特許出願中の2in1駆動AGVを国際物流総合展2021にて展示

2021年3月9日~12日(Aichi Sky Expo)開催 弊社ブースにて

 株式会社タマディック(本社:東京都新宿区/愛知県名古屋市、英文社名:TAMADIC Co., Ltd.)は、2021年3月9日(火)~12日(金)に開催される『国際物流総合展2021』において、2モータのみで全方向(直行・横行・斜行)に移動可能な自社開発2in1駆動AGV(Automatic Guided Vehicle)を展示いたします。
 出展する2in1駆動AGVに搭載する駆動ユニットは、弊社のFA・エレクトロニクス事業部が開発したもので、対角に配置した2モータのみで全方向(直行・横行・斜行)に移動、さらに、その場旋回やカービングなど高い機動性を実現いたしました※。モータ使用数を最低限にすることで、低価格と長時間駆動できる省エネ性を可能にしております。また、4方にデプスカメラを備えており、SLAM方式自律走行が可能です。将来的には、重量物でも取り換え可能な上部機能モジュールの開発を進め、物流のみならず清掃や警備などへの用途を想定した多機能化を目指します。(※当機構は弊社より特許出願中です)
 

 







 

 




【主要諸元】
可搬重量  :100kg以下
リフトST :最大90mm(任意STで設定可能)
走行方向  :前進・後進・横行・斜行・カービング・旋回
走行方式  :SLAMによる自律移動方式
走行速度  :30m/min
車体寸法  :800 X 800 X 375(mm)
車体重量  :約180kg
安全装備  :バンパーセンサー(全周)
充電方式  :非接触充電(将来計画)

 FA・エレクトロニクス事業部は、マテリアルハンドリング分野やFAシステム分野の国内主要メーカーを中心に、各種自動化設備・装置の開発設計、さらには基盤設計・基盤製造など、メカニカルデザインからソフトウェアまで一貫した製品開発力を提供しております。一般的な工場・倉庫に限らず、半導体製造工場で用いられるクリーンFAシステム用の搬送機や保管設備、それらの搬送システムのレイアウト構想に搬送制御・管理システムの設計業務なども手掛け、さまざまな領域において自動化・省人化のソリューションを提案しております。

 物流業界は、かねてより人手不足が課題となっていましたが、コロナ禍における物販のEコマース(電子商取引)市場拡大により人手がさらに逼迫し、工場内・倉庫内搬送のみならず、仕分け作業やピッキング作業など、さまざまな工程において自動化・省人化へのニーズが一層高まっております。今回出展する2in1駆動AGVをはじめ、多彩なニーズに対応した機器・システムの開発を進め、物流の総合的なロボティクス化を提案してまいります。

<国際物流国際展2021>
会 期 :2021年3月9日(火)~12日(金) 10:00~17:00
会 場 :Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
目 的 :内外の最新物流機器・システム・情報等のソフトとハードを一堂に結集し、交易振興・技術の向上・
     情報の提供・人的交流等を促進することを目的とする。
公式HP :https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt2021/
弊社ブース :展示ホールD(D-316)

■製品特徴

 自社開発の駆動ユニット採用により、2モータのみで全方向(直行・横行・斜行)移動、その場旋回やカービングも実現。低価格・省エネ性を実現すると同時に高い機動性を兼ね備えています。

■走行&操舵駆動ユニット

走行と操舵駆動を1モータで制御。制御システムを含めてワンパッケージ化し、駆動ユニット単体での販売も計画中です。

■機能置換式(将来対応)

上部機能モジュールの取換えにより、清掃、運搬、減菌、警備などの用途を想定した多機能化を計画中です。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タマディック >
  3. 特許出願中の2in1駆動AGVを国際物流総合展2021にて展示