電子帳票ツール「i-Reporter」が、新・公式キャラクター「アイレポちゃん」を発表

公式キャラクターを発表するのは、会社設立(1991年)以来初になります。

株式会社シムトップス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:水野貴司)は、現場帳票の電子化アプリ「i-Reporter」の公式キャラクターとして、「アイレポちゃん」がデビューしたことをお知らせします。アイレポちゃんは、あらゆる現場帳票が電子化された「i-Repoシティ」に暮らす妖精です。

 

 

 

 
  • アイレポちゃんとは?
i-Repoシティから飛び出し、全世界の現場帳票の電子化を夢見る妖精
隙あらば作業現場へ駆け出す、無邪気で活発な女の子。

 

 

持っているペンは紙の帳票を使う現場の方から取り上げたもの。
紙帳票を使っている人を見るとペンで突いてイタズラしがち。


口癖は「カイゼンしようよ!」で、現場の改善には熱意をもって取り組むが、
私生活はだらしなく、改善する気はあまりないようだ。

▼Twitterはこちら
https://twitter.com/i_reporter_jp

▼製品サイトはこちら
https://i-reporter.jp/
 
  • i-Repo(アイレポ)シティとは
i-Repoシティは、あらゆる産業の現場帳票が電子化された夢の街です。
日々、「もっと現場を先進的なものにしたい!」と改善活動が進められています。


後日、皆様をご招待できるよう準備を進めております。

i-Reporterについて
ConMas i-Reporterは、DX(デジタルトランスフォーメーション)の入口、簡単 IoT、帳票とAIをキーワードに現場データのデジタル化とDX推進のためのペーパーレスソリューションを提供しております。
製造業、フィールドサービス、建築・建設をはじめ、2,912社、136,437超のユーザー(2022年6月末現在)にあらゆる業種、業務で利用いただいております「現場帳票」ペーパーレス ソリューション市場 シェアNo.1の製品・サービスです。(※1)
  1. 紙やExcelの帳票をそのままのレイアウトでタブレットに取り込み、ペーパーレス化を実現
  2. 現場入力データがリアルタイムでデジタル化され、データの2重入力を防ぎ情報活用、共有が迅速に
  3. 外付けデバイス、IoTやPLC、既存システムとのデータ連携によりトレーサビリティーの高いエビデンスが可能
  4. 音声入力によるハンズフリーを実現し、作業と入力を並行可能に
  5. 入力データをAI 連携し、分析、解析結果をエビデンス化
  6. 従来のオンプレミスとクラウドのどちらも利用可能
※1出典:富士キメラ総研 2021年2月調査「After/Withコロナで加速するニューノーマル時代のICT変革ソリューション市場 現場帳票ペーパーレス化ソリューション 市場占有率36.8%(2019年度実績)

【製品サイトURL】
https://i-Reporter.jp/

株式会社シムトップスについて
シムトップスは、1991年に国産生産スケジューラ専門会社の草分けとして誕生しました。
多くのお客様での生産スケジューリングや工程管理システムの構築、運用を通して得たノウハウを製品にフィードバックしながら、製造現場で使える生産スケジューラ、工程管理システム、IoTデータ収集ソリューション、iPad、iPhone、Windows「現場帳票」ペーパーレス ソリューションなど真に現場で使えるパッケージ製品を開発しています。
本社所在地 :〒141-0021 東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル10F
代表 :代表取締役社長 水野 貴司
事業内容 :
◆個別受注生産向け生産スケジューラ、生産管理システムDIRECTORの開発/販売
◆「現場帳票」ペーパーレス ソリューション  i-Reporterの開発/販売
◆製造・保守点検・建設などの現場の進捗管理・コミュニケーションツールnXProjectHubの開発/販売
◆BOPプロセスエディタ MPPCreatorの開発/販売

【企業サイトURL】
https://www.cimtops.co.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シムトップス >
  3. 電子帳票ツール「i-Reporter」が、新・公式キャラクター「アイレポちゃん」を発表