P&Gジャパン海洋プラスチック再生ボトルプロジェクト『JOY Ocean Plastic(ジョイ オーシャン プラスチック)』11月上旬新発売

~約6トンの日本国内の海岸で回収したプラスチックごみから海洋プラスチック再生製品世界最大規模の55万本を生産~

 P&G(本社:神戸市)は、世界的な環境問題である「海洋プラスチック削減」への取り組みとして、日本国内の海岸で回収されたプラスチックごみを再生し、ボトルの原料として採用した『JOY Ocean Plastic』を台所用洗剤ブランド「ジョイ」から11月上旬より新発売いたします。
 『JOY Ocean Plastic』は、「ジョイ」ならではの高い洗浄力はそのままに、日本国内の海岸で回収されたプラスチックごみを再生し、ボトルの原料として再利用した製品です。台所用洗剤のボトルとしての耐久性を担保できる最大量である約25%に日本の海岸で回収したプラスチックを使用しており、今回発売する55万本という生産量は、海洋プラスチックを使用する製品としては、一つの国に対する世界最大の生産規模です(P&G調べ)。また、再生された海洋プラスチックの製品ボトルへの採用は、P&Gとして日本初、そしてアジアパシフィック初となる取り組みです。今回、リサイクルのエキスパートであるテラサイクル合同会社協力の下、海岸でのごみの回収からボトルの製造までの全工程が日本国内で行われております。

 世界の海洋には毎年800万トン以上*1のプラスチックごみが流入しており、2050年には海洋プラスチックごみの総重量が魚の総重量を超える*2との予想が発表されています。海洋プラスチックごみの多くはアジアを発生源*1としているといわれ、日本でも深刻な問題として対策が求められています。そこでP&Gはその対策の一つとして、日本に流れ着いたプラスチックごみを日本国内の日用品に再利用するという画期的な取り組みを実現しました。食器用洗剤という生活に身近な製品で、パッケージの耐久性や透明度などの課題を乗り越え、55万本という大量生産を実現したことにより、海洋プラスチック問題について、より多くのお客さまに知っていただき、関わっていただくきっかけをご提供できると考えております。
 世界最大の日用消費財メーカーであるP&Gは、これまでも環境サステナビリティへの取り組みの一環として、他国において再生された海洋プラスチックの製品ボトルへの採用に取り組んできました。その経験を生かし、今回、日本国内においてもP&Gジャパンを代表するブランドの一つである台所用洗剤ブランド「ジョイ」で海洋プラスチックごみ削減へ向けた取り組みを実施するに至りました。


【製品概要】
製品名:JOY Ocean Plastic
内容量:190mL
価格:オープン
発売時期:11月上旬
販売地域:全国
※中身の洗剤は現在発売中の「ジョイコンパクト モルディブウォーターの香り」と同じです。
※販売に関して、本取り組みにご賛同いただいている小売店様でお取り扱いいただいております。詳細は下記資料内<本製品にご賛同いただいている企業(一部/A-Z順)>をご参照ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d31986-20191114-1704.pdf

出典:*1Jambeck, Jenna R., et al. "Plastic waste inputs from land into the ocean." Science 347.6223 (2015)
*2The New Plastics Economy: Rethinking the future of plastics (2016.Jan. World Economic Forum)

■P&Gのグローバルでの海洋プラスチック問題に対する取り組み
 P&Gは、世界的な環境問題である「海洋プラスチック」の削減に注力しています。現在、2030年までにP&Gグローバル全体で、製品のプラスチック包装材の海への流出をゼロにすることを目指し、海洋プラスチックごみの調査や管理に着手しています。また、すでに欧州では、台所用洗剤「Fairy」やヘアケア製品「Head&Shoulders」において、北米ではヘアケア製品「Herbal Essences」において、海洋プラスチックを再生した素材をボトルに使用した製品を発売しています。

■P&Gと環境サステナビリティについて
  世界最大の日用消費財メーカーとして、当社の環境保全への責任は大きく、果たしうる貢献も大きいと考えています。また、地球環境に配慮した製品やサービスを提供することは、ビジネス成長の機会でもあります。お客さまに喜んでいただける優れた製品づくりを目指すと同時に、資源を大切に使い、環境への負荷を最小限にするさまざまな努力をしています。長期的に取り組むべき重点課題として、「環境サステナビリティ」に関する世界共通のビジョンを掲げています。2018年には長期ビジョン「Ambition 2030」を策定し、「製品」「サプライチェーン」「社会」「社員」の4分野での取り組みを世界中で進めています。

■P&Gコーポレートシチズンシップ活動
「世界を変える力、未来を育てる力(A Force for Good, A Force for Growth)」について
 P&Gグループは、全世界において、コーポレートシチズンシップ活動を事業の中に組み込み、業績目標の達成を目指しながら、社会と環境への貢献活動も展開してきました。P&Gジャパンは、SDGsへの貢献に取り組む東京2020大会を契機に、「世界を変える力、未来を育てる力(A Force for Good, A Force for Growth)」のテーマの下、特に「環境サステナビリティ」と「ダイバーシティ&インクルージョン」の2つのエリアにおいて、これまで以上に活動を強化していきます。

■P&Gについて
 P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界中の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、台所用洗剤「ジョイ」をはじめとして、衣料用洗剤「アリエール」「ボールド」「さらさ」、柔軟剤「レノア」、エアケア製品「ファブリーズ」、紙おむつ「パンパース」、吸水ケアブランド「ウィスパー」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ヘアレシピ」、スキンケア製品「SK-II」、シェーブケアブランド「ジレット」「ブラウン」、電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」など、様々な製品を提供しています。 (https://jp.pg.com/)


【本件に関するお問い合わせ先】
(お客様)P&G お客様相談室 0120-118226
(ホームページ)https://www.myrepi.com/brands/joy
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社 >
  3. P&Gジャパン海洋プラスチック再生ボトルプロジェクト『JOY Ocean Plastic(ジョイ オーシャン プラスチック)』11月上旬新発売