埼玉県で温浴施設を運営する温泉道場が越⽣町・ときがわ町とそれぞれ防災協定を締結

お⾵呂屋さんにできる防災を考えました

株式会社温泉道場(埼玉県比企郡ときがわ町)は、9 ⽉27 ⽇・28 ⽇に⾃店舗を構える越⽣町とときがわ町の両町とそれぞれ防災協定を結びました。


今回の協定の対象となる施設は、越⽣町の「ゆうパークおごせ」と、ときがわ町の「昭和レトロな温泉銭湯 ⽟川温泉」。災害が発⽣した際、温泉道場が経営する施設を地域住⺠に開放し、⼊浴の機会や宿泊スペースを無料で提供できるようにいたします。

全国各地で豪⾬・地震などの災害が発⽣している昨今、お⾵呂屋さんの存在価値を再考し、何ができるのかを考えた結果、今回の協定を結ばせていただきました。温泉道場では、普段からできる防災について今後も考え、他市町村との防災協定や、その先の包括連携協定なども視野に、活動していきます。
 

 

昭和レトロな温泉銭湯 ⽟川温泉昭和レトロな温泉銭湯 ⽟川温泉

ゆうパークおごせゆうパークおごせ

 

 

 

■株式会社温泉道場
http://onsendojo.com/

■昭和レトロな温泉銭湯 ⽟川温泉
http://tamagawa-onsen.com/

■ゆうパークおごせ
http://youpark.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社温泉道場 >
  3. 埼玉県で温浴施設を運営する温泉道場が越⽣町・ときがわ町とそれぞれ防災協定を締結