DMO、観光地域づくりマーケティングツール「観光予報プラットフォーム」◆GW前半の観光予報 ◆SNSの拡散で人気スポットとなった香川県三豊市の『父母ヶ浜』の宿泊動向

観光予報プラットフォームは地域の活性化支援を目的に次の組織が運営しています。日本観光振興協会(事務局)・JTB・百戦錬磨・オープントーン・ KNT-CTホールディングス・ 日本旅行

2019年3月14日現在にみる2019年GW(4月27日~30日)の主な観光地の観光予報は、仙台、宮崎でかなり混雑、札幌、山形、日光、名古屋、広島、松山、福岡、長崎で混雑が予想されています。その他の予報はこちらから https://kankouyohou.com/docs/newsrelease_20190402.pdf
1  2019年GW前半(4月27日~30日)の主な観光地の観光予報

2  ままるでウユニ塩湖とSNSの拡散で人気スポットとなった香川県三豊市の『父母ヶ浜』。
香川県三豊市の『父母ヶ浜』は、遠浅の海岸が南北に約1km 続く、波の穏やかなロングビーチです。
干潮時に風がなく水面が波立たなければ、砂浜にできる潮だまりに、天空を映し出す鏡のような光景を見ることができ、「まるでウユニ塩湖」と、InstagramなどのSNSの拡散で人気スポットとなっています。
地元の方の話によると、これまでは人気の少ない海岸でしたが、今は、多い時は一日数千人もの人が訪れる人気スポットとなっているとのことです。SNSで話題となり、2018年の2月~12月頃まで複数の報道により取り上げられています。
その影響は宿泊数の推移にあったのか、観光予報プラットフォームで見てみます。下記グラフは香川県宿泊者の推移、宿泊者属性等は詳細プレスリリースをご覧ください。

 

 

3  その他 プレスリリースよりご確認ください。
・全国都道府県主要都市の2月の宿泊実績データ
・全国都道府県主要都市の4月の宿泊予測データ
・有料会員メニューのご案内
・収録データについて
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人日本観光振興協会 >
  3. DMO、観光地域づくりマーケティングツール「観光予報プラットフォーム」◆GW前半の観光予報 ◆SNSの拡散で人気スポットとなった香川県三豊市の『父母ヶ浜』の宿泊動向