「地域活性化」をテーマに30名を超えるサポーターが集結!!『サポーターサミット2019 in 徳島県』イベントレポート

株式会社ペライチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:橋田一秀、以下、「ペライチ」)は、2019年6月22日(土)〜 23日(日)に、徳島県神山町、鳴門市にて、「サポーターサミット」を開催しましたことをお知らせいたします。

ペライチサポーターとイベントに参加した徳島県の事業者さんとの記念撮影ペライチサポーターとイベントに参加した徳島県の事業者さんとの記念撮影

■「はじめて」の地域と人の魅力を全力で考える2日間

サポーターサミットのメインコンテンツである「地元の人の課題を聞きアイディアを出す会」ではまず、徳島県に住む地元の方6名に「実現したい夢や現在の課題」を語っていただきました。サポーターは全ての地元の方の話に耳を傾けその上で自分の得意分野が活かせそうな方のもとへさらなるヒアリングを開始。ヒアリングで掘り下げながら現状の課題を整理し、具体的に実現するために何をすればいいのか、地元の方々と共に考えをまとめました。

「徳島から身体に優しい加工食品を届けたい」と夢を語った阿波食品の代表、大塚さんのチームはどんな人たちに届けたいのか、ターゲットを定めることからスタート。その後はどの様にそのターゲットに製品を伝えるのか、具体的な施策が議論されました。まとめた案を発表すると、オーディエンスからはさらに「来年のオリンピックに合わせたPR」のアイディアが出るなど大いに盛り上がりました。大塚さんは発表の最後を「私だけでは思いつくことの出来ない、色々情報をいただきありがとうございました」と締めくくりました。また、他の参加者した地元の方からは「参加するまでは正直不安でしたが参加してよかったです」と笑顔で感想を述べていました。
 

商品の説明をする 阿波食品 大塚さん(左)商品の説明をする 阿波食品 大塚さん(左)

チーム内で意見を出し合っている様子チーム内で意見を出し合っている様子


■「現場を見れたのは貴重な経験でした。」
「サポーターサミット」ではそのほか、地域の歴史や人について知る時間を設けております。今回の「サポーターサミット」の舞台である徳島県でIT企業のサテライトオフィスや移住民の誘致に成功している神山町の事例をNPO法人グリーンバレー事務局長の竹内さんからお話を聞き、実際に視察にも伺いました。単に視察に留まらず、神山町に移住した方や地元の方と共にドッジボールで汗を流したり、食事をしながら交流を行い2日間の「サポーターサミット」は大盛り上がりのうちに終了いたしました。
 

地元の方が参加してくださった交流会の様子地元の方が参加してくださった交流会の様子

NPO法人グリーンバレー 事務局長 竹内和啓さんNPO法人グリーンバレー 事務局長 竹内和啓さん


■「サポーターサミット」とは
「サポーターサミット」は、「ペライチ」が主催する、「ペライチサポーター」と開催地で暮らす「地元の方々」が、共に開催地が抱える課題を直接「見て、聞いて、共に考え、解決のための一歩を踏み出す」支援を行う地方創生イベントです。
今回の「サミット」では、1日目に徳島県神山町、2日目には鳴門市に、「ペライチ」のサポーターおよび社員の総勢42名が実際に赴き、徳島県で暮らす人々が抱える課題解決に向け施策の立案や実行を試みました。

■「サポーターサミット」開催の背景
「ペライチ」は「つくれるのその先へ」というビジョンのもと、「誰でも・カンタンに・素早く」ホームページを作成できるサービス『ペライチ』を開発・運営し、「ユーザーの事業の成長とその先の幸せを実現する」ため「47都道府県サポーター制度」の運営を行っています。
日本の人口減少に伴い、文化的にも経済的にも高い価値を提供していたはずが、本来のポテンシャルを活かしきれず、場合によっては活気が失われてしまう地域が日本には多く存在しています。「ペライチ」は「つくれるのその先へ」というビジョンを掲げるからこそ、このような地域が抱える課題の解決を支援することが、事業会社としてできる経済的貢献に加え、「ペライチ」が日本にできる社会的貢献だと考えています。
「サポーターサミット」は、「ホームページ制作サービス」と「47都道府県サポーター制度」を運営する「ペライチ」だからこそできる、「ITツール」と「人」の力の集結による課題解決方法の1つです。 世の中の「つくりたい」を「つくれる」に変え、その先にある一人ひとりの笑顔、成長、幸せのために寄りそう機会の創出に繋がると考え 、イベントの開催に至りました。

■「サポーターサミット2019 in 徳島」 開催概要
名称:ペライチ サポーターサミット2019 in 徳島
日時:2019年6月22日(土)~ 23日(日)       
内容:
22日(1日目)
・NPO法人グリーンバレー事務局長 竹内様から「神山の歴史」
・神山町民と交流
23日(2日目)
・神山町散策(サテライトオフィスなど)
・地元の人の課題を聞きアイディアを出す会
・閉会
訪問場所 :神山町(神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス)/うずしお会館
後援:
[22日]   徳島県 スポーツ振興課・神山町・四国放送・エフエムびざん・徳島新聞社・エフエム徳島・ケーブルテレビ徳島
[23日] 鳴門市・徳島新聞社・四国放送・エフエム徳島・テレビ鳴門・エフエムびざん
協力:認定NPO法人グリーンバレー(神山町) リヴィング・ラボとくしま/ QOL+/修ちゃん塾/藍ノオト /イノベーションセンター徳島 

■「サポーターサミット」についてはこちら
HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/supporter-summit
動画レポート:https://www.youtube.com/watch?v=K0wIAxZoSSM

■ホームページ作成サービス『ペライチ』とは
『ペライチ』のコンセプトは「世界で一番カンタンなホームページ作成サービス」です。インターネットに不慣れな方でも、カンタンに、素早くホームページの作成、更新できるようサービス設計されています。2015年のリリース以降、40代・50代のユーザーを中心とした、中小企業の経営者、及び、個人事業主の方に利用いただき、2019年6月時点で会員登録数が17万を突破しました。

ホームページ作成サービス「ペライチ」ホームページ作成サービス「ペライチ」


『ペライチ』のサービスサイトはこちら
https://perichi.com/

「ペライチ」のこれまでの「軌跡」(インフォグラフィック)はこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/infographic2018

これまで、『ペライチ』を活用してホームページを作成することで「ビジネスや事業を成長させることができた」と多くのユーザーの皆さまよりお声※1をいただくまでに至りました。

※1 『ペライチ』活用事例の詳細は以下よりご覧いただけます。
https://peraichi.com/doc/

「ペライチ」は、これからも、「つくれるのその先へ」というビジョンのもと、世の中の「つくりたい」を「つくれる」に変え、ユーザー皆さまの成長に寄り添えるサービスの実現に向けて邁進してまいります。

■「ペライチ」会社概要
【名称会社名】株式会社ペライチ
【設立年月日】2014年4月21日
【所在地】〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-9 第一暁ビル9F
【代表取締役】橋田一秀
【資本金】4億558万9706円(資本準備金含む)
【主な事業内容】Webサービス『ペライチ』の開発・運営
【URL】https://peraichi.co.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ペライチ >
  3. 「地域活性化」をテーマに30名を超えるサポーターが集結!!『サポーターサミット2019 in 徳島県』イベントレポート