている「文字起こし」「文章作成」を効率化する、高性能音声認識AIを活用したAI文書作成サービス「easy writer」を提供する株式会社Books&Company (東京都 代表取締役:野村 衛)は株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2020年9月26日(土)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。


当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/162

<当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について>
AI音声認識による自動文字起こしサービス「easy writer Remote」の提供により、リモートコミュニケーションの最適化、生産性向上をもたらす。

株式会社Books&Companyは、高性能音声認識AIを活用したAI文書作成サービス「easy writer」を手がけています。
さらに、コロナショックによる新しい日常に対応するため、リモートにいる複数のユーザー同士の会話内容をそれぞれのスマホやPCに搭載されたマイクから音声認識・自動文字起こしを行う「easy writer Remote」の開発も進めています。単なる議事録作成ツールではなく、離れた場所にいても血の通ったコミュニケーションが可能となるようなサービスの提供を目指しています。
さらには、このサービスを通じて集積した言葉のデータベース化をビジネス成長に生かす「easy writer Asset」への発展を目指し、2020年9月15日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。
弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2020年9月26日~2020年9月28日、上限とする募集額は 30,000,000円(1口 10万円、1人 5口まで)です。
 


また、代表の野村の前職時代から培った記事作成スキルや人脈、そして初代「easy writer」の無料ユーザーである多くの登録企業を通じて、SNSやオウンドメディア、プレスリリースや記事広告等あらゆるメディアを活用し、多岐にわたる販売戦略を構築することができます。
今後は「easy writer」の発展型である「easy writer Remote」において、スマホ・PC内のマイクで拾った音声からリアルタイムでのテキスト化を可能にし、コロナ禍で激増するリモートコミュニケーションへと使用シーンを拡張することで、企業の成長を目指します。
 











 


■会社概要
・会社名:株式会社Books&Company
所在地:東京都千代田区外神田6-15-14 外神田ストーク3F
・代 表:野村 衛
・設 立:2017年9月
・事業内容:電子書籍制作、配信、販売、システム開発およびその付帯する事業
URL : https://www.books-company.com/
・easy writerサービスサイト URL:https://www.easy-writer.jp/
・お問い合わせ Eメール:   info@books-company.com  






 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Books&Company >
  3. オンライン時代のリモートコミュニケーションサービスを仕掛ける電子出版ベンチャー「Books&Company」株式投資型クラウドファンディングを開始