エンジニアの多様な働き方体現するK.S.ロジャースが「移住促進手当」などフルリモートワークで働きやすい福利厚生を新設

ーワーケーション手当やワークホームでの飲食デリバリー費補助などユニークな手当を充実ー

スタートアップ、ベンチャー企業、大手企業の新規事業支援や新規サービス開発支援を行うK.S. ロジャース株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長CTO 民輪 一博、以下「K.S.ロジャース」)は「移住促進手当」などフルリモートワークで働きやすい環境づくりを目的に福利厚生を新設いたしました。

■背景
これまで、K.S.ロジャースは創業当時より従業員全員、雇用形態を自由に選択でき、さらにはフルリモート・フルフレックスで働く環境を提供することで事業成長を図ってきました。

2020年8月に導入した正社員とフリーランスを組み合わせた雇用制度「フリーランス型正社員(ジェネシス)」では、一定時間正社員としてコミットしながら、フリーランスの自由さも兼ね備えています。
このように、働き方に様々な選択肢を提供することで、K.S.ロジャースに所属する130人以上のメンバーが充実してワークライフバランスを保てるよう制度を整えています。

今回、フルリモートワーク企業ならではの福利厚生を加えることで正社員でも自由かつ充実して働いていくことができるよう制度を整えました。

今回は大きく3つの福利厚生を新たに追加します。
「日本の都市部」以外のエリアで働くことを促進し、フルリモートでどこでも働けるを後押しするための「移住促進手当」、自宅など固定の環境で働くことが多い中で、普段とはまったく違う非日常の環境で、場所にとらわれず働き、リフレッシュや休暇取得を促進する「ワーケーション手当」、リモートワーク環境でも、従業員のキャリア形成・生産性向上・健康増進などを促進する「リモートワーク手当」となっています。

これらを通じてK.S.ロジャースは企業としての魅力向上を図り、地方創生にも寄与して参ります。

※ フリーランス型正社員「ジェネシス」:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000040108.html

■福利厚生
対象者:K.S.ロジャースの社員(フリーランス正社(※)員含む)

 

移住促進手当 支給対象の地域:本社所在地の神戸市、地方(東京都及び政令指定都市以外)、海外に住む場合に、一律2万円(税込)を支給。
ワーケーション手当 3ヶ月に1回ワーケーションに伴う宿泊費として、上限4万円(税込)の手当を支給。
【自社ワーケーションメディア「Trabiz(URL:https://trabiz.co/ja)」を利用した場合】
宿泊費、交通費、体験・アクティビティ費用の手当を追加2万円支給。上限6万円(税込)
リモートワーク手当 月額2万5000円(税込)を上限として、以下5つの選択肢から自由に組み合わせて使える手当。

・書籍購入手当
ビジネス書・自己啓発本・技術書、入門用の漫画などの費用

・ワークスペース手当
自宅以外のコワーキング等の利用利用費用

・語学学習手当
希望の英会話サービス、英語学習サービスの利用費用

・健康増進手当
ジム・パーソナルトレーニング・スポーツ系の利用費用

・ワークホーム手当
家事代行、Uber Eats、宅食等のサービス利用費用

 

■K.S.ロジャース株式会社について https://ks-rogers.co.jp/
創業以来、「エンジニアにとって働きやすい環境の追求」を掲げ、フルリモートワーク・フルフレックス・副業可などの新しい働き方に挑戦してきました。様々な業界、プロダクト、規模の経験を持つCTO、PM、テックリードなど約110名のエンジニアが所属しています。
K.S.ロジャースは単なる技術者としてではなく、技術的な知見から事業全体の健全なサイクル創出する外部CTOとして、ビジネスの内部に入り込み事業の成功にコミットします。

会社名:K.S.ロジャース株式会社
代表者:代表取締役社長CTO 民輪 一博
設立:2017年12月
所在地:兵庫県神戸市
事業内容:スタートアップスタジオ事業、ライフスタイルテック事業


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. K.S.ロジャース株式会社 >
  3. エンジニアの多様な働き方体現するK.S.ロジャースが「移住促進手当」などフルリモートワークで働きやすい福利厚生を新設