【岡山大学】異分野基礎科学研究所の沈建仁副所長・教授が日本植物生理学会賞を受賞!

光合成の基礎研究の最先端を走る岡山大学異分野基礎科学研究所(RIIS)の沈副所長・教授が「光合成における水分解反応機構の解明」で、2021年度の日本植物生理学会賞を受賞しました!
2021(令和3)年 3月 16日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/
 

岡山大学異分野基礎科学研究所の沈建仁副所長・教授岡山大学異分野基礎科学研究所の沈建仁副所長・教授


 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)の異分野基礎科学研究所(RIIS)の沈建仁副所長・教授が日本植物生理学会賞の2021年度受賞者に選出され、3月15日にオンライン開催された第62回日本植物生理学会年会で授賞式と受賞講演が行われました

 日本植物生理学会賞は、植物科学分野で際立った研究成果を挙げた日本植物生理学会会員に与えられるもので、毎年1人の受賞者が選出されます。沈教授は、「光合成における水分解反応機構の解明」という業績により受賞。受賞講演で、沈教授はこれまでの研究成果を紹介し、光エネルギーにより水が分解され、水素イオンや分子状酸素が生成される様子を説明しました。また、今後の抱負についても話しました。

 受賞を受け、沈教授は「大変名誉ある賞を受賞させていただき、これまで協力していただいた多くの共同研究者に感謝したい。今後も大きな研究成果が得られるよう努力したい」と話しています。
 

日本植物生理学会賞を受賞した沈建仁副所長・教授日本植物生理学会賞を受賞した沈建仁副所長・教授


 沈副所長・教授の光合成研究は、アメリカの国際科学雑誌「Science」の『2011年に得られた科学10大成果』の一つに選ばれるなど、国際的にも高く評価されています。2011年以降もインパクトのある研究成果を継続的に報告しており、産学官の各分野から注目を浴び続けています。また岡山大学は、植物学分野の研究力が極めて高い総合大学※であり、今後も沈副所長・教授ら強みある植物学分野の研究力強化促進とともに、異分野融合から生まれるさまざまな研究成果をもとに、私たちの生活と地球環境をより豊かにしていけるように活発な取り組みを進めていきます。

※植物学の研究力が高い岡山大学
 岡山大学の強みある研究分野の一つとして植物学分野が挙げられます。文部科学省の科学技術・学術政策研究所(NISTEP)の調査では、岡山大学資源植物科学研究所(IPSR)が、Top10%補正論文割合(Q値)の最も高い組織として評価されています。また、「平成23年(第5回)みどりの学術賞」では、本学の佐藤公行名誉教授が受賞するなど、我が国のみならず世界の植物学分野を先導し続ける「リサーチ・ユニバーシティ(研究大学):岡山大学」です。
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id6561.html


◆参考情報(沈建仁副所長・教授の主な受賞について)
・沈建仁教授が「朝日賞」受賞(2013年1月4日)
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/topix/topix_id231.html
・田中エグゼクティブアドバイザー、沈教授が山陽新聞賞受賞(2013年1月9日)
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id2188.html
・異分野基礎科学研究所の沈建仁教授が日本結晶学会2016年度学会賞 西川賞を受賞(2016年12月2日)
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id6331.html
・沈副所長・教授が「平成29年(第11回)みどりの学術賞」受賞(2017年5月9日)
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id6667.html
・異分野基礎科学研究所の沈副所長・教授が「三木記念賞」を受賞(2017年9月7日)
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id6935.html
・沈副所長・教授が日本植物学会の学術賞を受賞(2017年9月20日)
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id6960.html
・異分野基礎科学研究所の沈教授が、スウェーデン王立科学アカデミーより「グレゴリー・アミノフ賞」を受賞(2019年9月18日)
 http://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id8748.html
・異分野基礎科学研究所の沈教授が、令和2年秋の紫綬褒章を受章(2020年11月2日)
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/topix/topix_id574.html


◆参 考
・岡山大学異分野基礎科学研究所(RIIS)
 http://www.riis.okayama-u.ac.jp/
・沈教授の研究がサイエンス誌の「2011年における10のBreakthrough of the Year(画期的成果)」の一つに
 https://www.okayama-u.ac.jp/tp/topix/topix_id184.html


◆本件問い合わせ先
 <研究開発に関するお問い合わせ先>

 岡山大学異分野基礎科学研究所 副所長・教授 沈 建仁(しん けんじん)
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中3丁目1番1号 岡山大学津島キャンパス
 TEL:086-251-8502
 http://www.riis.okayama-u.ac.jp/

 <岡山大学の産学連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学連携・知的財産本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1丁目1番1号 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
              ※◎を@に置き換えて下さい。
 TEL: 086-251-8463
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学Image Movie (2020):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/

国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています

 

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人岡山大学 >
  3. 【岡山大学】異分野基礎科学研究所の沈建仁副所長・教授が日本植物生理学会賞を受賞!